就活の持ち駒が勝利の女神!?就活の逆転必勝法

就活において持ち駒は複数持つ人がほとんどでしょう。持ち駒は内定へと繋がるもの、自分自身が選択した選考中の企業を意味します。まずは、持ち駒を選択し、その後持ち駒の企業にエントリーをし、選考へと進んで行くのです。

つまり、どのような企業を持ち駒として選択したのかは、今後の就活においてとても重要なことなのです。

では、持ち駒とは何なのでしょうか?就活で内定を勝ち取るためにはどのような持ち駒が必要なのか、詳しく見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

就活の持ち駒とは?

就活において、持ち駒とは、選考途中の企業を指しており、内定のチャンスがある企業ということになります。持ち駒を1社に絞る就活生はほとんどいないことでしょう。ほとんどの就活生が、複数社持ち駒としてエントリーをし選考に臨むのです。では、持ち駒はどのように選別していけばよいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

就活で持ち駒を持つメリットは、より良い企業を選択出来るということにあります。就活では、まずはエントリーをしなければ選考へと進めません。エントリー時期が過ぎてしまえば、選考に進むことすら出来なくなってしまうのです。まずエントリーをし、持ち駒にすることはとても重要なことです、それぞれの企業のスケジュールを把握し、エントリー時期が過ぎてしまわぬように注意しましょう。

持ち駒は一つには絞らないほうが良いと言えるでしょう。なぜならば、一つに絞ってしまうと、全滅してしまう可能性が圧倒的に高いのです。1つに固執してしまい、その1つが万が一選考に落ちてしまったら、大変なことになってしまいます。複数社を持ち駒として持ち、心の余裕を持ちましょう。

就活を続ける中で、持ち駒が少なくなってきてしまったと悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。持ち駒が少ないことに焦ってしまい、選考も落ち着いて出来なかったとなってしまうと、結果は目にみえているのです。精神的な心の余裕があれば、準備にも充分に時間を費やすことが出来るため、細かな所まで対策を練ることが出来るでしょう。長期戦の就活に備えて、心の余裕を保つように心がけましょう。

就活生必見!持ち駒を0にしない方法とは?

就活で一番恐いことは選考中の持ち駒が0になり全滅してしまうことではないでしょうか。就活で持ち駒が全滅してしまうことは十分に起こりうることなのです。持ち駒が全滅してしまう就活生の特徴とは何でしょうか。詳しく見ていきましょう。

持ち駒が0になってしまう原因としては、まず選択した企業が大手企業ばかりであるということです。大手企業の選考はとても厳しいものです。落とされてしまう可能性もとても高くなります。大した企業研究もせず、大手企業の選考にばかり臨んでいても、全て落ちてしまうという最悪の結末もあり得るのです。その最悪の結末を回避するためには、大手企業ばかりではなく、中小企業やベンチャー企業にも目を向けることです。

中小企業やベンチャー企業ならば、大手企業より採用に苦戦している隠れた優良企業も存在します。しっかりと準備段階で、業界研究、企業研究を徹底し、中小企業やベンチャー企業の優良企業を探し出すことがとても大切なのです。

次に、自分の将来像が具現化出来ていないことにあります。漠然と何かをしたいという就活生は魅力的には映りません。なぜならば、漠然とした自分自身の将来像しかない就活生は、企業側からみて、実際に働いている姿や、活躍している姿を想像することが出来ないからのです。企業側は必ず、就活生の実際に働いている姿を想像するでしょう。

実際に働いている姿がイメージ出来なければ、好意的な印象を残すことは出来ないのです。また、自分の考えを言葉にし相手に伝えなければいけません。いくら自分の中で考えがまとまっていたとしても、その考えを相手に伝わるように言葉で表現しなければ、自分をアピールすることは出来ないのです。実際に面接で力を発揮出来るように、練習をし、場の雰囲気に飲まれないように気をつけましょう。

また、選考に向けてしっかりと準備をすることも大切なことです。準備が疎かになってしまうと、軸がぶれてしまい、選考を勝ち進むことが出来ないのです。まずが、自己分析と企業研究をしっかりとしましょう。就活における軸をしっかりと定めるのです。就活の軸が定まらなければ、ブレブレになってしまい、就活を勝ち進むことが出来ません。

しっかりと自己分析をし、自分自身の長所や短所、得意なこと、何にやりがいを感じるのか、しっかりと言語化出来るようにまとめる必要があるのです。そして企業研究を行い、その企業が求めている人材はどのような人材なのか、この企業で自分自身はどのようなことをやりたいのか、出来るのかをしっかりと考える必要があるのです。

相手に自分の考えや思いをしっかりと伝えるには、まずは、自分自身を納得させることが重要なのです。内定を勝ち取るためにも、しっかりと準備に時間をかけましょう。

就活で持ち駒を増やす方法を解説!

就活で持ち駒が少なくなってくると、とても不安な気持ちになるものです。なるべくならば、持ち駒が少なくなる前に内定を得ておきたいですよね。そのためには、持ち駒の企業としてどのような企業を選択するかが、とても重要なのです。就活においての持ち駒の選択方法を詳しく見ていきましょう。

まず、持ち駒を選択する時は、一つの業界や職種に絞らないほうが賢明といえるでしょう。一つの業界に絞ってしまうと、持ち駒が0になってしまう可能性も高くなってしまいます。第一志望の企業とは別の業界や職種もエントリーしてみましょう。他の業界研究や企業研究を行うことで、改めて志望している業界や企業を客観的にみることが出来ます。客観的な考えや視点を持つことはとても大切なことです。

就活において、客観的視点や考え方は、視野を広くすることができ、且つ、それぞれの業界を比較することで、それぞれの理解を深めることにも繋がるのです。さまざまな業界にも目を向けてみましょう。

就活を進めていく上で、選考に落ちてしまい、持ち駒が少なくなってしまった場合、落ち込んでいる時間はありません。今まで受けた選考での反省点や改善点をしっかりと振り返りましょう。一つの選考での反省点は、必ず次の選考にも繋がります。同じ失敗を繰り返さないためにも、選考が終わる度必ず選考での自分自身を分析し、復習していきましょう。

就活での経験はとても貴重な経験となります。自分が得た今までの選考の経験をしっかりと活かしていきましょう。

持ち駒が全滅!?就活で持ち駒が0になった時の対処法とは?

就活で持ち駒が全滅してしまった人は少なくありません。何となく就活をはじめ、何となく企業を選択し、何となく選考を受けていては、決して内定を勝ち取ることは出来ないのです。では、実際に持ち駒な全滅してしまった場合、どうすればよいのでしょうか。

就活で持ち駒が全滅してしまっても、就活が終わったわけではありません。就活はまだ続いているのです。まだ選考中の企業を探しましょう。中小企業やベンチャー企業は採用に苦戦している場合があり、まだエントリー出来る企業があるかどうかを調べましょう。

就活後半となっても、まだまだ募集中の企業はあります。諦めずに、企業を探しましょう。企業の中でも特にベンチャー企業は通年募集している企業も少なくありません。広い視野を持ち、諦めずに取り組みましょう。

またあるいは、2次募集をしている企業や、大手企業のグループ企業を調べてみましょう。内定辞退者などの影響で2次募集をしている企業やまだまだ選考中のグループ企業を見つけることが出来るのです。グループ企業は、関連会社と同じ条件で募集していることも多いため、好待遇の仕事となります。親会社よりはハードルが低いため、挑戦しやすい企業なのです。

就活の持ち駒の重要性とは?内定に繋げる必勝法

就活ではいかに持ち駒が0にならないように行動するかがとても大切です。持ち駒は選考中の企業のため、内定の可能性もある企業ということになります。就活において持ち駒はとても重要なのです。

就活をスムーズに進めるためには、持ち駒をうまくコントロールする必要があります。持ち駒は多すぎても少なすぎても駄目なのです。自分が管理出来る適度な数を維持するようにしましょう。つまり、自分にはどのくらいの持ち駒が適しているのか、自分の余裕具合を見定めることもとても重要なことなのです。

就活は決して内定を早く取った者勝ちではありません。目先の内定に振り回されずに、落ち着いて進めていきましょう。就活は内定がゴールではないのです。内定はただの通過点に過ぎません。働きだすこの先の未来が続くのです。せっかく頑張って就活をしたのに、すぐに辞めてしまっては何の意味もありません。しっかりと就活をして、自分に合った最適な企業とのご縁を結べるように、最後まで努力を続けましょう。

まとめ

さて、就活における持ち駒についてみていきましたが、いかがでしたでしょうか。持ち駒は内定へと繋がるとても重要なものです。持ち駒の選別には、十分な時間をとりましょう。まずは、就活に向けて準備をするのです。自己分析と企業研究をし、どこの企業にエントリーをすることが最適なのかじっくりと考えましょう。

しっかりと準備をし、就活の軸を定めるのです。軸がなければ、持ち駒の選択もブレてしまい、ベストな選択が出来ないのです。自分に合った企業探しが出来るように、まずは自分自身をしっかりと分析しましょう。

持ち駒をいかにコントロールするかどうかが内定を勝ち取る鍵となるのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。