リファーラルマーケティングとは?意味や効果、コツを紹介!

最近はリファーラルマーケティングが注目されるようになっており、この言葉を聞く機会が増えています。実際にリファーラルマーケティングに興味のある人は多いのではないでしょうか。しかし、具体的にどういった意味なのかよく理解していない人もいるはずです。そこで、リファーラルマーケティングとは何なのか、その意味や効果、コツなどについて紹介します。

おすすめの就職サービス

リファーラルマーケティングとは?

リファーラルマーケティングについて基本的なことを説明しましょう。

リファーラルは紹介・推薦

リファーラルマーケティングのリファーラルとは「referral」のことです。こちらには委託や紹介、推薦といった意味があります。このリファーラルを取り入れたマーケティング手法のことをリファーラルマーケティングと呼んでいるのです。

リファーラルマーケティングはマーケティング戦略の一種

企業においてマーケティング活動はとても重要なことです。そこで、さまざまなマーケティング戦略が生まれました。その中の1つとして最近になって注目されるようになったものがリファーラルマーケティングです。

従来のマーケティングでは、企業が積極的に商品やサービスの宣伝活動を行っていました。それが、リファーラルマーケティングの場合は企業が主体となって宣伝活動を行わないのが特徴です。リファーラルマーケティングでは宣伝をする主体となるのは消費者です。

このようなマーケティングが可能になったのは、SNSが発展したことが大きな理由とされています。個人が不特定多数の人に対して情報を発信できる時代になったため、リファーラルマーケティングという新しいマーケティング手法が生まれました。

リファーラルマーケティングのメリット

現在、多くの企業が実践しているリファーラルマーケティングにはさまざまなメリットがあります。具体的にどういったメリットが存在しているのか解説しましょう。

企業と紹介者とユーザーにそれぞれメリットがある

リファーラルマーケティングでは企業にとって大きなメリットがあるだけではなく、紹介者にとってもメリットがあるのが特徴です。たとえば、紹介者に対して報酬がもらえる制度を用意する企業は多いです。これによって、紹介者は報酬を受け取るために積極的に商品やサービスの宣伝に取り組むようになるでしょう。また、紹介者によってアピールされた商品を実際に購入したユーザーにとってもメリットはあります。ユーザーは質の高い商品を手に入れることで満足できます。キャンペーン情報をいち早く知ることができて、お得に商品やサービスを享受することも可能なのです。このようにリファーラルマーケティングは関わるすべての人にとってメリットが大きくなっています。

広告費を抑えることができる

リファーラルマーケティングを取り入れることで企業は広告費を抑えることができるというメリットがあります。企業にとって広告費の負担はとても大きいものです。できることならば広告費を削減したいと考えている企業はたくさんあります。リファーラルマーケティングでは、多くの紹介者に自主的に商品やサービスのアピールを任せることができます。
SNSや口コミによって情報が拡散されていくため、大きな宣伝効果を期待できるのです。

新たな顧客を獲得できる

リファーラルマーケティングではSNSを主に活用することで不特定多数の人に商品やサービスの情報が広まるようになります。これによって、これまでにターゲットにすることが難しかった層にも働きかけることができるのが大きなメリットです。リファーラルマーケティングを取り入れることで新たなファン層を獲得できるかもしれません。

購入可能性が高まる

リファーラルマーケティングは口コミを主体としたマーケティング戦略です。多くの人は口コミを参考にして商品やサービスを選ぶ傾向にあります。企業の宣伝よりも個人の感想のほうが重視されるのです。そのため、リファーラルマーケティングによって商品やサービスのことを知った人は、実際に購入する割合が大きくなるでしょう。従来の宣伝方法よりも購入に結びつく可能性が高くなるのです。

リファーラルマーケティングの具体例

リファーラルマーケティングの具体的な例について紹介しましょう。

友達紹介のキャンペーンを実施する

リファーラルマーケティングでは、友達を紹介することで報酬を受け取れるキャンペーンを実施することが多いです。報酬を設定することで、友達紹介をするモチベーションを高めることができます。たとえば、友達を1人紹介するごとに現金を受け取れたり、ポイントが配布されたりするのです。あるいは、限定商品やサービスを受けられるといったキャンペーンも存在します。紹介者にとって魅力的なキャンペーンを準備することで、多くの紹介を促すことができるでしょう。

グッズを作る

魅力的なグッズを作ってそれを配布するという方法があります。たとえば、オシャレなデザインのステッカーを配布すると、それを受け取った人は普段使っているものに貼り付けてくれるかもしれません。そのステッカーを見た人は、その企業の商品やサービスについて認知するようになります。これによって、自然と多くの人に宣伝することができるのです。

SNSを活用する

リファーラルマーケティングを実践する上でSNSは欠かすことができません。多くの企業がSNSを積極的に活用してリファーラルマーケティングに取り組んでいます。たとえば、商品の写真をSNS上にアップすることで報酬を受け取れるキャンペーンを展開するケースです。多くの人がキャンペーンを目的としてSNSに写真をアップしてくれます。その写真は不特定多数の人の目に入るため、大きな宣伝効果を期待できるのです。

インフルエンサーに広告を依頼する

最近はインフルエンサーと呼ばれる人がたくさんいます。多くのフォロワーを抱えていて影響力の強い人です。そういうインフルエンサーに広告宣伝を依頼すると高い宣伝効果を期待できるでしょう。インフルエンサーに実際に商品やサービスを利用してもらい、その感想をSNSで発信してもらうのです。それを見た多くのフォロワーが商品やサービスに注目するようになります。

リファーラルマーケティングのコツ

実際にリファーラルマーケティングをする上でのコツについて紹介しましょう。

市場の調査・分析を行う

リファーラルマーケティングをするならば、まずは市場の調査と分析をしっかりと行いましょう。これはあらゆるマーケティングにおける基本となることです。市場についてしっかりと調べることによって、どのような需要が存在するのか、どんな嗜好を持った層がいるのか知ることができます。これを調べた上でマーケティング戦略について具体的に考えるべきです。

ターゲットを明確に定める

どんなマーケティング手法を採用するにしてもターゲットを明確に定めることは大切です。闇雲に多くの層を狙ったとしても、成功することはなかなか難しいです。特定のターゲットに絞ることによって、そのターゲット層に強く働きかけることができる戦略を考えることができます。

どんな価値を提供できるのか考える

リファーラルマーケティングでは、価値を多くの人に共有してもらうことが大切です。そこで、企業として商品やサービスを通じてどんな価値を提供できるのか考えましょう。これまでにない新しい価値であり、世間の需要に強く応えたものであることが望ましいです。

情報を定期的に発信する

リファーラルマーケティングでは情報を定期的に発信することが大切です。新しい商品やサービスの情報、キャンペーンの情報などを逐一発信していきましょう。そうすることで、多くの人に最新の情報を届けることができます。また、情報をたくさん発信している方が企業としての安心感や信頼感を高めることにもつながるのです。

リファーラルマーケティングの注意点

これからリファーラルマーケティングに取り組む上での注意点について紹介します。

時間をかけて計画を立てる

リファーラルマーケティングはじっくりと時間をかけて取り組むことが大切です。流行っているからといって安易に飛びついてリファーラルマーケティングを取り入れようとしても失敗する可能性があります。時間をかけてじっくりと戦略を練り、確実な計画を立てることが成功の鍵となるのです。

成功事例や失敗事例を参考にする

これまでにすでに多くの企業がリファーラルマーケティングに取り組んできました。その中には成功した例もあれば、失敗した例も存在するのです。そういった過去の事例を参照することを忘れないでください。特に失敗例は重要であり、それを反面教師にして戦略を立てていきましょう。リファーラルマーケティングは万能な戦略ではなく、失敗するケースも多く見られるのです。

万能な方法ではないと理解する

リファーラルマーケティングはマーケティングの1つの方法であり、絶対的な効果が保証されているわけではありません。また、どんなに優れた戦略を採用したとしても、肝心の商品やサービスに魅力がなければ意味はないです。最終的にマーケティングが成功するかどうかは、商品やサービスの魅力、企業の信頼度などによります。このような基本的な点をおろそかにしないように注意してください。リファーラルマーケティングに取り組む前に魅力的な商品やサービスを生み出すことにまずは力を注ぎましょう。

まとめ

リファーラルマーケティングについてまとめました。最近は多くの企業が取り入れていて、定着した戦略となっています。消費者に商品やサービスの紹介をしてもらい、口コミを中心として広めていく戦略となります。リファーラルマーケティングにはメリットが多くあるのですが、失敗したケースも存在します。この記事を参考にしてリファーラルマーケティングの導入を検討してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。