就活にパソコンは必要なのか? 欲しくなる場合とそうでない場合を紹介

かつて、就活にパソコンは絶対に必要なものでした。パソコンがなければ書類も製作できませんし、企業のウェブサイトを見ることもできなかったからです。
しかし、時代は流れて、今やパソコン自体の普及率すら下がりつつあります。では、いまだに就活の現場においてもパソコンは必要とされているのでしょうか。ここでは、就活におけるパソコンの必要性についてまとめていきましょう。

おすすめの就職サービス

就活におけるパソコンの必要性。どこで使うの?

特に若年層の生活において、パソコンは徐々にスマートフォンに立場を奪われつつあります。もちろん、パソコンにはパソコンでしかできないことがたくさんあるのですが、パソコンの存在価値を疑問視する方もいるのではないでしょうか。
そこでここでは、就活においてパソコンが活躍する場面についてまとめていきましょう。

エントリーシートの印刷/入力

エントリーシートは手書きの方が良いのかどうかという点については、いまだに多くの議論があります。ただ、企業の中にはエントリーシートはパソコンでの入力でも問題はないとしている場合もあるようです。
また、就職サポートサイトの中には複数の企業に対してデジタルで入力したエントリシートを送信してくれるサイトも存在しているため、デジタルで入力することも多くなっています。
そんな、デジタルエントリーシートを入力する上で、パソコンは非常に便利です。スマートフォンでもエントリーシートをデジタルで書くことはできますが、スマートフォンでは入力が遅くなる上にスクロールも面倒です。そこでパソコンがあれば、効率よくエントリーシートを記入できます。
また、エントリーシートを印刷する際にも、パソコンがあればデータの保存・取り出しが非常に楽なので、その点もパソコンが活躍するシーンだといえるでしょう。

ウェブテストの受験

企業の中には、志望者にウェブテストの受験を課す場合があります。こうしたウェブテストは、機密という観点、あるいは平等を期すという観点から、パソコンからのみアクセスかのうになっていることが多くあります。
そのため、自分のパソコンを持っていればウェブテストを受験するときに非常に便利です。持っていないと、ウェブテストを受けるためにネットカフェに行ったり、わざわざ学校にまで行かなければなりません。
周りに人がいる環境でテストを受けても、最高のパフォーマンスを発揮するのは難しいはずです。よって、自宅でウェブテストを受験したいと考えている場合は、ぜひパソコンを購入するべきでしょう。

就活サイトへの登録

就活サイトの中には、自分でプロフィールを入力し、そのプロフィールに応じてスカウトが来るタイプのサイトも存在しています。
こうした就活サイトに登録すると、どうしてもプロフィール欄には多く情報を詰め込む必要があるので、書く文章の量が増えてしまいがちです。
これをスマートフォンから書くと時間がかかりますし、ミスタイプも増えてしまいます。また、文章を打つのにスクロールが必要なので、見直しも面倒です。
よって、就活サイトの登録をするのなら、パソコンを持っておいたほうがいいでしょう。

就活でパソコンが必要な人の例

就活でパソコンが必要になるシーンを述べましたが、パソコンでしか受けられないウェブテストを除き、大体のことはスマートフォンで代用できます。
しかし、それでもパソコンを使ったほうがいい人はいます。以下では、スマートフォンをすでに持っている前提で、今からパソコンを購入したほうがよい人を紹介しましょう。

パソコンの方が文字を打つのが早い人

パソコンのメリットのひとつに、「文字を打つのが早い」という点があります。SNS程度の短文であればそれほど大きな違いは出ませんが、エントリーシート等の長文を書くときは、かなり大きな時間の差ができてしまいます。
特にタイピングスキルを持っている人は、パソコンで書いたほうがエントリーシートを楽に作成できます。速く作成すればよいというわけではありませんが、エントリシートにかける時間が短ければ、それだけ別のことに労力を割けます。
そういう意味で、就活にパソコンを使うことは、効率的に就活をすることに繋がるといえるでしょう。よって、タイピングができる人は、就活のためにパソコンを購入したほうが便利です。

近くに無料でパソコンを使える場所がない人

就活では、要所でパソコンを使うことになります。前述したウェブテストもそうですし、なんらかのレポートの提出を迫られたときも、やはりパソコンが必要です。
ただ、近くにパソコンが無料で利用できる施設がある場合は、こうしたレポートやデータの入力も問題なく行えます。たとえば大学のパソコンルーム、図書館、あるいはキャリアセンターなどです。
もしこうした施設がない場合は、ネットカフェなどで有料でパソコンを使わなければなりません。しかし、時間制限のある状態で与えられた課題やテストに集中しようとしても意識して集中するのは難しいでしょう。
よって、近くに無料でパソコンが使える施設のない方は、パソコンを購入し、自宅で作業ができる環境を整えることをおすすめします。こと、周りに人がいると集中力を欠いてしまうという方にはおすすめです。

仕事でパソコンを使う予定がある人

職種によって、自宅にパソコンがあることが前提となるものもあります。特に、IT系の企業や事務系の職務は、自宅でパソコンを使うことが少なくありません。
企業の待遇によっては、自宅用のパソコンを社用パソコンとして配布していますが、企業によってはパソコンを持つことが前提の職種も多いのです。
よって、そうした業界が企業に入社する予定がある場合は、自分用のパソコンを持っておきましょう。もし社用パソコンが配られた場合でも、パソコンの使い方に慣れておくのは大切ですし、実際の業務にも役立つからです。

就活用パソコンを購入するときは何を基準に選べばいいの?

就活用パソコンが必要になった場合、複数あるパソコンから理想のパソコンを選ばなければなりません。特に、普段からパソコンにふれて来なかった人からすると、何を基準にして選べばいいのか、迷ってしまうのではないでしょうか。
そんな方のために、ここでは就活用パソコンを選ぶ時の基準を紹介します。
まずはじめに決めるべきなのは、ノートパソコンかデスクトップパソコンか、です。例外もありますが、一般的にノートパソコンは持ち運びが容易で、電源コードに繋がっていなくともバッテリーで動きます。
一方、デスクトップは電気が常に供給されていなければ動きません。そのため、動画編集に使ったり、パソコンを後々拡張したいというわけでなければ、ノートパソコンを使うのがおすすめです。
次に決めるべきなのは、パソコンのOSです。一般的な家電量販店で購入できるパソコンには、それぞれ「Mac」か「Windows」のOSが入っています。
会社などでよく使うOfficeはWindowsを対象としたソフトなので、特別な理由や思い入れがない限りは、基本的にWindowsを選んだ方が無難です。
そして最後に、パソコンのスペックを決めましょう。一般的に、パソコンはメモリやCPUが校高性能であればあるほど価格が高くなります。
一般的に仕事に使われるソフトウェはそれほどメモリを消費しないので、メモリの数にはそれほどこだわる必要はありません。大体4GB程度あれば、問題なく使えます。
それ以上のメモリを求める場合は、自分のやりたいことと一致している場合のみ用意するといいでしょう。具体的には、動画編集や最新のスリーディーゲームを楽しむのなら、メモリにも気を使う必要があります。
一方、大してそうした行動に興味がない場合は、メモリ数は必要最低限で問題ありません。

就活に使うパソコンのスキル

就活では、多様なパソコンスキルが求められます。就職した後のことをかんがえれば、多様なパソコンのスキルを学んでおいて損はありありまえんが、就活中は必要最低限のものだけ学びたい、という方も多いでしょう。
そんな方のために、就活用のパソコンを使うとき、必ず持っておくべきスキルを2つ紹介します。それが、「書類製作」と「タイピング」です。

書類製作

書類製作のスキルとは、ほとんどの企業においては「パワーポイント」と「ワード」によって、文章や資料を作るスキルのことです。
就活でパワーポイントを使うことはありませんが、就活の際、ワードで何らかのレポートを提出したり、あるいは文章をまとめることは少なからずありえます。
よって、最低限ワードで文章を書き、印刷してどこかに提出する方法は知っておきましょう。加えて、データを持ち出して誰かに見せられる方法も知っておいてください。
パワーポイントの使い方に関しては、プレゼンテーションの予定があるのなら就活が終わったあとに学んでおきましょう。また、エクセルに関しても知識を持っていたほうが無難です。

タイピング

タイピングのスキルとは、キーボードで文字を打つスキルのことをいいます。パソコンの利点が素早く文字を打てることにあるので、それを最大限活用するために、タイピングのスキルをはある程度まで持っておいたほうがいいでしょう。
具体的には、キーボードを見ずに文字が打てる「ブラインドタッチ」が、特に意識せずとも出来る程度にはタイピングのスキルを磨いておいたほうがいいでしょう。

まとめ

就活をする上で、パソコンが必要になるタイミングはいくつか存在しています。例えば、書類の製作や、ウェブテストの受験などです。
また、就職してからも、自宅のパソコンで何らかの資料製作を求められることもあります。就職した後のことを見据えるのなら、就活生の間に、パソコンに関する基礎基本は覚えておいて損はないでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。