内定辞退の電話が怖いあなたに〜怒られない連絡の仕方を徹底解説!〜

就職活動も終盤に迫り、内定先を決めていく中で、
「内定の辞退をしなければならないが、電話で伝えるのは怖いなぁ…」
「電話でなにを聞かれるのだろう…」「なにを答えれば良いのだろう…」
「内定を辞退したら怒られるのではないか?」
と心配している人も多いのではないでしょうか?

そんな悩みを抱えてる方に、内定辞退の電話連絡の仕方をご紹介したいと思います。
結論は「しっかり対策すれば、内定辞退の電話を怖がる必要はまったくありません!」
ぜひ、本記事を参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

内定辞退の電話が怖い人はたくさんいます

内定辞退の電話を怖いと思う学生はたくさんいます。
その大きな理由としては「多くの学生は会社に電話をすることに慣れていないから」です。
学生のうちから会社との電話連絡に慣れている方は多くありませんし、特に内定辞退のような「お断り」の電話をした経験がある学生は多くありません。

ですから、殆どの学生は内定辞退の電話に同じ恐怖心を持っています。安心してください。

内定辞退の電話が怖いと思う4つの理由

それでは、学生が内定辞退の電話を怖いと思う理由を細かく見ていきましょう。
理由が分かれば、あとは対処方法を見つけるだけです。

内定辞退の電話が怖いと思う理由|その1

内定辞退の電話が怖いと思う理由のその1は、
「せっかく内定を頂いたのに辞退をすると怒られるのではないか?」
と思うからです。

就職活動において、内定を頂くまでには内定先企業と密に接する機会があります。例えば、「リクルーターに就職活動についての相談をした。」「内定後の座談会で先輩社員と仲良くなった」などです。

色々とお世話になったにも関わらず内定を辞退すると、
「あれだけ目をかけてあげたのに、内定を辞退するとはどういうつもりだ!?」
と内定先の企業から怒られるのではないか?
と不安になるため電話連絡が怖いと感じるかもしれません。

確かに内定を頂くまでには内定先企業の人と多く関わるので、情も出てしまい申し訳ないという気持ちになるのは当然です。

しかし、企業は内定を辞退されることを見込んで採用活動をしています。そのため、内定も当然多めに出しています。ですので、内定辞退の連絡を受けても企業にとっては、「想定の範囲内」ですので、内定辞退の連絡をしたからと言っても怒られたりすることは殆どありません。

また、学生が内定を辞退する確率は、学生が想像するよりも多いのです。ですから企業にとっては内定辞退の対応も業務の一つでしかありません。もちろん、残念ではありますが、「内定辞退に一つ一つ怒っていられるほどヒマではない」というのも本音です。

内定辞退の電話が怖いと思う理由|その2

内定辞退の電話が怖いと思う理由その2は、「電話に慣れていないので、電話をすることが苦手で怖い」と思うからです。

多くの学生は、普段はLINEなどのチャットツールを使った連絡が多く、改まった電話連絡の機会はあまり多くありません。
また、連絡先も仲の良い友達や、先輩・後輩などが多いため、ビジネスで求められる電話マナーに自信を持っている学生は殆どいません。

会社で働く人は年齢も多様で、場合によっては自分の両親よりも年上であることも珍しくありません。そのため、電話をしようとしても
「言葉遣いは大丈夫なのか?」「失礼な態度ではないか?」
など、色々な不安を感じ、怖いと思います。

しかし、企業は学生に対して完璧なマナーを求めていません。基本的な礼儀やマナーを忘れずに、人として、誠意を持って丁寧に接すれば全く問題ありません。

そうすれば印象が悪くなることはありませんし、怒られるようなこともありません。

内定辞退の電話が怖いと思う理由|その3

内定辞退の電話が怖いと思う理由その3は、「電話では失礼だから直接会って話そう!」と言われるのでは?と不安に感じるためです。

新聞や雑誌、就活サイトには、内定辞退をしようとしたら
「電話では失礼だから直接会社に来い!」
と言われた。という記事もあるため不安になる方も多いと思います。
また、
「内定先に実際にそう言われ、実際に内定先に出向いたところ怒られた」
という記事も目にすることがあります。そのような記事を目にすれば、不安を感じて内定辞退の電話を怖いと思ってしまうのは当然です。

しかし、企業の担当者も感情を持った人間です。電話であっても誠実に丁寧に辞退理由を説明することで、納得してくれます。誠意を持って連絡してきている学生に対して、怒ったり横柄な態度を取る企業は殆どありません。仮にそのような態度を取れば、ネット上に企業の悪評を書かれてしまうリスクもあり、今後の採用活動に不利益になります。

優秀な学生を採用したい企業にとっては、ネット上で悪評が広がることは非常に深刻な問題ですので、誠実な学生に対しては企業も誠意を持って対応します。

内定辞退の電話が怖いと思う理由|その4

内定辞退の電話が怖い理由その4は「内定辞退をすると損害賠償を請求されるのではないか?」と考えてしまうことです。

中途採用の場合では、内定を出した採用予定者の受け入れ準備のため、事前にパソコンなどを準備します。その後、内定を辞退したことで会社が内定者に損害賠償請求をした事案などもあるため、
「新卒採用でも同じことがあるのでは?」
と考えてしまい、辞退することが怖くなってしまうかもしれません。

しかし、このような請求を学生にすることは考えにくいです。
仮に内定辞退を理由に損害賠償請求を起こしても、企業の訴えが認められる可能性は非常に低いと言えます。また、そのような訴訟をすれば、その後の新卒採用に大きな影響が出てしまいます。以上のような理由から、考慮する必要のない心配と言えます。

内定辞退の電話がどうしても怖いときは

これまでの内容を読んで頂ければ、内定辞退の電話が怖くなくなった方も多いかと思います。しかし、やっぱりどうしても内定辞退が怖いと思ってしまう方に3つの対処法をお伝えしたいと思います。

結論をいうと、内定先の企業を怒らせないようにする対応方法を考えれば良いのです。
その対応方法を考えることで、「怒れるかも…」という恐怖心をある程度取り除くことができます。

参考に、怒られないための3つの方法を紹介していきたいと思います。
社会人になってからも使えるコツなので、ぜひ参考にしてみてください。

内定辞退の電話が怖いと思わなくなる方法|その1

内定辞退の電話が怖いと思わなくなる方法その1は、「内定辞退の電話の内容を想定して、回答を事前に準備しておきましょう」

内定先企業に伝えることを事前に準備しておくことで、自分の気持ちに余裕が生まれ恐怖心が薄れます。準備する方法ですが、内定先の人事担当者などを思い浮かべながら、会話形式で受け答えを想像して書いてみると良いと思います。

この場合、1つだけでは想定外の方向に話が進んでしまった時にフリーズしてしまうことがあるので、何通りか作っておくと良いでしょう。
例えば、内定辞退の旨を伝えると「今後の参考に、宜しければ辞退理由をお聞かせ下さい」という質問を受けるケースが多くあります。このような質問に対して、相手先の企業が納得できる回答を準備しておくことが大切です。

辞退理由と考えることは、あなたの就職に対する価値観を明確にする機会でもあります。「なぜこの会社を辞退しようと思ったのか」を真剣に考えてみることは、悔いの無い就職活動にもつながりますので、ぜひ時間を取って考えてみると良いと思います。

内定辞退の電話が怖いと思わなくなる方法|その2

内定辞退の電話が怖いときの対処法その2は「誠実に話すことを意識しましょう」

敬語や丁寧語などの言葉遣いが多少間違っていたとしても心配はありません。伝える際は、以下の3つに気をつけてみましょう。

・早口で話さずに気持ちゆっくり話す
・姿勢を正して電話をする
・電話でもスーツなどを着て服装を整えてみる

特に姿勢が悪い状態で電話をかけると、自分が思っている以上に相手に伝わるので注意が必要です。

内定辞退の電話が怖いと思わなくなる方法|その3

内定辞退の電話が怖いと思わなくなる方法その3は、「辞退を決めたらできるだけ早く辞退する旨を伝えましょう」

企業側が辞退をされると困る理由の一つは「入社直前に内定の辞退をされること」です。
学生を採用までには、企業説明会、採用面接、筆記試験、など多くの行程が発生します。入社直前の内定辞退により欠員が生じた場合、急いで再度採用活動を始めなければいけません。企業にとっては、予定外の追加採用のコストが発生することになります。また、採用担当者にとっても、他の業務もある中で追加業務が発生することになり、大きな負担となります。

以上のような理由から、内定を辞退する際は早めに辞退を伝えることが大切です。
早い時期に辞退の連絡をもらえることで、企業にとっても通常の採用活動の中で内定者を追加するなどの対応を取ることができます。そうすることで、内定先の企業と不要なトラブルを回避することができます。

まとめ

これまで内定辞退を電話で伝えることが怖いと感じている方に向けて、そう感じる理由と対処法をご紹介させて頂きました。いかがでしたでしょうか?

内定辞退を電話で伝えることは、多くの学生にとって苦手であり怖いと感じることです。就職活動を通じて今まで関わることが少ない社会人を相手にするので、そう感じてしまうことはある意味当然です。

でも心配することはありません。
今回ご紹介した怖いと感じる4つの理由とその対処法を参考に、自分がなぜ怖いと感じているのかを考え、その対策をしっかり取れば問題ありません。企業は「内定は辞退される」ことを前提に採用活動を進めています。基本的な礼儀やマナーを踏まえて、自分の気持ちを誠意を持って伝えることが最も大切です。

ぜひ、内定を頂いた縁を大切にして、辞退の連絡をしてみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。