リファラル採用にはデメリットがある?問題点と対策を解説!

リファラル採用は新しい採用手法として注目されています。そんなリファラル採用には良い点ばかりではなくデメリットもあります。その点を意識してリファラル採用について考えてみることが大切です。そこでリファラル採用のデメリットや問題点、それへの対策について解説しましょう。

おすすめの就職サービス

リファラル採用のデメリットについて

リファラル採用にはさまざまなデメリットがあります。具体的にどういったデメリットがあるのか紹介しましょう。

大量採用には適していない

リファラル採用は大量採用に不向きである点がデメリットといえます。たとえば、大幅に欠員が生じてしまい、数十名を一気に雇いたいといったケースでは、リファラル採用を選択するべきではりません。リファラル採用は従業員が知り合いなどに声をかけて採用する手法です。そのため、多くの人材を雇おうと思うと、それだけ従業員に大きな負担をかけることになります。リファラル採用はけっして効率の良い採用手法とはいえないのです。

緊急時の募集に向いていない

緊急的に人材が必要となるケースはどんな会社でもあることです。そんなときにリファラル採用の場合は、すぐに人材を集められないケースがあります。従業員に声をかけてもらったとしても、その相手が会社に興味を持ってくれなければ次の過程に進むことができません。緊急時の募集をしたい場合には、求人サイトなどに求人を出した方が効率がよいでしょう。サイトに求人広告を掲載すれば、興味を持った人が求人に応募してくれるため、すぐに欠員を補うことができます。

紹介者への配慮が必要となる

リファラル採用では、従業員が知り合いなどに声をかけ、その人を採用することになります。リファラル採用で入社した人材は紹介者とすでに特別な関係を築いています。これは、職場に馴染みやすく、定着しやすいというメリットがあるのですが、紹介者と採用者の関係が悪化すると問題が生じやすいです。また、紹介者の用意した候補者を会社が最終的に雇わないというケースがあり、この場合は紹介者が不満を抱くケースがあります。このようにリファラル採用では紹介者をフォローすることが大切です。

人材の多様性が失われる恐れがある

人間は自分と似た存在を評価しやすいという性質があります。そのため、リファラル採用を実行しても、紹介者とよく似たようなタイプの人材ばかりが紹介されてくるというケースがよくあります。これでは、人材の性質が偏ってしまうでしょう。リファラル採用によって人材の多様性を伸ばしたいと考えているならば、きちんとした対策を取らなければいけません。何も対策を立てないとリファラル採用では自然と似たような人材ばかりが職場に集まることが多いです。

管理が難しい

リファラル採用では、きちんと管理をすることが求められます。多くの従業員がリファラル採用に関わることになるため、管理体制を整えていないと採用担当者は苦労してしまうでしょう。たとえば、それぞれの従業員がどのくらいの紹介をしたのか、実際に面接を受ける候補者はどのくらいいるのかといったデータは重要です。まだあまり紹介に成功していない社員に対してはきちんと指導することが大切です。リファラル採用で実際に面接を受ける人の数などのデータを集計して分析することによって、これからの展開を語る上でとても役に立つでしょう。

社員のモチベーションを低下させることがある

リファラル採用は従業員に新入社員の候補者を集めてきてもらう方法です。これは本来採用担当者が行う業務ですが、それを通常の業務がある社員に任せると、社員がとても忙しく業務をする状態になります。自分の本来の業務を満足にこなせなくなるケースがあるため注意しましょう。従業員に真剣にリファラル採用に取り組んでもらいたいならば、インセンティブを設けるなどの工夫が必要でしょう。

リファラル採用のデメリットを克服する方法

リファラル採用にはさまざまなデメリットがあります。そこで、そのデメリットを克服するための方法について紹介しましょう。

既存の採用方法と併用する

リファラル採用に興味があるからといって、急にすべての採用方法をリファラル採用にするべきではありません。それではリスクが大きすぎるからです。最初はとりあえず様子見でリファラル採用を取り入れてみましょう。従来の採用手法はそのままにして、補助的にリファラル採用を活用してみるのです。このような方法であれば、リファラル採用が仮に失敗したとしても企業経営に与える影響を小さく抑えることができます。リファラル採用が自社に適しているのか、どういう点を改善すればいいのか見えてきたならば、あらためてリファラル採用を本格的に行うかどうか決めればよいでしょう。

目的意識をはっきりさせる

これからリファラル採用を始めるならば、目的意識をはっきりさせましょう。どうしてリファラル採用を取り入れるのかきちんと目的を定めることが大切です。なんとなく流行っているからという理由でリファラル採用を導入しても失敗する可能性があります。本来、必要もないのに新しい制度を導入する意味はないのです。リファラル採用を実施するならば、それなりの理由があることが大切です。従来の採用手法ではなにか問題が生じていて、その問題を解決するために必要であればリファラル採用を取り入れるという流れがよいでしょう。

制度設計をきちんと行う

リファラル採用を取り入れたいならば、制度設計にこだわることは大切です。きちんとした制度を整えることによって、問題なく運用できるようになります。システムが整っていないとさまざまなトラブルが起きる可能性が高いです。トラブルに対処しなければいけないと、スムーズにリファラル採用を進めることができなくて、デメリットばかりが目立ってしまうでしょう。それではせっかくリファラル採用を始めた意味がありません。

リファラル採用の支援ツールやサービスを利用する

リファラル採用を取り入れる際には支援ツールやサービスを利用することをおすすめします。これまでにリファラル採用を実施したことがない企業にはノウハウがありません。その状態でリファラル採用を始めても失敗する可能性が高いです。従業員に余計な負担をかけてしまい不満ばかりが溜まることがあります。モチベーションを低下させてしまい効率が悪くなってしまうでしょう。

リファラル採用の支援ツールやサービスはたくさん出ています。これらを利用すると、より効率よくリファラル採用を実現できるようになります。従業員の負担を軽減することができ、管理もやりやすくなります。たとえば、リファラル採用についてプロからアドバイスを受けることができるサービスもあるのです。

積極的に情報発信を行う

これからリファラル採用をするならば、積極的に情報発信を行いましょう。まず、従業員に対して周知させることが大切です。情報を出していき、従業員にリファラル採用について正しく理解してもらうのです。また、対外的にもリファラル採用を実施していることをアピールしましょう。そして、会社に関する情報もたくさん公開していきます。そうすれば、会社の信頼度を高めることができ、リファラル採用で紹介された人にぜひとも入社したいと思わせることができます。

リファラル採用の支援ツールやサービスについて

リファラル採用のデメリットを解決するために支援ツールやサービスを利用することは大切です。それではリファラル採用の支援ツールやサービスで具体的にどういったことができるのか説明します。

ツールを利用してデータを分析できる

リファラル採用ツールではデータを集計して分析することができます。候補者や推薦者の情報を入力して一元管理することが可能です。集計したデータはグラフによって可視化することもできます。これによって、運用状況を確認することができ、問題点をすぐに認識しやすくなるでしょう。たとえば、リファラル採用に協力的な社員とそうでない社員をすぐに見分けることができます。社員の協力率などの数字を出して、パフォーマンスを把握して、ボトルネックを確認することができるのです。データを参考にしたうえで、これからどうするべきか具体的な対策を講じることもできます。

ツールやサービスによって簡単に紹介できるようになる

リファラル採用ツールやサービスでは、仕事の紹介を簡単にできるようにサポートする機能があります。たとえば、ツールをインストールすれば、スマホ上からSNSを通じて簡単にURLを友人や知り合いなどに転送できる機能があります。紹介メッセージのテンプレートが用意されていて、簡単に文章を作成することも可能です。社員は簡単なステップで紹介することができ、多くの友人や知人に対してメッセージを拡散できます。

プロによるサポートを受けられる

リファラル採用ツールを提供している会社の中には有人サポートを実施している企業があります。リファラル採用に関する豊富なノウハウを持っていて、それを共有することができるのです。リファラル採用を進める上でなにか悩みや問題があるならば、それを相談すればすぐに効果的なアドバイスをしてくれるでしょう。具体的にどのようにして改善を図ればいいのか意見を得ることができるため、それを参考にすればより良いシステムを構築することができます。初めてリファラル採用を取り入れる企業を助けてくれるのです。

まとめ

リファラル採用のデメリットについてまとめました。大量採用には適しておらず、管理が難しく、人材の多様性が失われるといったデメリットがあります。ただし、デメリットを克服するための方法も存在しているため、きちんと対策を取ることが大切です。この記事を参考にしてリファラル採用について考えてみましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。