インターンに参加する目的や意味は?

「インターンシップ(Internship)」というのは専門職に就こうとしている人に課せられる実地訓練という意味です。

インターンシップは、ひと頃までは理容師・美容師または医師が学校での勉強を終えた後、国家試験の受験資格を得るためにインターン制度が課せられていましたが、最近では一般職を希望する学生も就活の一環としてインターンシップに参加しています。

就活をしている学生にとって、インターンシップは企業と接点を持てる大切な機会であり、短期・長期にかかわらず何らかの形でインターンに参加する学生は年々増加しています。

インターンシップには、1日から数週間程度の短期のものと数ヶ月以上の長期のものがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

おすすめの就職サービス

短期インターンシップの意味

短期インターンの実施時期は大学3年の夏から冬にかけてと4年生の春がメインで、企業によっては青田買いの意味合いを持っていることもあります。

短期インターンシップはさらに「職場見学・職場体験形式」「ワークショップ・プロジェクト形式」「講義・セミナー形式」の3タイプに分かれており、それぞれにメリットがあります。

職場見学・職場体験形式のインターンシップ

職場見学・職場体験形式は学生の間で最も人気のある形式のインターンシップで、実際に職場での業務を体験することができます。

製造系のメーカーであれば工場や研究所の見学も出来ますし、実地に働いてみることもできます。

一般職ではなくて研究職や技術職に就きたい学生はぜひこの職場体験形式のインターンシップに参加することをおすすめします。

ワークショップ・プロジェクト形式のインターンシップ

ワークショップ・プロジェクト形式というのは、インターンとして参加した学生数人でグループを組み、与えられた特定のテーマに関してディスカッションを行ったり、決められた課題を解決するためにプロジェクトを立ち上げたりするスタイルのインターンシップです。

実際に新規事業の立案をするなど、建設的な内容が多いのがワークショップ・プロジェクト形式の特徴で、臨場感のある企業体験をすることができます。

講義・セミナー形式のインターンシップ

講義・セミナー形式の場合には業界理解や仕事理解をテーマとした講義またはセミナーが開催され、学生はここで希望職種の業界研究のためのヒントを得ることができます。

実際に現場で働いている社員が講義を行うことが多いので、その企業が欲している新入社員の傾向も学ぶことができるのが講義・セミナー形式インターンシップの特徴です。

長期インターンシップの意味

長期インターンというのは、3ヶ月以上ひとつの企業で就業体験を行うタイプのインターンシップで、新卒として就職する前に社会人としての心構えやビジネススキルを身につけることができます。

長期インターンシップは大学一年から参加することができますから、「自分は将来この業種で働きたい」という確固とした信念がある学生なら、早めに参加しておくのがおすすめです。

長期インターンシップでは給与ももらえる

インターンとはいっても、長い人となると6ヶ月以上勤務を続ける学生もいます。

ほとんどの企業は、長期インターンシップの学生には給与を支払います。

支払方法は時給制が多いのですが、営業職の場合には成果に応じてインセンティブが支払われる成果報酬型を採用しているところもあります。

給与の額は時給制なら1時間1,000円前後が相場で、日給の場合であれば5,000円から10,000円が目安です。

企業によっては最低賃金以下の給与額を設定しているところもあれば、「研修費用を払って仕事の経験をさせているから」という理由で給与を支払わないところもありますが、こういった企業はいい人材を獲得して教育するという姿勢がないので、あまりおすすめできません。

長期インターンの業務内容は社員と同様ですので、最初は難しくて戸惑うかもしれませんが、緊張せずにわからないことは積極的に質問していくようにしましょう。

長期インターンとして勤務した学生はそのまま新卒として採用されるケースも多いので、働いてみて気に入った会社であれば、途中で辞めずに期間内は働き続けるのが得策です。

長期インターンに参加する学生の数はインターン経験者の約2.7%と少ないのですが、続けていけばそれなりのメリットはあると考えていいでしょう。

長期インターンを開催している企業の特徴

長期のインターンシップ制度を開催している企業のほとんどは、ベンチャー起業やスタートアップ企業です。

こういった企業はあまり年功序列にとらわれず、自由な気風のところが多いので、学生とはいっても責任のある仕事を任されることもあります。

例えばデザイン系の会社にインターンとして参加した学生の場合、会社が請け負ったロゴデザインの仕事で構想から作成までを担当したといったケースもあります。

また、ソフトウェア系の会社では先輩社員が率いるグループワークで新しいシステムやアプリの企画開発に加わったインターン学生もいます。

短期インターンと比較しても、やりがいのある環境が整っているのが長期インターンと言えるでしょう。

インターンに参加する意味と企業の選び方

インターンシップでは希望する業種の企業についての知識や情報を得られるばかりではなく、将来の内定でも有利な立場を確保できる可能性があります。

インターンに参加しておけば職務履歴書にその旨を記入することができますし、書類選考を行う採用担当者の方もその学生がどんな就活を行なってきたのか、おおよその目安をつけることができます。

ある大手就活サイトが行なった調査によると、2019年卒業の内定者のうち、インターンシップに参加した経験のある学生は62%だという結果が出ています。

インターンシップに参加した学生は「積極的に就活を行っている」というポジティブな印象を与えることができますので、漠然と就活をせずに、まずはインターンシップ情報を収集するのも一つの方法です。

インターンシップを開催している企業の探し方

インターンシップを開催している企業の情報は、就活サイトで得ることができますが、特に就職を希望している企業が決まっている人は、その会社のホームページでインターンシップ制度があるかどうかをまず確認してみましょう。

希望の業種は決まっているけれども、いくつかの企業のインターンシップに参加して経験を深めたいというのであれば、マッチングサイトに登録してインターン企業を探すのが早道です。

長期インターンシップを探すなら「Infraインターン」がおすすめ

長期インターンシップを開催している会社はそれほど多くはないのですが、つつがなく勤務すれば内定に直結している長期インターンも多いので、効率よく就活したい人には短期よりも長期の方がおすすめです。

長期インターンシップ情報が充実していることでは定評のある「Infraインターン」は3ヶ月以上で有給のインターンシップ情報を数多く掲載しています。

Infraインターンは東京都渋谷区猿楽町に拠点を構える株式会社Traimmuが運営しているサイトで、登録学生数は30,000名以上にのぼります。

2015年に創業したTraimmuは「若者の価値を最大化する」ことをビジョンとして掲げており、Infraインターンの他に学生向けメディアとしては日本最大級の「co-media」も並行して運営しています。

Infraインターンに登録しておけば好条件の長期インターンシップ情報にアクセスできるだけではなくて、応募もその場でできてしまいます。

インターン無料相談会も開催しており、Infraインターン運営チームはLINEでも相談や質問を受け付けていますので、最大限に活用して就活を有意義なものにしましょう。

プロのキャリアコーディネーターが在籍する「Intern Street」

長期インターンを体験してみたいけれど、どんな会社が自分に合っているのかよく分からないという人におすすめなのが、スローガン株式会社が運営している「Intern Street」です。

港区南青山を本拠としているスローガンは2005年に設立された会社ですが、厳選した企業の情報のみを扱っているので、安心してインターン先を探すことができます。

Intern Streetで紹介しているインターンシップ情報の中には無給のものは含まれておらず、高時給の案件が多いのが特徴です。

同社では随時「長期インターン説明会座談会」などを行っている他、インターン選考に合格するためのエントリーシートの書き方やインターンとしてふさわしい髪型や服装に関するアドバイスもおこなっていますので、上手に活用すればかなり有益なサイトということができます。

個別面談も受け付けていますので、オンライン予約で日時を指定すれば面談実績4,000件以上を誇るIntern Street講師がぴったりのインターン先を紹介してくれます。

まとめ

就職というのは自分の一生にも関わってくる大切な決断ですから、地道に足固めをしながら就活を進めていくことが大切です。

希望する業者の会社説明会に足繁く通うのも良いのですが、短時間の説明会だけでは企業側の話を一方的に聞くだけで、企業との繋がりを得ることができません。

ですから、たとえ1日だけの短いインターンシップでも参加しておいて顔を覚えてもらうようにしたいものです。

インターンシップは机上の空論ではなくて実地体験ですから、いくつかのインターンに参加しているうちに、理想に近い職場に出会うこともあり得ます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。