情報収集が大きな一歩!?差がつく就活術

就活での勝敗を分けるといっても過言ではないものが、情報収集の力です。就活は情報戦とも言われるほど、どんな情報を得ることが出来るかがとても大切なことなのです。では、他の就活生と差をつけるためには、どのような情報収集の力が必要なのでしょうか。

そして就活において、重要な情報とはどのようなものなのでしょうか。また、就活で内定を勝ち取るための情報収集の方法とは何なのでしょうか。就活で自分が納得の出来る内定を勝ち取ることが出来るように、情報収集の術を詳しく見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

就活とは?情報収集方法を解説

就活では、さまざまな方法で情報を収集することが出来ます。そして、多くある情報の中で、どの情報を活用するかどうかは自分次第なのです。「情報収集はサイトからで大丈夫」「行きたい業界は決まっているからその業界について調べたので大丈夫」と情報収集を簡単に終わらせてしまう就活生も少なくありません。

情報収集の方法が多岐に渡るということは、多くの情報源があるということなのです。情報を得るために、どれほどの時間をかけるかどうかは、自分次第なのです。

就活のゴールは内定を勝ち取ることです。就活生は内定を勝ち取るために、情報を集めようとします。しかし、本当のゴールではありません。内定の先には、社会人として働く日々が待っているのです。情報収集を疎かにしてしまっては、企業とのミスマッチを生みかねないのです。せっかく内定を得た企業とミスマッチが生じてしまっては、就活での努力が水の泡となってしまうのです。

企業とのミスマッチが生じないようにするためにも、しっかりと情報収集をして、企業や業界について研究し、分析をすることが必要なのです。その上で、自分自身が「どのようなことにやりがいをもつのか」「どのようなことを大切にしているのか」など、自分自身の性格や傾向を分析していきましょう。そうすることで、自分に合った企業探しの軸を定めることが出来るため、企業とのミスマッチを防ぐことが出来るのです。

情報収集の方法にはさまざまなものがあります。一番多い方法は、インターネットでの収集です。今では、数多くの就職サイトが存在しており、いつでも調べることが出来るため、活用する人は多くいることでしょう。他には、書籍や新聞などから得ることも出来れば、OB
訪問やインターンシップなど実際の先輩から情報を得る方法もあります。

まずは、自分自身がどのような情報を求めているのか深堀りし、整理することが重要となります。そのうえで、得た情報を有効に活用出来るように努めていきましょう。

情報収集で差が別れる!?成功へのヒント

就活における情報収集の判断力の差が、就活の結果にも大きく差をつけることでしょう。それほど、就活おいて情報収集はとても重要なことなのです。

誰しも、自分が希望する企業の内定がほしいものです。そのためには、まずは情報を集めることなのです。情報を収集する際、その企業だけの情報を集めればよいというわけではありません。なるべく広い視野を持ち、より多くの情報を得るように心がけましょう。

さまざまな業界や職種を比較することで、より志望している業界や職種の良さを理解することが出来るのです。浅い理解では、企業側の印象に残ることは出来ないのです。企業側の印象に残るためには、より具体的且つ魅力的な内容を伝える必要があるのです。そのためには、理解を深めることが何よりも重要なことなのです。社会に対しての理解を深め、他の就活生との差をつけましょう。

情報収集の重要な場所!?就活採用サイトとは?

情報収集の場の一つとして、就活サイトがあります。就活サイトは必ず一つは登録するほど、就活に欠かせないものとなっています。

就活サイトは、ただ求人情報を掲載しているのではありません。企業や業界研究のサポートをしたり、履歴書やエントリーシートの参考となる情報を得ることも出来ます。つまり就活において、総合的な情報を得ることが出来るのです。就活でのとても強い味方となるものです。

就活生の情報集めで決まる!就活の失敗例

就活において、情報収集に失敗してしまう人も少なくありません。どのような失敗例があるのか詳しく見ていきましょう。

まずは、情報の内容を絞りすぎてしまうことです。大手企業や特定の業界に絞って、それのみの情報を得ていると、視野が狭まり、良い結果けと繋がらないのです。持ち駒も減ってしまい、リスクも高くなってしまいます。

例え、志望している業界や職種が明確に決まっていたとしても、情報収集の際は、広い視野で調べるようにしましょう。狭い視野での情報を業界や職種を客観的に考えることが出来ないのです。それでは、志望動機や自己PRが浅い内容となってしまい、具体的に伝えることは出来ないのです。志望以外の業界や職種についても情報を収集してみましょう。業界や職種を比較することで、客観的な視点での内容を伝えることが出来るのです。

また、情報収集の方法をインターネットのみに絞ってしまうと失敗へと繋がってしまいます。インターネットで浅く理解した内容では、「何となく」理解したのみとなり、「理解したつもり」になってしまうのです。情報収集の手段は数多くあります。書籍や新聞、あるいはインターンシップやOB訪問などさまざまな方法があります。特に、インターンシップやOB訪問を活用しましょう。実際に働いている先輩からの生の声は、生きた情報であり、実際に働いている環境をリアルに想像することが出来るのです。

ただ、文章のみの情報を吸収するのではなく、生きた情報からも得るようにしましょう。企業を理解することにも繋がり、そうすることで、企業が求めている人材も見えてくるのではないでしょうか。

情報源を複数持つことで、総合的に情報を判断することが出来ます。一つの情報を鵜呑みにしてしまうことは良くないのです。就活において、より良い情報を得るためにも、さまざまな方法でさまざまな情報を得て、判断力を養いましょう。その判断力は、今後働きだした時にも大いに役立つ自分自身の強みとなることでしょう。

就活生必見!就活情報サイトまとめ

就活生が活用できる就活情報サイトには数多くのサイトがあります。それぞれのサイトには、特徴があり、自分が求めている情報によって活用するサイトを判断する必要があるのです。

まずは、「マイナビ」や「リクナビ」のような大手サイトを活用することです。大手サイトなので、数多くの企業が掲載をしています。このサイトにしか掲載していない企業も数多くあるため、登録することをお勧めします。

企業探しにはとても活用できるサイトといってもよいでしょう。時には、サイトからお勧めの求人情報をメールで送ってくれるのです。情報の中には、自分にとって思いがけない企業の情報もあることでしょう。企業探しに苦戦している就活生にはお勧めのサイトと言えるでしょう。

また、就活サイトの中には、実際に選考を体験した先輩たちの口コミを掲載しているサイトもあります。「みんなの就職活動日記」もその一つです。実際に体験した体験者たちの生の声を見ることが出来るのは、とても有効です。

実際の選考の状況について知りたい就活生はたくさんいるのではないでしょうか。実際の体験者たちの生きた情報を活用し、実際の選考対策や、履歴書、エントリーシートの参考にすることが出来るのです。実際に選考で活用出来る情報を得ることはとてもプラスとなることでしょう。

就活において、就活サイトを活用する就活生はほとんどでしょう。一つに絞らずに、自分自身の状況に合ったサイトを活用するようにしましょう。そして、さまざまな情報を得る中で、何が自分に必要な情報なのかを判断する力を養いましょう。

情報を収集し、どの情報を活用するかどうかは、自分次第なのです。しっかりと情報を選別し、就活を効率的に進めていきましょう。

まとめ

さて、就活における情報収集について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。就活において、情報収集はとても重要なことです。就活は情報戦とも言われています。数多くある情報の中で、いかに自分にとって有益な情報なのかを判断する力が必要不可欠なのです。

今では、就活での情報を収集する手段は多岐に渡り、より容易となっています。情報を集めようと思えば、容易に得てしまうのです。そのため、情報が多すぎて混乱してしまう人もいるのではないでしょうか。

混乱しないためにも、まずは、自分自身の就活の軸を定めるようにしましょう。自分は就活において、何を重要とするのか、自分の性格や特徴はどのようなものなのかを分析し、理解することがとても大切なのです。その上で、就活の軸を定めましょう。軸が定まっていると、どのような情報が自分にとって有益な情報なのか判断することが出来るのです。

いかに就活を効率的に、スムーズに進めることが出来るかは、自分次第なのです。就活をスムーズに進め、自分が納得の出来る内定を勝ち取るためには、就活の準備がとても重要なのです。準備には、自己分析や業界研究などと併せて、情報収集が必要不可欠なのです。

就活スタート前に出来ることはたくさんあります。情報収集もその一つです。就活では、やるべきことも考えるべきこともたくさんあるため、計画的に進めていかなければ、時間が足りなくなってしまうのです。時間が足りなくなったからといって、準備を疎かにしてしまっては、内定を勝ち取ることが出来ないのです。

情報収集を充実したものにするかによって、就活の結果に大いに影響を与えるのです。他の就活生と差を付けるためにも、しっかりと情報収集をして、内定を勝ち取りましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。