持ち駒が全滅で終わり!?就活で大逆転する裏技

就活で一番恐いことは、内定が0となり、持ち駒が全滅してしまうことですよね。就活において、持ち駒が全滅してしまうことはあり得るのです。どうして全滅してしまうのでしょうか。全ての就活の仕方に問題があるのです。しっかりと対策を練ることで持ち駒が全滅することは回避出来ることなのです。

恐い結末とならないように、就活で内定を勝ち取れるように、しっかりと、内定を勝ち取る技を身につけましょう。就活の結果がどうなってしまうのかは、自分次第なのです。

就活で持ち駒が全滅しないように、就活で活用出来る裏技を見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

持ち駒が全滅する意味とは?就活で0になる原因

就活において持ち駒が全滅することは内定0を意味しており、働く場所がないということになってしまいます。就職浪人となるのか、就職以外の道を探すのか、今後の自分の人生が大きく変わってしまうのです。そのような恐い結末とならないためにも、就活で全滅してしまう原因を詳しく見ていきましょう。

就活で全滅してしまう人には、必ず原因があります、その原因を早く特定し、対策をする必要があります、対策もせず、ただ選考を重ねているだけでは、×が増えるだけで、内定を勝ち取ることは出来ないのです。

原因の一つとして、自分のやりたいことや将来像が明確ではないことです。就活は内定がゴールではありません。内定はただの通過点に過ぎないのです。実際に働きだしてやっとスタートを切ることが出来るのです。就活で全滅してしまう人は、働いている自分の将来像を明確にイメージ出来ていません。自分自身がイメージ出来ていないものを相手に伝えることは出来ないのです。

やりたいことや将来像を企業側は見ているのです。いかに今までどのようなことをやってきたかのみを伝えていては内定を得ることは出来ないのです。

働いている将来像を明確にするためには、しっかりと自己分析をしなければいけません。自分自身のことを深く掘り下げ、理解するのです。自分自身は、何に興味を持っていて、何にやりがいを感じるのか、自己分析には、自分に合った企業選びでのヒントがたくさんあります。まずは、しっかりと自己分析をし、自分の就活の軸を作りましょう。そうすることで、エントリーシートや面接の内容も具体的に表すことが出来るのです。

就活に全滅してしまう人は、とりあえず業界を選び、とりあえず大企業や有名企業を受けるという人が多い傾向にあります。とりあえずで決めた企業では、志望動機はとても淡白なものになってしまいます。重みのない軽い言葉では、面接官の印象に残ることは出来ません。すぐに見抜かれてしまいます。

就活の軸、企業選びの軸を明確にし、自分の就活での基準を作りましょう。そうすることが内定へと近付く大きな一歩となるのです。

持ち駒が全滅した就活生必見!企業の探し方

では、実際に就活で持ち駒が全滅してしまった場合はどうすればよいのでしょうか。まずは、今までの就活を振り返りましょう。大企業や有名企業ばかり受けてはいませんか。全滅してしまった今でも、選考を進めている企業はまだたくさんあるのです。中小企業やベンチャー企業に目を向けましょう。大手企業よりも中小企業は採用に苦戦しているものです。知名度はないが、業績が好調な企業を見つけるのです。その企業ならば穴場となります。

企業探しの力が試されますが、まだまだ諦めるのは早いのです。また、今まで受けてきた企業のグループ会社も目を向けて見ましょう。大手の企業にはグループ会社があります。グループ会社はまだ知名度がないため、長期で採用活動を続けているところが比較的に多い傾向にあります。入社難易度はそれほど高くはなくとも、待遇面がグループ企業の大企業に準じている企業が多いため、安定度は高くなります。

また、まだエントリーを受け付けている優良企業を探すための方法があります。まずは、経済産業省の「グローバルニッチトップ100」を活用することです。隠れた優良企業を探すにはとても適しており、便利です。

ベンチャー企業には、通年採用を続けている企業も多くあります。「Good find」を活用し、採用活動中のベンチャー企業を探すことも出来るのです。

また大手企業の第二募集を探してみるのも良いでしょう。そのためには「就活カレンダー」を活用しましょう。まだ間に合う大手企業を探すことが出来ます。希望者が殺到することが予想されるため、難易度は高くなりますが、保険として挑戦してみてはいかがでしょうか。

就職サポートを受けられる「エージェントサービス」を活用してみても良いでしょう。自分の希望する条件にあう企業の紹介や模擬面接トレーニング。履歴書の添削などサポート内容は多岐に渡ります。自分自身で悩んでしまっている人はサポートを活用してみてはいかがでしょうか。

就活で持ち駒が全滅!?全滅からの対処法

就活で持ち駒が全滅してしまった時にもう成す術はないのでしょうか。どのように就活を立て直すべきなのか対処法を詳しく見ていきましょう。

実際に就活で持ち駒が全滅してしまった時、まずは、全滅してしまった原因を特定しましょう。全滅してしまった原因は必ずあります。次に活かすためにもしっかりと立て直しましょう。就活の軸を立て直すのです。

失敗した選考を振り返りましょう。失敗した選考には必ず改善するためのヒントがあります。うまく答えられなかった質問などをしっかりと分析し振り返りましょう。今後同じ質問をまたされる可能性は大いにあり得ます。同じ失敗を繰り返さないように、自己分析を改めて行いましょう。自己分析で自分自身に足りなかったところに気付けるのではないでしょうか。

そして、自分自身で考え込まず、周囲の人に相談しましょう。OB訪問を活用してみてはいかがでしょうか。就活の進め方について相談しアドバイスをもらいましょう。自分以外の人からアドバイスをもらうことは自分自身を客観的に考えられるため、とてもプラスになることでしょう。

復習や対策をした後は、面接の練習を繰り返しましょう。志望動機や自己アピールなど、具体的かつ説得力がある内容にするために、内容をしっかりと練りましょう。友人などと協力し、実際に模擬面接をしてみてはいかがでしょうか。実際に面接をし、アドバイスをもらいましょう。

持ち駒が全滅した後も、するべきことは沢山あります。しっかりと対策を練り、内定に向けて再出発をしましょう。しっかりと準備をすることで内定へと近付くのです。

就活でピンチ!?全滅した時に試したいこととは?

就活で持ち駒が全滅してしまうと、頭が真っ白になり、混乱してしまうものです。この先の将来が暗いものとなり、何も考えられなくなってしまいますよね。それほど就活を自分の人生を左右する大切なことなのです。

就活で全滅したとしても、終わりではありません、まだ就活を続けることは出来るのです。そのため、一度冷静になりましょう。冷静になり、選考に落ちてしまった原因を考えましょう。少しスケジュールに余裕が出来れば、今までの就活を振り返る余裕も出来るのではないでしょうか。

就活で全滅してしまった場合は、最初のステップに戻ることです。自己分析や企業研究をも一度行いましょう。新たな気持ちで就活を再スタートさせるのです。

就活で持ち駒が全滅する人の特徴とは?


就活で持ち駒が全滅してしまう人には共通の特徴があります。まずは、準備が不足していたことです。自己分析や企業研究が不十分なのです。就活をスムーズに進める上で自己分析と企業研究は手を抜いてはいけません。とても重要なことです。これを怠ってしまうと、エントリーシートの内容も浅いものとなり、面接での受け答えも軸がなく、不安定な解答となってしまうのです。 就活では、準備をしっかりとしましょう。

自己分析をし、自分自身を深く掘り下げ理解しましょう。そして自分自身のアピールポイントを見つけるのです。自分のアピールポイントが分かっていないと面接官にアピールすることも、うまく自分の良さを伝えることも出来ないのです。 そして、実際に働いている自分の将来像を具体化しましょう。内定後の自分将来像を明確にイメージすることが大切なのです。

内定をゴールにしていては、内定を勝ち取ることは出来ないのです。自分は何を達成出来るのか、何が得意なのか、長所なのかをしっかりと理解し、アピールすることが重要なのです。 また、就活の軸を定め、自分の言葉で伝えることが出来るように練習をしましょう。就活で全滅してしまう人は自分の言葉で伝えることが出来ないのです。

自分の言葉で相手に伝える努力をしましょう。面接という短い時間で自分の全てを理解してもらうことは出来ないのです。全ては印象と自分の言葉で合否が決まるのです。良い印象を与えられるように準備をしましょう。

まとめ

さて、就活で持ち駒が全滅しないための方法、そして全滅したときの逆転の方法を見ていきましたがいかがでしたでしょうか。なんとなく就活を続けてしまっては、持ち駒が全滅してしまう可能性はとても高いのです。まずは、出来ることをしましょう。自己分析と企業研究です。この2つの準備は決して怠ってはいけません。

しっかりと準備をし、就活の軸を定めましょう。そうすることで、エントリーシートや面接での質問の答えも具体的かつ明確にすることが出来るのです。

就活の持ち駒を全滅させてしまうのか、楽に早く終わらせるのかは、全て自分次第なのです。就活の結末が、辛い結末とならないためにも、しっかりと対策を練り、しっかりと準備をしましょう。しっかりと準備をし、持ち駒の全滅を回避しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。