リファラル採用の事例を知ろう!成功例と失敗例を紹介!

リファラル採用はこれまでに多くの企業が導入してきました。その中には成功例もあれば失敗例もあります。そんなリファラル採用の事例について紹介しましょう。

おすすめの就職サービス

リファラル採用は豊富な事例がある

リファラル採用はこれまでに豊富な事例があります。どういった事例があるのか大まかに説明しましょう。

アメリカではスタンダードな採用手法

米国において主流な採用方法となっているのがリファラル採用です。今のアメリカではリファラル採用による採用者数が最も多くなっています。さまざまな採用経路がある中でリファラル採用は求人サイト経由のものよりも多くなっているのです。アメリカにある企業のほとんどがリファラル採用の制度を導入しています。アメリカでリファラル採用が主流となっているのにはいくつか理由があります。まず、アメリカでは転職者が多いため、リファラル採用が普及しやすい環境です。転職市場が激化しているため、その中でより優秀な人材を採用するためにリファラル採用は都合が良いのです。

日本でも導入する会社が増えている

日本では求職サイトを経由した採用が多いです。それでも海外でリファラル採用が定着しつつあるため、日本の企業もそれに注目して取り入れるケースが増えています。特に中小企業やベンチャー企業においてリファラル採用が導入されるケースが多くなっているのが特徴です。小さい規模の企業では、必要とされる人材の数が少ないため、リファラル採用でも十分に対応できます。1年に採用する人数の半数以上がリファラル採用経由という企業も存在します。

成功事例もあれば失敗事例もある

確かに日本でリファラル採用を導入して成功している企業もあるのですが、すべての企業が成功しているわけではありません。なかにはリファラル採用の導入に失敗した企業もあります。結局、従来の採用手法の方が都合は良いと考えて元に戻したというケースもあるのです。

きちんと準備をしてから導入することが大切

リファラル採用はあくまでも採用手法の1つであり、万能な方法ではありません。また、しっかりと仕組みを整えて導入しないと失敗するリスクがあります。これからリファラル採用の導入を検討しているならば、きちんと準備をしておきましょう。また、成功事例や失敗事例をチェックして、参考にすることも大切です。

リファラル採用の成功事例

リファラル採用に成功した事例はたくさん存在します。具体的に紹介しましょう。

採用人数の半分を社員経由にした

リファラル採用に成功した企業の中には採用人数の半分をリファラル採用にしたケースがあります。従来は採用した社員のほとんどが求職サイト経由だったため、それと比較すると大きな違いといえるでしょう。リファラル採用によって優秀な社員を多く採用することに成功して、それが企業を成長させる原動力になっているというケースもあります。採用人数の半数がリファラル採用というのは、アメリカの企業と同じような状況といえるでしょう。

数千万円のコスト削減に成功した

リファラル採用にはさまざまなメリットがあります。その1つがコストを削減できることです。従来の採用方法では広告費や人件費、会場費などがかかってしまいました。これらは毎年発生するコストであり、企業経営を圧迫する可能性のあるものです。リファラル採用だと採用コストを大幅に削減することができます。企業によっては、年間に数千万円のコスト削減に成功した事例もあるのです。それぐらい採用コストというのは馬鹿にならないものといえるでしょう。リファラル採用では求人サイトに広告を掲載する必要がなく、面接の数を減らすことができ、会社説明会も開催する必要がありません。会社経営においてコスト削減に悩んでいるのであれば、リファラル採用を導入するのは良い選択といえます。

半年で数百名の採用候補を集めた

リファラル採用は大人数の採用には不向きな手法といえます。それでも、きちんと制度を整えて、従業員にリファラル採用について周知して、支援ツールなども活用することで、大人数を採用することは不可能ではありません。たとえば、日本の企業の中にはリファラル採用によって、半年で数百名もの採用候補を集めたというケースもあります。多くの候補者を集めることができれば、そこから厳選することで優秀な社員をたくさん揃えることができるでしょう。採用した社員は即戦力として期待することができ、会社の成長に大きく寄与してくれます。

リファラル採用の失敗事例

リファラル採用は成功ばかりではなく失敗するケースもあります。失敗事例について具体的に紹介しましょう。

制度が形骸化してしまった

せっかくリファラル採用を導入してもうまく運用できなかったという企業はたくさんあります。リファラル採用による採用数があまり増えず、結局制度が形骸化してしまったという会社があるのです。リファラル採用を導入しようとしたときには、さまざまなメリットがあると考えてとても期待されました。しかし、実際に導入してみるとデメリットも存在していて、きちんと制度設計しないといけないため、後悔したというケースもあります。

社員のモチベーションが低下してしまった

リファラル採用は従業員に採用の手伝いをしてもらうことになります。多くの従業員が関わることになり、そのせいで従業員には余計な負担がかかってしまうのです。そのため、従業員のモチベーションを高めるための準備をしなければいけません。それを怠ってしまうとやる気がどんどん低下してしまうでしょう。たとえば、インセンティブをきちんと設けていないと、リファラル採用によって単に業務量が増えるだけになってしまい、誰も真面目に取り組まなくなります。実際にそのようなケースで失敗したという企業はあります。

緊急時の募集に効果がなかった

緊急的に人材が必要となることがあります。そんなときにリファラル採用で人材を集めようと思っても失敗するケースがあります。リファラル採用では、従業員に人材を紹介してもらう必要があるのですが、候補者が会社の望んだ通りの人材であるとは限りません。必要としている条件を満たす人材の紹介がなければ採用は全然進まなくなってしまいます。緊急時の募集にもリファラル採用で対応しようとして失敗したというケースがあるのです。リファラル採用は緊急時の募集には向いていないことを理解しましょう。

似たような人材ばかりが集まってしまう

リファラル採用の欠点として、採用する人材が似てしまうという問題があります。人は自分と似ている要素のある人に好意を抱いて仲良くなる傾向があるからです。そのため、リファラル採用を実施しても、紹介者とよく似た候補者ばかりが集まりやすいです。その結果、リファラル採用で集めた人材は既存の人材とよく似た人ばかりになってしまい、人材の多様性が失われたというケースがあります。人材の多様性が失われてしまうと思考や能力が似ている人達ばかりとなってしまうため、会社にとってマイナスの影響を与えてしまうでしょう。このような失敗事例があることを知っておいてください。

実際にリファラル採用を導入した企業の事例

日本には実際にリファラル採用を導入した企業があります。具体的な企業の例を紹介しましょう。

freee

freeeはリファラル採用を導入するにあたって強制をすることを考えていません。知人を紹介したいと思った社員が自主的にリファラル採用を活用することを望んでいるのです。その結果、今ではほとんどの採用を自社のみで行うことに成功しています。もともと求人媒体に登録していたのですが、そのときにはなかなか期待通りの応募者が現れずに悩んでいたそうです。そこでリファラル採用を取り入れる事になり成功しました。リファラル採用を導入するにあたって、友達をオフィスに招待することを認めています。また、具体的にどんなスキルを持った人材を必要としているのかきちんと社員に伝えています。このような工夫をしているため、リファラル採用に成功したのです。

エブリー

エブリーはリファラル採用を取り入れて成功している企業です。毎週、社員紹介状況を確認して、進捗状況や選考接続率などを調べて数値分析を実施しています。優秀な人材をリファラル採用で多く集められるように徹底してデータの確認を心がけているのが特徴です。そのおかげでエブリーは多くの優秀な人材をリファラル採用によって集めることに成功しました。エブリーは動画の制作や配信を行っている会社です。多職種の人材を必要としていて、即戦力を求めています。このような状況のため、リファラル採用はとても都合の良い制度だったのです。

メルカリ

メルカリでは社員がリファラル採用に取り組むことを推奨しています。リファラル採用を実施する際には多くの人に対してメルカリの良さを伝えることになります。知人などを説得する際にはメルカリの価値や目的などを伝える必要があり、その際にメルカリに対する思いが強まります。そのような効果を期待してリファラル採用を導入したことで、メルカリは単に優秀な社員を集めるだけではなく、社員の帰属意識を高めることにも成功しているのです。

また、メルカリはリファラル採用を安定して成功させるために企業のミッションとバリューを明確にすることを大切にしています。価値のある企業であり、明確なミッションを持っていることをアピールすることで、魅力のある会社であると思わせることに成功しているのです。

まとめ

リファラル採用の事例についてまとめました。成功事例もあれば失敗事例もあるのがリファラル採用です。しっかりと準備をした上で導入すれば高い効果を期待することができます。リファラル採用に注目しているならば、いろいろな事例に注目してみましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。