インターンは就活にメリットがある? その効果とベストなタイミングを紹介

インターンは、多くの場で行われる定番の就活イベントのひとつです。インターンには非常に多くのメリットがあり、それを知った多くの人がインターンへ赴いています。しかし、本当に世間で言われているほどインターンには大きなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、就活におけるインターンについてまとめていきましょう。

おすすめの就職サービス

就活におけるインターンとは? どんな活動をする?

そもそもインターンとは何でしょうか。インターンとはインターンシップの略称で、簡単にいえば就活生が企業に対して、一時的に働きに行くことを示しています。いわゆる職業体験や、1日〇〇体験のようなものに近い制度だといえるでしょう。
インターンは、大抵大学や高校の主導で行われます。長いものでは3カ月以上もの間会社員として働くことがあるようです。とはいえ、ほとんどの企業は体験することに重きを置いているため、そこまで長くインターンの期間を取る企業は稀有です。
インターン中に行う業務は、大抵の場合すでに働いている人のサポートや、ちょっとした雑用などが主となります。実際に取引先と接客したり、重要な会議に出席したりということはありません。なぜなら、学生インターンは責任を負う立場ではないからです。
責任を負う必要がないということは、給料が出ないことも多いようです。さすがに長期インターンを迎える場合は最低賃金以上の給料が出ますが、短期インターンの場合は給料なしで「体験」のために働くことになります。
このように、インターンは社会人として「お試し体験」をするのが主な目的です。企業側も自分たちの企業をよく知ってもらうことで、優秀な人材をスカウトしようとしています。ただ、企業の中にはインターン中に選考をする場合もあるようです。
特に長期インターンを受け入れている企業にその傾向が強く、実際に働かせてみて役に立つようであれば、そのまま採用の打診をするということも少なくありません。つまり、就活生からすれば、インターンは貴重な経験を得られる場であると同時に、選考フローの数を増やす弾でもあるようです。

就活のインターンのメリットについて

インターンを行う企業や就活生が多いということは、それだけ大きなメリットがあるということです。しかし、ほとんどの企業や大学では、インターンのメリットを具体的に教えてはくれません。そこでここでは、就活の一環としインターンに赴くメリットを、それぞれ具体的に紹介します。

就活に有利になる場合がある

インターンのメリットのひとつに、就活が有利になる可能性があるという点があります。例えば、インターンで人事担当と仲良くなれば、それだけでも人事担当とのコネクションができて、いざ本採用の面接になったときに、面接官の心証がプラスの状態でスタートすることが可能です。
もちろん面接官のほうは平等に審査しようとするでしょうが、人間は初対面の人よりも、付き合いのある人を無意識にひいきしてしまう生き物なのです。それが、良い印象のある人物ならなおさらでしょう。
企業によっては、より直接的にインターンに参加することが内定に繋がっていることがあります。例えば、インターンをしている人だけが参加できる選考フローに通してもらえたり、インターンの期間中に学生を選考したいする場合です。
企業によっては、インターンに参加した学生の採用を考慮する旨を通知している時があります。インターン組から即採用されるのは狭き門ではあるものの、決して不可能ではありません。もし、自分が気になっている企業が選考フローつきインターンを行う予定であれば、積極的に参加するべきでしょう。

選考材料がより増える

インターンをすることになると、ほとんどの学生は社会人の下積み状態、あるいは平社員と同等の扱いを受けます。このときに受けた扱いや、職場の雰囲気などが、志望する企業をする上での決め手になるという方もいるようです。
他にも、社会人の方と仲良くなることで、面接などではなかなか聞きづらい福利厚生や給料、社員の扱いなど、より深い話を聞ける点も見逃せません。同じような話を聞けるOB訪問と比較しても、インターンは自分で経験しながら話を聞けるので、実感として話を聞きながら、その企業を選ぶかどうかの選考材料にできます。
この時に見るべきポイントはもちろん企業が努力しているポイントや良いポイントです。しかし、インターンのメリットは、表面的な部分だけではなく、裏側の部分まで知れます。よって、従業員がハラスメントを受けていないか、現場の仲は悪くないか、などの負の部分も含めて観察しましょう。

掛け替えのない経験ができる

インターンに行くことは、他では得られない経験を得られます。特に、「企業で働く」という経験をしたことがない人にとって、インターンは絶好の場です。なぜなら、企業でのインターンは、アルバイトとは異なり、より重要な業務内容を説明してもらえることも多いからです。つまり、それだけ企業も本気新しい風を取り入れようとしています。
インターンの場では、通常の職業体験とは異なり、企業の心臓部とも言うべき事業を担う優秀な人材たちが実際に仕事をしている姿を見れる点は、大きなメリットといえるでしょう。特に将来自分が入社したい業界と同じ業種にインターンへ行くのなら、その仕事ぶりを見るのはかなり貴重な経験になるはずです。
このように、インターンでは、その企業を志望する・しないに関わらず、これからの人生に役立つような、非常に有用な経験ができます。こうした点は、インターンならではのメリットといえるでしょう。実際に、企業自体にはそれほど興味はないものの、実践的なスキルが欲しいからインターンへ行くという方もいるくらいです。

インターンへ行くべき時期は?【就活の状況にあわせて】

インターンは企業が行う就活イベントなので、いつ行くのかは、それほど自由に決められるわけではありません。しかし、おおよその企業募集をはじめる時期は、大体7月か12月あたりになっているようです。
この時期での申し込みが多い理由は、それぞれ夏休みと冬休みの前だからです。大学三年生の夏休みと冬休みは、4年生ほど就活で忙しくなく、さらに時間もできるので、この時期にインターンで経験を積んでおきたいという方が多いと考えられます。
同様に、企業がインターンの応募を出すのも7月か12月であることが多いようです。とはいえ、インターンの募集をいつ出すのか、そしていつインターンに応募するのかは完全に企業と学生の自由意志に任せられています。
そのため、自分が必要だと感じたのなら、その時点でインターンを募集している企業に応募しましょう。問題なのは、やろうと思ってはいても行動に移さずに時間ばかりが経過してしまう場合です。そうならないように、インターンをしようと思ったらその日の内にインターン募集をしている企業を探してください。
思い立ったらすぐに行動、善は急げが、効率的な就活のために重要なことだからです。

インターンで失敗しないための注意事項【就活のはじまり】

インターンに行ってみたのはいいものの、何も得られずに時間ばかりが過ぎてしまった、時間の無駄だった、と感じてしまう方は残念ながら少なくありません。せっかく限られた就活の時間を使うのですから、出来る限り良い成果をあげましょう。そこで以下では、インターンを成功に導くためのポイントを紹介します。

自分の強みを発揮する

インターンへ参加するために、「自分の強み」をアピールすると思います。例えば、協調性が強い、人を引っ張る力に優れている、コツコツと続けることが得意など、どんなものにせよ、自分の得意なものと強みをアピールするはずです。
インターンの担当者は、その強みをそれぞれ発揮する前提でインターンを受け入れています。そのため、就活生の強みを発揮する前提でインターンのプログラムを組み上げているはずです。そのため、就活生はその期待に応えなければなりません。
例えば、「協調性を保つこと」が強みだというのなら、チームディスカッションの時やチームで作業をするとき、周りの人が最大限協力できるように努力しましょう。そうすることで、自分の強みが実際に仕事の場で活躍するタイミングを把握できるだけではなく、インターンの担当者へのアピールにもなるからです。
特に選考フローにインターンが含まれている企業は、自分の強みに注視してインターンをしましょう。

周りのことを考える

インターンにしろ、社会にしろ、仕事というものは大抵チームで動きます。たったひとりで完結する仕事というものは実は多くありません。そのため、インターンで何らかのフレームワークを課された場合は、必ず周りの意見を聞きながら議論を進めましょう。
いくら自分が斬新で最高のアイデアを持っていたとしても、その意見を押し付けて回りの意見を聞かないのでは、リーダーとして提案者としても欠点だらけです。その態度を続けると、あらゆる状況で大きな壁にぶつかってしまうでしょう。
よって、インターンでは特に周りのことを考え、自分の意見の是非を周りに求めるようにしましょう。

積極的に仕事を引き受ける

インターンは経験の場です。通常の仕事とは違い、何もせずにボーっとしていても、色々な仕事を任せられても、いずれにしてもインターンは終わります。よって、出来る限りインターンを素敵なものにするために、多少大変でも仕事は自分から引き受けて経験するようにしましょう。
こうすることで、より深く仕事について知れるだけではなく、会社の人にも一目置かれる存在になるはずです。

まとめ

インターンは、企業の仕事を知るために就活生が一時的に仕事体験へ行くことを示しています。インターンへ行くことは、非常に大きなメリットが存在しているのでおすすめです。特に大きなメリットが、企業のことを深く知れるという点でしょう。
インターンから直接採用される方もいるようですが、それはごくまれです。インターンに行くのなら、その経験に重きを置き、それ以外のメリットは二の次と考えたほうがいいでしょう。経験があること以外にリターンを求めるのなら、それが明記しているインターンを探すか、あるいは別のことをしたほうが有意義です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。