企業研究のやり方を紹介!ノートにまとめる方法を解説します

企業研究を進める際にはノートにまとめておくことをおすすめします。そうすればさまざまなメリットがあるからです。それでは企業研究をノートにまとめる方法を解説しましょう。

おすすめの就職サービス

企業研究ノートのやり方を知ることは大切

企業研究ノートのまとめ方を知っておくことは大切です。その理由について紹介しましょう。

企業研究をまとめたものが企業研究ノート

就活の準備のために企業研究が大切であると知っている人は多いでしょう。そんな企業研究をする際にはノートにまとめておくことをおすすめします。企業研究ノートを作成することで、就活をするときにとても便利だからです。

企業選びに役立つ

企業研究ノートを作っておくとこれから企業選びをするときに役立ちます。就活の際には自分の希望する条件がそれぞれあるでしょう。それを満たしている企業を選んで応募します。しかし、単に求人条件を見て企業を選ぶのはリスクがあります。もっとそれぞれの企業について深く知ったうえで選んだ方がより自分に合った企業を選ぶことができるでしょう。そのために企業研究ノートを作っておくことが役に立ちます。

面接やESの対策にもなる

企業研究ノートを作っておくとこれから就活で面接やESを受けるときにも役立ちます。たとえば、企業の志望動機を聞かれることは多く、その際にはそれぞれの企業について深く知っていることが大切です。企業研究ノートを作成しておけば、それぞれの企業の強みや魅力、事業内容などをすぐに確認できます。それらの情報を踏まえたうえで回答を作成することで説得力のある内容にすることができるでしょう。

正しいやり方でノートを作成しよう

企業研究をするときにノートを作成することは大切です。ただし、そのときにはノートの作成の仕方に注意しましょう。正しいやり方で企業研究ノートを作成することで、そのノートは本当に価値のあるものになるのです。

企業研究ノートの基本的なやり方

企業研究ノートを作成するための基本的なやり方について紹介します。

企業の基本情報を調べてまとめる

まずはそれぞれの企業について基本的な情報をまとめるところから始めるとよいです。それぞれの企業の従業員の数や資本金、所在地、設立年度など分かる範囲で基本的な情報はすべて調べてまとめておくとよいです。これらの情報はそれぞれの企業を比較するときに約立ちます。これからどの企業に応募するか選ぶときには、基本情報をまずはチェックすることになるからです。

展開する製品やサービスを明確にする

それぞれの企業がどのような製品やサービスを展開しているのか知っておくことは大切です。その企業の顔といえる代表的な製品やサービスについて知っておくことは最低限必要なことです。実際に面接やESを受けるときには、その企業の製品やサービスについて知っていることを前提とした質問がされることもあります。そんなときにしっかりとした回答ができるように、企業の製品やサービスについては代表的なものをきちんと押さえておくとよいでしょう。

企業や業界の展望を考える

企業選びをする際にはその企業の将来性が気になるものです。将来性のない企業に就職するのはリスクがあるからです。そのため、それぞれの企業の将来性について調べてみましょう。その企業が一体未来に対してどのような展望を抱いているのか調べてみるのです。そして、その企業が今後どのように成長していくのか考えてみましょう。また、その際には企業だけではなく業界全体の展望や将来性について思いを馳せてみることも大切です。これから成長する可能性のある業界に就職することを目指しましょう。

求められている人材を調べる

それぞれの企業が求人を出して求めている人材は異なっています。必要とされる人材のタイプが違うことに注意しましょう。そのため、企業研究を進めるときには、それぞれの企業で一体どのようなタイプの人材が必要とされるのか調べておくことが大切です。求められている人材像を調べておけば、自分がそのタイプに適しているかどうか判断することができます。求められているタイプがわかれば、自分をそのタイプに合わせることもできるでしょう。面接などの際には企業が求める回答ができるようになります。

企業研究ノートの項目のやり方

実際に企業研究のノートを作成する際にはさまざまな項目を設定しています。どういった項目を用意してどんな情報を記入すればよいのか紹介しましょう。

企業名や業界名

まずはそれぞれの企業の名前や業界の名前をきちんと記入しておきましょう。その際にはきちんと調べて企業の正確な名称を記入しておくことが大切です。企業の名前を正確に知っているつもりでも、実は誤解しているケースがあります。企業名を間違えてしまうのは致命的なミスとなってしまうため注意しましょう。面接やESで正確な企業名を答えられることは最低限のマナーといえます。

企業や業界の規模

その企業や業界の規模について記入しておきましょう。企業の規模については、どのくらいの従業員がいて、どのくらいの売上があるのかを記入しておくとよいです。その際にはできるだけ最新の情報をまとめておいてください。数年前の古い情報では現在とのズレが生じてしまいます。また、業界全体の規模について把握しておくことも大切です。その業界にどのくらいの企業がいて、どのくらいの売上があるのかを調べておきましょう。

事業内容

その企業が展開している事業内容について正確に調べておきましょう。特に大きい企業だとさまざまな事業を幅広く展開していることが多いです。それぞれの事業について把握しておきましょう。また、実際に自分が就職するとしたら、具体的にどの事業に関わりたいのか決めておくことも大切です。自分がその企業で働いているところをイメージしながら事業内容について調べることをおすすめします。

企業の魅力

その企業が同業他社と比較したときにどういった魅力があるのかまとめておきましょう。どんな企業にも独自の強みがあるものです。それを正確に理解しておくことは就活において大切なことです。たとえば、面接でその企業の強みについて説明することを求められるかもしれません。きちんと根拠のある回答ができるように用意しておくことが大切です。企業の魅力については、企業の公式サイトや求人サイトなどをチェックしておくとよいです。また、自分なりにその企業の魅力について分析してみるのもよいでしょう。

企業の将来性

その企業の将来性に関する項目を用意しておきましょう。具体的に将来その企業がどのような状態になっていくのか予測して書いておきます。これは自分で分析をして書く必要があるため難しいかもしれません。それでも、企業選びの際に企業の将来性について考えておくことは大切なため、きちんと項目を用意して内容を埋めましょう。

企業研究ノートのやり方のポイント

実際に企業研究ノートを作る際のポイントについて紹介します。

ルーズリーフにまとめると便利

企業研究ノートを作るときは情報をルーズリーフにまとめておくことをおすすめします。普通のノートに作成すると不便だからです。ルーズリーフであれば1枚1枚わけることができます。そのため、後で並び替えをしたり、一部を処分したりすることも可能です。面接に行くときには、その企業の情報をまとめたルーズリーフのみを持参すればよいでしょう。このようにルーズリーフはとても利便性の高いもののため、企業研究ノートを作るときにとても役に立ちます。

情報は加筆修正していくべき

企業研究ノートは一度作成したらそれで終わりではありません。定期的に新しい情報を収集して加筆修正していきましょう。ひょっとしたら以前書いた内容が間違えていたというケースもあるからです。会社説明会などに参加して新しい情報を得られたというケースもあるでしょう。そういうときにどんどん情報を足していくことによって、より完璧な企業研究ノートを作ることができるのです。就活をしていて気づいたことについてメモをしておくことも大切です。さまざまな情報を加筆していくことで、より価値のある企業研究ノートが完成します。

会社説明会やOB訪問などを積極的に活用する

企業研究ノートを作成するときには会社説明会やOB訪問などを活用することをおすすめします。これらに参加することでいろいろな情報を集めることができるからです。参加できる機会があるならば、積極的に情報収集を集めるチャンスを生かしましょう。その際にはメモを用意して、気になる情報があればきちんと記録しておきます。そして、後で企業研究ノートに書いておくことを忘れないでください。事前に自分である程度企業研究をしておけば、その企業について疑問点が生じることがあります。会社説明会などの際に質問をしておき、自分の疑問を解消することも大切です。

企業研究ノートを作りっぱなしにしない

企業研究ノートをこれから作る際には、それは後で就活に役立てるものであることを意識しましょう。企業研究ノートを作って、そのまま放置しておくことがないように注意してください。せっかく企業研究ノートを作成しても、それを就活に生かすことができないのはもったいないです。それではせっかく労力をかけて企業研究ノートを作成した意味がありません。企業研究ノートは就活で使うために作成するものであり、積極的に活用しましょう。就活で悩んだときには企業研究ノートを振り返ることで問題を解決できるかもしれません。

まとめ

企業研究のやり方としてノートを作成するためのポイントをまとめました。これから企業研究を始めたいと考えている人はぜひとも参考にしてください。質の高い企業研究ができれば、きっと就活に役立ちます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。