話題の会社サイバーエージェント、その就職難易度と条件について詳しく解説します!

あなたはサイバーエージェントと呼ばれる会社を知っていますか?サイバーエージェントは近年成長中の企業で、就職先としての人気が高い注目企業です。最近ではソーシャルゲームが話題で、メディアやニュースに引っ張りだこな企業です。そんなサイバーエージェントですが、人気就職先のため求人倍率がとても高い企業です。そこで今記事ではサイバーエージェントについて詳しく解説していきたいと思います。

サイバーエージェントに就職する方法や採用基準、主な事業内容についてもまとめていきます。もしサイバーエージェントに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

サイバーエージェントとは ネットメディアやゲームで話題の人気就職先

最初にサイバーエージェントについて解説します。サイバーエージェントは1998年に創業された比較的新しい会社です。代表者は藤田晋で、渋谷区宇田川町のAbema Towersに本社があります。主な事業内容としてはメディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、投資育成事業があります。その中でも有名なものとしてメディア事業、ゲーム事業が話題です。

メディア事業としてはAbema TVで有名なABEMA、趣味で繋がる恋活アプリtapple、世界最大級の楽曲数を持つサブスクリプション音楽配信サービスAWA、競輪やオートレースの視聴や投票が可能なWINTICKETなど多くの事業を展開しています。特にAbema TVは話題性もあり、テレビに変わる新しい動画配信として人気です。最近ではAbema TVだけの独自企画のバラエティー番組やドラマなども人気です。

このようにメディア事業はサイバーエージェントの核となる事業が多く、就職先として人気の理由もこのメディア事業が大半を握ります。またあわせて収益を稼ぎ出しているのがゲーム事業です。2014年から配信を始めたグラブルファンタジーは総ダウンロード数が2,500万人を超えた大ヒットゲームです。最近ではPS4でゲーム化され、そのゲームも売り上げ好調です。

それ以外にも今アニメ化されて話題のプリンセスコネクト、一時期ネット上で話題を集めたガールフレンド(仮)といったゲームもこのサイバーエージェントが開発元のゲームです。これらゲーム事業の売上は年間10億円を上回り、メディア事業やネット広告事業との親和性が高いです。このようにサイバーは今話題の事業をたくさん抱える、まさに若者に大人気の会社です。

そのため就職難易度が高い企業としても有名です。ではその待遇はいかほどでしょうか?次は実際のサイバーエージェントの就職情報についてまとめていきます。

話題のサイバーエージェント、その就職情報は?

次はサイバーエージェントの就職情報についてまとめていきます。サイバーエージェントは東証一部に上場している企業のため、多くの情報が公開されています。そこで今回は公開情報と口コミ、その他情報をまとめていきます。まず気になる年収からです。平均年収は約700万円と同業種の中では高い水準です。もちろん平均なので役職によってはかなり高い年収が期待できます。

社風としては革新的なものが多く、人材を人財とみた人を重視したマネジメントを特徴としています。創業して以来、人材の「採用・育成・活性化・適材適所」を重視した組織運営を意識し、組織に所属している人材の資質をきちんと把握することをモットーとしています。これらの特徴に加え、市場変化に頼らないM&Aをおこなわない事業拡大を特徴としています。そのため、新規事業の立ち上げが多いのも特徴です。

社内人事の特徴としては新人が力を出せる革新的なポイントが多く、積極的な異動や配置転換が特徴です。また男女問わず役職に抜擢され、新卒社長という入社1~3年の新入社員が子会社の社長に抜擢される制度が有名です。これら革新的なマネジメントが若い世代の支持を集め、今就職先として高い人気を集めているというわけです。そして気になる就職情報ですが、サイバーエージェントでは新卒既卒共に募集があります。

新卒については同業種の他社に比べると比較的多くの人数を採用しており、年間100人以上の採用実績があります。大学についても早慶や関関同立が多いですが、出身大学というよりかは応募者の実力を評価した採用に注力しています。新卒で就職を狙う人はいかにサイバーエージェントでやりたいことがあるかをアピールできることが重要になりそうですね。特にIT系に強い実績があると大きなプラスとして働きそうです。

既卒については一部転職エージェントにてサイバーエージェントの求人に取り扱いがあります。業種としてはインターネット広告事業やゲーム事業に関連するSE職、ITエンジニアが中心です。また最近はAbema TVの伸びからプロデューサー業や編集者といった事業者も多く求人が出されています。社内の既卒の割合も50%を超えると言われ、新卒以外でも働きやすい環境が充実しています。

このようにサイバーエージェントは会社としてとても魅力的です。しかし、やはり気になるのはその就職人気による倍率の高さです。新卒はともかく既卒は倍率が高いため簡単に就職するというわけにはいきません。そこで最後にサイバーエージェントの就職難易度とその対策について詳しく解説していきます。

サイバーエージェントに就職する方法、そのポイントを解説

最後にサイバーエージェントに’就職する方法を解説していきます。今回は主にスキルや能力について、またあわせて転職エージェントの選び方について解説します。ぜひ参考にしてみてください。まずサイバーエージェントに就職するために必要なスキルや能力についてです。多くの場合、サイバーエージェントに入社するには下記の4つの能力が重要です。

・主体性、行動力
・柔軟性や素直さ
・数学においての高い能力
・ネット広告への興味関心および知識

各項目について詳しく見ていきます。最初に主体性、行動力です。これについてはコミュニケーション能力と同様、最低限社会人が必要とするスキルです。与えられた仕事のみをこなす人材はあまり評価されません。そのためどの会社に転職するにもこの主体性、子行動力は必須になります。またサイバーエージェント自体が人材に力を入れることもあり、主体的に動ける人材を欲していることは想像できます。

次に柔軟さ、素直さです。これも先ほど同様、社会人には必須な知識です。特にサイバーエージェントは子会社も多く、1つのプロジェクトに対して多くの人数が協力して完遂させます。そのため柔軟さや素直さを求められる場面は容易に想像できます。こちらも必須な能力、スキルと言えるでしょう。

次に数学においての高い能力です。具体的には統計、分析、論理思考といった主にITで使われる能力の高さが重要になります。メディア事業やインターネット広告事業では数字を扱うことが高いため、これらの部署に配属される可能性がある既卒の方は必ず理解しておきましょう。またエンジニア職の場合はさらに高位の論理思考を求められる可能性があります。これらに得意という意識がある人はおすすめです。

最後にネット広告への興味関心および知識です。サイバーエージェントは多方面から事業をおこなうため、ネット広告についての知識があることに越したことはありません。特にゲーム事業はネット広告との親和性が高く、ゲームをヒットさせるという面でも必須な知識です。これらの能力は短時間で身につくものではないので、もし興味がある人は早いうちから得ておきたいですね。

そして気になるサイバーエージェントへ転職する方法ですが、基本的には転職エージェントを通じておこなうことを推奨します。一応直接サイバーエージェントに応募することも可能ですが、選考に時間がかかることが多くなります。そのためよほど自信がある人以外は転職エージェントを通じておこなうことをおすすめします。理由としては転職エージェントを通じておこなうことで、信用状が手に入る可能性が高いからです。

サイバーエージェント側も報酬を払って転職エージェントに求人を掲載しているので、転職エージェント側に選考の一部を委任しています。そのため、転職エージェントからサイバーエージェントの求人を紹介して貰えれば最低限の条件が満たされていることになります。もしサイバーエージェントへの転職を希望している人は、試しに転職エージェントに経歴書を持って相談してみることをおすすめします。

ネットメディアはミーハーな人材が好き?

実はサイバーエージェントの選考で有利になるスキルがもう1つだけあります。それは情報への嗅覚、一般的にはミーハーであることです。ネットメディアや広告の仕事において重視される能力の1つに流行りに敏感かどうかがあります。特に若者に人気なもの、ことについては重要視されやすいです。流行りの芸能人やスイーツ、小物といった知識が豊富な場合加点される傾向にあります。

もちろん、それだけでサイバーエージェントに入社はできませんが有利になることは間違いありません。もしサイバーエージェントへの転職を考えている人は、話題に敏感になるよう日々情報収集を頑張りましょう。おすすめする方法ははSNSの活用です。

まとめ サイバーエージェントに就職するのは大変

まとめとして今記事ではサイバーエージェントに就職する方法を解説しました。サイバーエージェントの企業情報や就職情報をまとめ、実際に就職するときに重要となるスキルや能力を解説しました。大人気企業であるサイバーエージェントはそれだけ就職するのが大変です。しかし、もし自信があるという人はぜひ挑戦してみてください。見返りは大きいおすすめ企業です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。