リファラルリクルーティングに注目!メリットや導入時の注意点を紹介

リファラルリクルーティングが注目されています。これまでにない新しいタイプの採用手法です。実際に活用したいと考えている人は多いのではないでしょうか。そこで、リファラルリクルーティングのメリットや導入するときの注意点などについて解説します。

おすすめの就職サービス

リファラルリクルーティングとは

リファラルリクルーティングとは何なのか解説しましょう。

紹介や推薦を通じて採用すること

リファラルリクルーティングとは紹介や推薦によって人材を採用することです。たとえば、従業員からの紹介によって新しい社員を雇うというケースがあります。従来の採用方法では求人サイトなどに広告を掲載してそちらに応募してもらい、応募者に面接などをして採用者を決めるという方法が一般的でした。従来の方法とは異なり、リファラルリクルーティングでは、従業員などに人材を紹介してもらい、すぐに面接などを実施して採用するかどうか決めます。この方法にはさまざまなメリットがあるため注目されているのです。

アメリカの多くの企業で導入されている

リファラルリクルーティングが盛んに実施されているのはアメリカの企業においてです。アメリカでは一般的な採用方法になりつつあり、従来の採用方法よりもリファラルリクルーティングによる採用のほうが多いという会社はたくさんあります。社会に定着していて、受け入れられているのです。

日本でも導入する企業が増えている

海外でリファラルリクルーティングが流行っているため、日本の企業の中にもこの新しい採用方法に注目するケースが増えています。実際に採用方法の1つとして取り入れている会社が増えていて、とても話題になっているのです。

SNSやソーシャルメディアが活用される

近年になってリファラルマーケティングが注目されるようになったのは、SNSやソーシャルメディアの発展によります。リファラルマーケティングを実施するときにSNSなどが積極的に活用されているのです。これによって、従来よりも効率よくリファラルマーケティングができるようになっており、優れた人材を採用することに成功している企業は多いです。

リファラルリクルーティングのメリット

リファラルリクルーティングのメリットを紹介します。

採用のミスマッチを防ぐ

従来の採用方法の問題の1つとして就職したあとのミスマッチの問題があります。実際に就職してみると会社の仕事や雰囲気などが自分の想像していたものと違ったため、すぐに退職してしまう若い社員がいます。そのようなケースが増えてしまうと社員の定着化ができなくなってしまい、大きな損失となるでしょう。そこで、リファラルリクルーティングの出番となります。リファラルリクルーティングによって採用された社員は離職しにくいとされているのです。

従業員が社員にならないかと誘い、その際には会社の正確な情報を候補者に伝えることができます。そのため、候補者は会社のことをよく理解した上で面接を受けるかどうか決めることができるのです。その結果、採用後にミスマッチが生じることを未然に防げます。

採用コストを抑えられる

従来の採用方法ではさまざまなコストが発生しました。たとえば、求人サイトに求人を載せてもらうためには広告費を支払う必要があります。会社説明会を実施するならば、会場費や人件費がかかるでしょう。こういった費用を抑えることができるのがリファラルリクルーティングの特徴です。従業員を通じて候補者を集めることになり、広告費がかかりません。大きな会場を用意して会社説明会をする必要もなくなり、この点でもコストカットになります。

転職活動をしていない層にもアプローチできる

求人サイトに求人を掲載しても、そこに応募するのは真剣に就職や転職活動に取り組んでいる人だけです。リファラルリクルーティングの場合は、現在仕事を辞めて何もしていない人などにもアプローチできます。従業員の人脈を利用することにより、転職市場に出てこない人を採用できる可能性があるのです。

社員の結束を高められる

リファラルリクルーティングで採用された社員は、紹介者の知り合いであるケースが多いです。この場合、すでに社内に知り合いがいる状態で採用されるため、スムーズに職場に定着することができます。社員が結束を固めやすい環境となるのです。

リファラルリクルーティングのデメリット

リファラルリクルーティングには悪い点もあります。どういったデメリットがあるのか説明しましょう。

人間関係が悪化する恐れがある

リファラルリクルーティングで採用した社員は、すでに紹介者との関係性があります。知人同士がよく集まってグループ化してしまう場合があり、それによって人間関係に悪い影響を及ぼすケースがあるのです。たとえば、自分が紹介して採用された社員ばかりをえこひいきするというケースもあります。採用したあとの人間関係について十分配慮することが企業には求められるのです。

人材の幅が狭まるリスクがある

人は自分と似ている人に好意を抱くものです。また、自分と似た要素のある人を高く評価してしまいます。そのため、従業員が紹介した人材は、その従業員とよく似た要素を持った人材であることが多いです。そのような候補者をどんどん採用してしまうと、人材の幅が狭まってしまうでしょう。既存の人材とよく似た人材ばかりを採用することになり、人材の多様性が失われてしまうのです。これでは、今までにないものを生み出したいときの障害になります。新しい要素を求めて人材採用を進めたいのであれば、上記の点に注意しましょう。

紹介者が退職すると影響が出る

自分を紹介してくれた人があとになって退職するケースがあります。紹介者が退職すると、残った社員に影響が出る恐れがあるのです。たとえば、退職した紹介者の後を追って、その人も会社を辞めてしまうケースがあります。自分を会社に紹介してくれた人に対して恩義を感じていると、その紹介者が辞めたあとに自分は会社に残り続けるという選択をしにくいです。あくまでも紹介者に義理があるだけで、会社には何も愛着がないというケースもあります。

また、紹介者が退職することで、人間関係のトラブルが起きてしまうこともあるでしょう。自分を紹介してくれた人とばかり仲良くなってしまい、紹介者が退職すると職場で孤立してしまったというケースもあります。

採用状況がわかりにくい


リファラルリクルーティングは従業員に採用活動を委ねることになります。どういった人材を集めて会社に紹介するのか、細かなところまで管理するのはなかなか大変です。そのため、採用状況が現在どのような状態になっているのかなかなかわかりにくいというデメリットがあります。

どの社員が協力してくれているのか、それぞれの社員がどういった人材を紹介したのか、実際に採用された社員はどれくらいいるのかといった情報をきちんと管理できる体制を整えましょう。

リファラルリクルーティング導入時のポイント

これから会社にリファラルリクルーティングを導入する際のポイントについて解説します。

きちんと仕組みを整えておく

リファラルリクルーティングを実践するためにはきちんとシステムを整えておくことが大切です。まず、社内規則にリファラルリクルーティングの業務について記します。どういったルールで運用するのか、どのくらいの報酬を与えるのか、報酬を受け取る条件をどうするのかといったことを規則に盛り込みます。また、どのような管理体制でリファラルリクルーティングを進めるのか決めることも大切です。こういった仕組みを整えておくことで、トラブルなくリファラルリクルーティングを実現できます。

専用ツールを活用する

リファラルリクルーティングの導入をサポートするための専用ツールがあります。こちらを利用することでスムーズに新しい制度を導入して運用することができるでしょう。たとえば、社員が簡単に人材を紹介できるようなシステムを組み込めます。メッセージをテンプレートで作成して、SNSやメールなどで簡単に紹介メッセージを送ることが可能です。社員の参加率や応募率、メールの送信率などのデータを管理するのにも役立ちます。プロによる支援のサービスを用意している専用ツールもあります。これからリファラルリクルーティングの導入を検討しているならば、専用ツールの利用を考えてみましょう。

従来の採用方法と並行して実施する

リファラルリクルーティングは一長一短のある採用方法です。万能な方法ではないため、その点には注意しましょう。いきなりすべての採用をリファラルリクルーティングにするのはリスクがあります。リファラルリクルーティングは大人数を採用するのには向いていません。すべてをリファラルリクルーティングにした結果、予定した人数を採用できなくなるケースも考えられるのです。

そこで、採用方法については従来のものとリファラルリクルーティングを併用して活用することをおすすめします。そうすれば、2つの方法のデメリットを互いに補い合うことができます。

紹介する社員を厳選する

リファラルリクルーティングはすべての従業員に任せるというわけではありません。仮にすべての社員に任せてしまうと、それぞれのモチベーションや技術などに違いがあります。そこで、人材の紹介を任せる社員は厳選することをおすすめします。人を見る目があり、会社のことを理解していて、本当に信頼できる従業員にリファラルリウルーティングを任せるとよいでしょう。そうすれば、優秀な人材の紹介を受けることができます。

まとめ

リファラルリクルーティングについてまとめました。従業員に人材の紹介や推薦をさせて採用をするという方法です。こちらの方法をうまく活用するとメリットがたくさんあり会社に大きな利益をもたらします。この記事を参考にしてリファラルリクルーティングについて理解してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。