平均はどのくらいで勝者?就活での持ち駒を考えよう!

就活をする時に持ち駒はいくつか必要なことでしょう。就活での持ち駒は平均どのくらい持つことがよいとされているのでしょうか。少なすぎても多すぎても駄目でしょう。

就活の持ち駒について詳しく見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

就活の持ち駒とは?平均はどのくらいなのか?

就活の持ち駒とは、その企業にエントリーし、選考途中の企業のことをいいます。つまり、内定のチャンスがある企業ということになりますが、通常は、何社が平均なのでしょうか。チャンスは多くあるほうが精神的にも良いですよね。しかし、就活生の中には、本命1社に絞っている人や、多くエントリーしている人もいることでしょう。

まず最初の基本的な持ち駒の平均は、26、7社と言われることが多いようです。持ち駒は少なすぎると不安になりますが、決して多すぎても良いというわけではないのです。また、持ち駒があまりにも多すぎると就活のスケジュール調整がとても大変となるため、負担となってしまいます。20社程度に選別し、選考を受けていくことが望ましいとされるのです。

就活において、重要なことは持ち駒数ではありません。まずは、選考途中の企業から内定がもらえるように対策を練り、しっかりと準備をして臨んでいきましょう。

しかし、持ち駒がなくなってしまう就活生もいることでしょう。どうして一つもなくなってしまうのでしょうか。選考に落ちてしまう理由は必ずあります。「コミュニケーション能力がない」「企業の求める人物像と一致しない」「自己PRがうまく出来ない」などさまざまな理由が挙げられることでしょう。持ち駒が減る度に、増やしていては、内定を勝ち取ることは出来ないのです。

なぜ持ち駒がなくなってしまったのか?選考に落ちてしまった理由や原因を分析し、改善に努め、今後の選考に活かさなければいけないのです。一つ一つの選考をしっかりと受けていき、今後に役立てていきましょう。

平均の持ち駒から読み解く!就活で内定を勝ち取る方法

就活で持ち駒を何社程度が良いとされるのでしょうか。平均はどのくらいの持ち駒を持てば、内定を勝ち取ることが出来るのかとても気になることでしょう。まずは、持ち駒の企業を決める基準を見ていきましょう。

就活においてどのような企業にエントリーするかは、今後の就活においてとても重要なことです。しかし、やみくもにエントリーすればよいというわけではありません。まずは、エントリーする企業にはプレエントリーを行う必要があります。プレエントリーとは、興味を持っている就活生として、企業に登録することです。その場合は、実際エントリーしたい企業より少し多めにプレエントリーをしましょう。

プレエントリーを行ってはじめて、資料請求や説明会へ参加出来るようになります。プレエントリーした企業の中から実際にエントリーする企業を選択していくのです。
持ち駒を選択する時は、興味のない業界や業種もエントリーすることをお勧めします。自分自身が志望する業界以外の企業をエントリーすることで、視野が広がり、志望している業界と比較することが出来るため、理解を深めることが出来るのです。あまり視野を狭めず、広く視野を持ち、エントリー企業を選別していきましょう。

就活において、大切なことは、たくさんの企業にエントリーすることではなく、自分自身に適した企業を探すことです。就活においての自分自身の軸をしっかりと持つことが大切なのです。自己分析や企業研究など、準備をしっかりと行い、エントリー企業を選択していく必要があるのです。

就活生の中では、「志望している業界がない」「やりたい仕事がない」と業界を絞ることが出来ない人もいるでしょう。その場合は、まずしっかりと自己分析をし、いくつかの業界にエントリーしましょう。業界研究をしていく中で、自分に合った業界を見つけていくのです。

持ち駒がない!?就活で平均の持ち駒を維持するためのルール

就活で持ち駒がないという状況に陥ってしまう就活生は少なくありません。就活で平均の持ち駒数は26、7社と言われています。持ち駒が0にならないためにはどのような点に気をつけるべきなのか詳しく見ていきましょう。

持ち駒が0になってしまう場合、原因がいくつかあります。まずは、持ち駒の企業を大手企業のみに絞ってしまうことです。大手企業は選考はとても厳しく難易度の高い企業となります。難易度の高い企業のみ選考を受けていては、持ち駒が0になってしまう可能性が高まるのです。大手企業のみ受けていると、早々に持ち駒が0になってしまうこともあり得るのです。大手企業だけではなく、中小企業やベンチャー企業にも目を向け、エントリーするようにしましょう。

就活は一つの内定を勝ち取るためには、さまざまな苦労があり、いくつかの選考を重ねてようやく勝ち取ることが出来るのです。簡単なことではないのです。

また、業界を一つに絞らないようにしましょう。業界を極端に絞ってしまうと、持ち駒がなくなってしまう可能性が高くなります。志望先を増やしすぎても良くありませんが、絞りすぎると持ち駒が0になるリスクが高まってしまいます、バランスを見ながら、いくつかの業界にエントリーをし、リスクを下げましょう。

もし、持ち駒が増えてしまった場合は、持ち駒を絞ることはそれほど難しいことではありません。自分自身の大切にしたい条件などで絞ることは出来るでしょう。しかし、少ないものを増やすことは簡単なことではありません。持ち駒が0になってから焦ることのないように、しっかりと準備をしておきましょう。

就活生の平均とは?持ち駒が意味する事とは?

就活において、持ち駒とは選考途中の企業であり、内定の可能性のある企業数ということになります。持ち駒は平均で26、7社と言われていますが、全てで内定をもらう就活生はほとんどいないでしょう。では、どうして持ち駒を20社以上持つ必要があるのでしょうか。持ち駒を持つ意味について詳しく見ていきましょう。

就活では、選考に進む企業を選択し、エントリーをすると、必ず面接などの選考に進むこととなります。選考に進む上で、初めからうまく行く就活生は少ないのではないでしょうか。選考ごとに反省点があり、改善点があります。選考を受けている就活生の中で、内定を勝ち取る人の方が圧倒的に少ないのです。

選考を勝ち進むには、経験と対策が必要なのです。そのためには、実際に選考を受けて学ぶことも時にはとても重要なのです。選考を受ける前に充分に対策を練ることはとても強い見武器となりますが、経験から得るものも多いのです。第一志望の企業の選考を受ける前に、他の企業の選考を受けることをお勧めします。選考の雰囲気に慣れることもでき、経験を積むことが出来るのです。

就活で内定を勝ち取るためには、選考を勝ち進むことが必要です。そのためには、複数の企業にエントリーをして、内定を得る確率を上げ、面接などの選考を経験することで、経験値を上げていきましょう。

就活生の平均を読み解く!就活生が抱える課題とは?

就活で、平均的な持ち駒数を持っている場合、スケジュール管理は必須となってきます。スケジュール管理に苦戦する就活生も少なくありません。就活において直面する悩みや課題とは何でしょうか。詳しく見ていきましょう。

就活において、まず行うべきことは自己分析と企業研究です。その後に、プレエントリーやエントリーへと進み選考を受けていきます。企業によって説明会や選考時期は異なるため、企業ごとのスケジュールを把握し、自分自身の就活スケジュールを作成する必要があります。持ち駒が複数ある場合は、スケジュール管理も複雑となり大変ですよね、就活でいかに上手にスケジュール管理が出来るかもとても重要なことです。

持ち駒が多すぎてもスケジュール管理に苦戦してしまい、少なすぎても持ち駒が0となってしまう可能性が高まってしまうため、平均的な持ち駒数を持ち、自分に少しの余裕があることが大切なのです。そのためにも、平均的な持ち駒数を把握し、しっかりとエントリー企業を選択する必要があります。就活では、選考までの準備がとても重要なのです。

就活で準備を怠ってしまうと、エントリー企業の選択にも苦戦してしまいます。まずは、就活の軸を作りましょう。そして、自分自身の優先順位を定めましょう。そうすることで、スムーズに持ち駒の企業を選別することが出来るのです。

持ち駒となった一つ一つの企業をしっかりと研究し、実のある経験となるように対策を練り、選考に臨むことが大切なのです。

まとめ

さて、就活の持ち駒についてみていきましたが、いかがでしたでしょうか。一概に持ち駒の平均を求めることは難しいことです、就活生それぞれに希望する条件があるため、持ち駒数は絶対に平均数は持たなくてはと決めつける必要はありません。

自分自身でスケジュール管理が出来る程度の企業数というのは、個人差もあるのではないでしょうか。自分の容量が分からず悩んでしまう人は、他の就活生の平均値を参考にしてみてはいかがでしょうか。持ち駒の平均は26、7社程といわれているため、決して少ない数ではありません。しかし、全てのエントリー企業をしっかりと研究し、選考への対策を練る必要があります。

いくら持ち駒数がたくさんあるからといって、全て全滅してしまうこともあり得るのです。持ち駒が0になってしまわないように、複数の持ち駒をしっかりと選別し、準備をすることが重要なのです。

就活で内定を勝ち取り勝者となるように、しっかりと選考への対策と準備、反省をし、内定へと近付くために努力をしていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。