エントリーシートで訂正印は使用できる?訂正をしたい場合の適切な方法を紹介します

エントリーシートを書き進めていると、誤字脱字などの間違いを起こしてしまうこともあるでしょう。
もし、間違えてしまった場合、皆さんはどのように対処しますか?
就職活動に使う「大切な書類」となれば、修正テープや修正液の使用は極力避けた方が良いのは分かっているからこそ、訂正方法が分からないと悩んでしまう方も多いはずです。

そんな時は「正式な訂正」を示す、訂正印を使用した訂正方法を使うことが必要になります。
しかし、どのように訂正印を押せば良いのかが分からない方もいれば、そもそもエントリーシートに訂正印を押して良いのかに悩んでしまう方もいるはずです。
この記事では、エントリーシートに訂正印をして良いのか、また押す際はどのようにすれば良いのかを徹底解説するので是非参考にしてください。

おすすめの就職サービス

そもそもエントリーシートは訂正印をして良いのか

そもそもの話をすると、エントリーシートに訂正印を押して良いのか…と悩んでしまう方は多いでしょう。
一般的な考え方からお伝えすると、エントリーシートは修正するのではなく「書き直すこと」がルールです。
やはり修正をすることで見栄えは悪くなってしまい、人事担当者が抱くイメージも下がる可能性があります。

それを踏まえたうえで「訂正をしたい」という場合は、訂正印を押しても良いでしょう。
ただし、ルールとして「押さないようにすること」が求められている以上、訂正印は極力押すことを避けるようにエントリーシートの記入を進めてください。

訂正印を押すことで人事担当者に与えかねない印象ト

どれだけ完璧な自己PRや、企業に合わせた志望動機を書くことができても訂正印を押すことが原因で人事担当者に与えるイメージは悪くなる可能性があります。
どうしてイメージが悪くなってしまうのでしょうか。
その理由はやはり訂正印を押さずに書き直すことがルールとされているからです。

社会に出ると様々なルールを覚えることになります。
そして、ルールは破るものではなく「守ること」が当たり前で、守れないと組織にいられなくなることもあるでしょう。
そうやって決められたルールを守ることができるのかもエントリーシートでは見られているのです。

エントリーシートは就職活動の一歩目になることが多く、あなたの第一印象を決める大きな機会になります。
たった一枚の書類かもしれませんが、提出をした日から人生は大きく動くこともあるでしょう。
良い方向に動く可能性もあれば、悪い方向に動く可能性もあるのです。
自分の行動が原因で悪い方向には動かしたくないと思うのが普通ではないでしょうか?

だからこそ、エントリーシートを記入するうえでルールを守ることは大事になります。
ルールを守れない人を会社に入れたいと思う人事担当者はいないはずです。

エントリーシートに訂正印を押せる場合はどんな時?

極力エントリーシートに訂正印は押さないようにすることが大事だとお伝えしました。
しかし、どうしても訂正印を押すしか訂正の方法が無いケースも出てくるかもしれません。
例えば、エントリーシートの予備が無くなってしまった場合は、後に引くことができないので訂正印を押す必要があるでしょう。

ただし、記事の中で何度も伝えているようにエントリーシートの訂正印は極力避けるべきです。したがって、エントリーシートを入手する際は予備を準備しておくことも大事になります。
もし記事を読んでいる方の中に「これからエントリーシートを入手しよう」と考えている方がいるのであれば、予め複数枚貰っておくか、自分でコピーをして複写をつくるようにしてください。

エントリーシートに訂正印は何回押して良いのか

万が一エントリーシートに訂正印を押すことになることもあるでしょう。
手元にエントリーシートが1枚しかなく「これを出すしかない」という場合は、訂正をしたい箇所に二重線を引き訂正印を押すようにしてください。

では、もし2か所間違えてしまった場合「2回」訂正印を押しても良いのでしょうか?
正直回数に関してのルールはありません。
企業によって違いがあります。
ただし、一般的に考えて「1回ないし、2回」が許されるべき回数ではないでしょうか?

受け取り手によっては「何回でも気にしない」という人がいるかもしれません。
逆に訂正印がある書類は受け付けないと決めている人もいるでしょう。
このように、訂正印に対してのイメージは企業によって違うので、記入をする前に注意書きが無いのかを確認してください。

例えば「絶対不可」と書かれていることもれば「二箇所まで」と書かれていることもあるでしょう。
注意書きは見落としやすい場所に記載されていることも多いので、書く前に調べておくことが大事になります。

どうしてもエントリーシートを出したいけど、訂正印が不可の場合

エントリーシートを1枚しか用意することができておらず、訂正印を使って訂正をしたいけど「訂正印の使用は不可」と記載されている企業にエントリーを考えている方もいるかもしれません。
こういう状況が起こらないように事前に念入りな準備をする必要があるのですが、絶対に起こらないケースとは言い切れないです。

では、もしこのようなケースになってしまった場合、皆さんならどうしますか?
実際、この問題に関して正解はありません。
「この企業に何が何でも入社をしたい」という熱い想いを伝えたいのであれば、訂正印を押してでも書類を送るべきでしょう。
「最初から見てもらえないんだったら辞めておこう」と考えるのも英断かもしれません。

就職活動を行っていると、どのような行動をとるべきかに悩んでしまうこともあるでしょう。
そんな時に是非思考の軸にしてほしいのが「納得のいく行動をすること」です。

「何が何でも提出をしたい」と思うのであれば、ダメ元でも提出をしてください。
もしかすると人事担当者が想いを読んでくれるかもしれません。
最初の評価は下がるかもしれませんが、自己PR文などを読み「話してみたい」と思われることもあるでしょう。
こればかりは自分で納得のいく行動を取る以外に正解はありません。

いくら調べても正解が見えないときは、自分の直感を優先してください。

エントリーシートのミスに提出後に気付いた場合はどうするべきか

意外と多いのが「提出後にミスをしたと気付くケース」です。
締切日がギリギリであまりチェックができない状態で出したエントリーシートを後から読み返したときに、訂正箇所を見つけることもあるかもしれません。
既に提出をしている以上、取り寄せて訂正印は押せないでしょう。
こんな時は一体どうすれば良いのかをここから紹介します。

どうしても気になる場合は早めに伝える

志望度の高い企業に限ってミスをしているケースが意外とあります。
きっとミスに気付いた瞬間、大きなショックを感じるでしょうし、心が落ち着かなくなるはずです。
「どうしよう…」と頭を悩ませてしまい十分な生活を送ることができない人もいるかもしれません。

このように「あまりにも気になって仕方がない」という場合は、直接企業に連絡をすることも一つの選択肢です。
ただし、連絡が取れる時間は相手の「仕事中」であることを考慮する必要があります。
極力メールで伝えるようにしてください。
また、メールで報告をする際の敬語や文章の書き方には気を付けなければいません。

面接に呼ばれた際に伝える

エントリーシートの選考が終わると、そのまま面接に進める企業もあるでしょう。
この場合のエントリーシートは「選考書類」といより、面接をする際に担当者が目を通す書類になるケースがほとんどです。
そのため、訂正があることを面接で伝えることもできるでしょう。

正直な話「どうせバレないから言わなくても良いかな?」と感じる方もいるかもしれません。
しかし、人事担当者は訂正箇所の見落としはしないので、ちゃんと伝えることであなたの印象はかなり変わることになります。

口頭で「注意不足で申し訳ありませんでした」と伝えることで、その時の評価は下がってしまうかもしれません。
しかし、ここから面接が始まるのであれば挽回ができるチャンスは残されています。

そして、間違えたことをちゃんと言葉にして伝えることができる人は「共に働きたい」と思ってもらえる可能性もあるのです。
誠実に謝罪ができる人は意外と少なく、そういった「態度」も面接官はよく見ているので、言わなくてもいいや…という気持ちを持たずに、しっかり謝罪をするようにしてください。

大事なのは【誤字をしないこと】間違えないための準備を紹介

エントリーシートの訂正印は極力押さないことが大事になります。
「訂正印を押すかどうか」で悩んでいる時間は、正直勿体ない時間でしょう。
そうならないためには「ミスをしないこと」が何より大事になります。
ではミスをしないためにはどうすれば良いのでしょうか?

そこで大事になるのが「念入りに下準備をすること」です。
「備えあれば患いなし」ということわざがあるように、万が一の時に備えた行動をすることは就職活動はもちろん、人生において必要不可欠になります。
例えば、鉛筆で下書きをしてなぞることや、予め手元に置いておけるミスのないエントリーシートをパソコンで作ることもできるでしょう。

このように、予め準備をすることはとても重要になります。

まとめ

この記事ではエントリーシートに訂正印を押して良いのかを紹介しました。
エントリーシートはミスをした段階で書き直すことが「ルール」になっていると覚えておきましょう。
そして何より大事になるのは、間違えないように下準備をしておくことです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。