リファラル採用を助けてくれるツールについて紹介!

リファラル採用を導入したいけれども、ノウハウがないためうまくいくかわからず不安を抱えている担当者の方は多いのではないでしょうか。そのような人のためにリファラル採用を支援するツールがたくさん出ています。そこで、リファラル採用の支援ツールについて紹介しましょう。

おすすめの就職サービス

リファラル採用にはさまざまな障害がある

リファラル採用を実施する上でいろいろな障害が存在しています。どういった障害があるのか紹介しましょう。

社員に余計な負担がかかってしまう

リファラル採用は採用に関する業務の一部を従業員に委ねる方法です。人事課ではない人間に採用に関する業務を任せることになるため、負担をかけることになります。通常の業務に加えてリファラル採用に関する業務も行わなければいけないからです。そのため、リファラル採用のせいで仕事の能率が落ちてしまう恐れがあります。できるだけ社員に負担をかけないような仕組みを作ることが大切です。

情報管理が難しい

リファラル採用を実施することになると、多くの従業員から次々と候補者の紹介を受けることになります。そのため、情報管理の負担が増えてしまう点に注意しましょう。どの社員からどんな候補者が紹介されたのか、それぞれの候補者の面接の日程調整などもする必要があります。きちんと情報をまとめるためのシステムを整えておかないといけません。

社員の協力を得られない

従業員が必ずしもリファラル採用に好意的であるとは限りません。従業員の中にはリファラル採用を余計な業務と考えていて、それに協力することを拒むケースも出てくるでしょう。モチベーションが上がらず、やる気を出してくれないというケースが考えられます。そういった社員にもきちんと協力してもらえるようにインセンティブを用意するなど対策が必要です。

形骸化する恐れがある

リファラル採用をせっかく取り入れてもそれが会社でうまく活用されないケースが考えられます。システムを整えて実際にリファラル採用を始めただけでは不十分です。常に改善を考えて、試行錯誤を繰り返していくことが必要です。そうしないとせっかくの新しい制度が形骸化してしまいます。

リファラル採用ツールを利用するメリット

リファラル採用を進める上で支援ツールを利用するメリットについて解説します。

活動データを定量化できる

支援ツールを利用するとリファラル採用の活動データを定量化することができます。たとえば、実際に紹介された数やそこから選考に至った割合などの数値をわかりやすく把握できます。データを簡単に入力することができて、ツールによって自動的に集計されます。わかりやすいグラフで表示してくれる機能などを持ったツールは多いです。

状況に応じて対策を講じることができる

リファラル採用ツールは単にデータ集計に使えるだけではなく、それぞれの状況に応じて具体的な対策を講じることができるような機能が整っています。たとえば、データを分析して改善策を提示してくれるようなツールもあるのです。ツールを利用することで、リファラル採用に関するノウハウがなくてもトラブルを解決することができます。

また、ツールの中には人事採用のプロからサポートを受けられるサービスも存在しています。リファラル採用についてさまざまな悩み事を相談することができ、それぞれの状況について対策方法を提案してもらえます。

社員の負担が軽減される

リファラル採用では多くの社員に大きな負担をかけることになります。そこで、ツールを利用することで、それぞれの工程について負荷を軽減することができるのです。たとえば、ツールに連絡先を入力すれば、テンプレで文章を用意することができ、それぞれの連絡先に一斉送信することもできます。社員に対して一斉に情報をリアルタイムで告知することも可能です。

豊富な機能を利用できる

リファラル採用のツールはたくさん出ています。それぞれの企業から独自性の強いツールが出ているのが特徴です。豊富な機能が用意されていて、それらを使いこなすことによって、リファラル採用をスムーズに進められます。それぞれの目的に合わせて最適な機能を備えたツールを選ぶとよいでしょう。リファラル採用のツールを活用してできることはたくさんあるのです。

リファラル採用ツールの機能

リファラル採用ツールにはさまざまな機能が用意されています。それでは具体的にどういった機能があるのか紹介しましょう。

スマホに対応している

多くのリファラル採用ツールはスマホに対応しています。パソコンやタブレット、スマホなどで利用することができてとても便利です。たとえば、外出先でもスマホからツールにアクセスしてさまざまなデータをチェックしたり入力したりすることができます。リファラル採用では候補者と社外で会うことが多いです。会食をして、そこで会社に関する情報を説明することもあります。そんなときには、リファラル採用ツールをいつでも確認できると便利でしょう。そういった需要にも対応してスマホで使える採用ツールが多いです。

SNSによる通知ができる

リファラル採用ツールの中にはSNSと連動した機能を有しているものがたくさんあります。たとえば、SNSによって通知ができる機能を持っているツールがあるのです。SNSと連携させることができ、ワンクリックで紹介することができます。これによって、効率よく自分の知り合いなどに紹介することができるでしょう。リファラル採用では多くの人材に誘いをかけることが大切です。ツールを用いることで連絡をする際の工数を大幅に軽減することができます。

求人情報を取り込める

求人情報を簡単に取り込める機能を持ったツールがあります。求人票を取り込んで、それを対象の社員に送ることなどが可能です。ツールで求人を共有することができるため、担当者はリアルタイムで自社の求人をチェックして、それを紹介するときに活用することができます。ツールを用いることでリアルタイムで更新することもできるため、手間がかかりません。

グラフで分析できる

リファラル採用ツールでは入力したデータを分析できる機能を搭載したものがあります。リファラル採用の推進状況を可視化することができるため、現状を確認して、今後どうするべきか方針を立てるのに役立ちます。また、その数値をプロに見てもらって改善のためのアドバイスをもらえるというサービスもあります。推進状況などのデータをすべての社員で共有することも可能であり、それを見てモチベーションを高める従業員が増えることを期待できます。リクルーターのステータスを確認することも可能です。それぞれのステータスに応じて分析や告知することができます。

リファラル採用ツールの選び方

リファラル採用ツールは多くの企業から出されています。その中からどれを選べばいいのか悩むケースは多いでしょう。そこで、リファラル採用ツールの選び方について解説します。

料金プランを確認する

リファラル採用ツールの料金プランはそれぞれの製品ごとに大きく異なっています。利用する企業の状況に応じて異なる料金プランが適用されるケースもあります。詳しいことについては、気になっているツールを提供する企業の担当者に問い合わせてみましょう。料金プランについてはサイトで公開していないところも多いです。カタログを用意している会社もあるため、詳しく調べてみましょう。

基本的にサービス内容が充実しているほど料金は高くなります。最低限の機能で十分であれば料金を抑えることは可能です。事前によく情報を調べて、自社に適したツールを選ぶことが大切です。

実績をチェックする

そのツールをこれまでにどのくらいの企業が利用したことがあるのか実績を確認するのは大切です。多くの実績のあるツールであれば信頼性が高いです。提供が始まったばかりであまり実績のないツールを利用するのは避けましょう。多くの導入実績のあるツールであれば、必要な機能が揃っていて、サポート体制もしっかりしているところが多いです。わざわざ実績のないツールを選択してもリスクが高いでしょう。リファラル採用ツールのサイトをチェックすれば、導入実績についてわかりやすく掲載しているところが多いです。有名な企業や大手の企業が導入しているツールであれば安心です。

使いたい機能があるかどうか確認する

リファラル採用ツールにはさまざまな機能が搭載されています。その中には必要な機能もあれば、そうでない機能もあるでしょう。自分たちにとって必要な機能があるかどうかが重要です。余計な機能がたくさんついていても、肝心の機能がないツールを利用するのは意味がありません。ツールが紹介されているページをよく確認して、どういった機能が搭載されているのか把握してください。たとえば、社員のモチベーションを高めたいならば、ランキング機能のあるツールが出ています。ランキングを見てトップを目指そうと社員が考えるようになれば、リファラル採用を促進することにつながります。

口コミや評判を調べておく

リファラル採用のツールについては口コミや評判を調べておくことをおすすめします。実際に利用した人の感想や評価を知ることは大切です。どういった評価を受けているのか確認することで、ツールを選ぶときの参考にすることができます。ネットで検索してみることで、口コミなどを集めることが可能です。ただし、口コミや評判などは主観的なものなので、それだけを参考にするのはやめましょう。あくまでも判断材料の1つとして考えてください。

まとめ

リファラル採用のツールについてまとめました。リファラル採用を導入する際に発生するさまざまな問題を解決してくれるツールが出ています。いろいろな機能があり、リファラル採用をスムーズに進められるようになるでしょう。リファラル採用の導入を検討しているならば、ツールの利用を考えてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。