企業研究のやり方とは?基本的な方法や注意点などを解説!

就活のために企業研究をやりたいと考えている人は多いでしょう。しかし、どのように進めればいいのかわからず悩んでいる人もいるはずです。そこで、企業研究の基本的な方法や注意点などについて説明します。

おすすめの就職サービス

企業研究のやり方に注意するべき

企業研究はとても重要なものですが、ただやれば良いというものではありません。企業研究を行う際に意識しておくべきことを紹介します。

企業研究はとても重要

企業研究は就活の準備としてとても重要なことです。企業に関する情報を集めて整理し分析をするのが企業研究です。企業研究を通して、その企業について詳しくなることができます。企業研究をしっかりと行うことで採用に有利となるでしょう。また、これからどの企業に応募するのか選ぶ際にも企業研究で得られた情報が役に立ちます。普段、普通に生活しているだけでは、なかなか企業の実情を知ることができません。そのような状態で就活に取り組んだとしても失敗する可能性が高いです。そこで、企業研究をしっかりと行うことで、その企業の事業内容や商品、社風、強みなど細かい部分まで理解することが大切です。

やり方を間違えると逆効果になる

確かに企業研究をすることは大切なのですが、その際にはやり方に注意することも重要です。間違えた方法で企業研究を進めたとしても、企業について間違ったイメージを持ってしまう可能性があります。その状態で就活に取り組むと失敗することがあります。たとえば、面接の際に見当外れなことを発言してしまうリスクがあるのです。そういったリスクを避けるためにも企業研究のやり方の正しさにこだわることは必要となります。

企業研究をうまくできれば採用される可能性が高くなる

企業研究をしっかりとやっておくことによって、その企業に採用される可能性が高くなります。特に面接やESにおいて気の利いた回答ができるようになるからです。その企業についてよく調べていることが伝われば大きなアピールとなります。あなたの真剣度を伝えることができるでしょう。真剣に企業研究をしている就活生を採用したいと多くの企業は考えているのです。

企業研究の基本的なやり方

企業研究をするための基本的なやり方について解説しましょう。

企業に関する情報を集める

企業研究に取り組む際には、まず企業に関する情報をしっかりと集めることが大切です。いろいろな情報をできるだけ広く集めることを心がけましょう。その際には幅広い媒体にアクセスして情報を集めることが大切です。たくさんの情報を集めておけば、その企業への理解を深めることができます。より価値のある企業研究ができるようになるのです。

企業の強みを把握する

企業研究ではそれぞれの企業の強みについて把握することが大切です。それぞれの企業は業界内において独自性を発揮しているため生存しています。何らかの強みがあるからこそ企業は発展することができるのです。企業の強みとは、他の企業にはない要素に他なりません。そういった要素が何なのかを探すことが企業研究では大切です。積極的に強みをアピールしている企業もあれば、強みがわかりにくい企業も存在します。多くの情報を集めて他の企業とも比較してみることで、企業の強みが見えてくるでしょう。

企業の理念や社風を理解する

企業に就職する際には、その企業の雰囲気が気になるでしょう。企業ごとに理念や社風は異なっていて、それが企業の雰囲気の違いとなります。そのため、自分が働きやすい環境の企業に就職したいのであれば、事前に理念や社風について理解しておくことが大切です。理念や社風といったことは企業のホームページを見るだけではなく、インターンやOB訪問なども通して把握できます。

企業で働く人について知る

その企業で働いているのがどういった人達なのか知ることは大切です。これは自分の働きやすさに関係してくるからです。自分の価値観と似たような人が集まっている企業であれば、離職せずに長く勤めることができるでしょう。たとえば企業の中には体育会系の雰囲気が色濃い企業があります。年功序列がしっかりとしていて、上司の言うことに逆らえないような企業があるのです。一方で年齢による差がなく新入社員でも気軽に意見を言えるような会社も存在します。こういった企業の雰囲気は、そこで働いている人達の気質に影響されることが多いでしょう。企業研究を通してどういったタイプの人が多く働いているのか調べてください。

企業研究の重要なやり方!情報収集の方法を紹介

企業研究において情報収集は最も重要な過程といえるでしょう。そこで、情報収集の具体的な方法について紹介します。

企業のサイト

企業の公式サイトは情報収集をするときにまずアクセスするべきところです。公式サイトの情報は基本的に最新の情報でありどれも正確性が保証されています。企業の公式サイトならばさまざまな情報が掲載されていて、その企業のことをよく理解できるでしょう。ただし、企業によってはサイトにあまり情報が掲載されていなかったり、更新が頻繁に行われなかったりすることがあります。しかし、そのような企業は責任感がなくやる気がないと考えられるため、応募先の候補から除外してもよいでしょう。

新聞やニュース

企業に関する報道が新聞やニュースで行われることは多いです。報道の中ではその企業についてさまざまな情報が記載されています。たとえば、新しい事業を展開するときに記事になることがあります。不祥事についてスクープされることもあるでしょう。企業の良い情報から悪い情報まで新聞やニュースには網羅されているのです。ネットを活用すれば特定の企業に関する過去の記事を閲覧することもできます。いろいろな記事に注目してみましょう。

説明会やインターンシップ

会社説明会では企業に関するさまざまな情報を集めることができます。企業の人事の人が説明会で企業について基本的なことを説明してくれます。資料をもらうことができて、さらに質問する時間まで与えられることもあります。

また、インターンシップに参加するのもよいでしょう。インターンシップでは実際にその企業で働いてみることができます。現場で働くことができるため、その企業の内部事情に詳しくなるでしょう。どのような環境が整っていて、どんな雰囲気でみんなが働いているのか間近で感じることができるのです。

生の声

その企業で働いている人達の生の声を聞くことは大切です。たとえば、OB訪問の機会を利用してみましょう。その企業で働いている先輩から詳しい話を聞くことができます。その企業に関して疑問や興味を持っていることについて何でも質問してみるのです。また、自分が気になる企業に知り合いが勤めているならば、その人から直接話を聞いてみるとよいでしょう。生の声を聞くことができて、それは他の方法では得られない貴重な情報となります。

企業研究のやり方に関する注意点

実際に企業研究をするにあたって注意するべき点について紹介します。

企業研究を就職対策に生かす

企業研究はあくまでも就職対策に生かすために行うことです。企業研究をすることを目的としてはいけません。最終的に企業研究を生かして就職に成功することを目的としましょう。このような目的意識を持って企業研究することが大切です。ただ漠然と企業研究を進めていても、あまりよい結果は生まれません。どうして自分は今企業研究をしているのか常に自問自答しながら進めることをおすすめします。そうすれば、あなたの行う企業研究は意味のあるものになるでしょう。また、企業研究を終えたならば、就活対策に積極的に生かしましょう。

企業研究にこだわりすぎない

企業研究をすることは大切ですがそればかりにこだわりすぎるべきではありません。特に完璧主義の人は注意しましょう。企業研究はこだわろうと思えばとことんまでこだわることができるものです。しかし、あまりこだわりすぎたとしても、たいして就活に影響を与えることはありません。ある程度のところで企業研究を終わらせて就活対策に取り組むべきでしょう。企業研究はあくまでも準備段階であることを理解するべきです。企業研究を頑張りすぎることはかえってマイナスになる可能性があります。

企業研究ノートを作成する

企業研究をするときにはその内容をまとめるためにノートを作成することをおすすめします。ノートにしておけば、後でいつでも確認することができるからです。気軽に持ち運ぶことができるため、たとえば、面接の前に内容をさらっと確認することもできます。ルーズリーフにしておくと更に持ち運びやすくなり、管理しやすくなるでしょう。ルーズリーフならば、順番を入れ替えることが可能であり、整理するのもやりやすいです。もちろん、パソコンで作成してもよいのですが、その場合はプリントアウトしておくとよいでしょう。

企業研究は継続して行う

企業研究は継続して行うことが大切です。就活の準備として行うものですが、実際に就活が始まってからでも企業研究は継続します。たとえば、会社説明会に参加したならば、そこでいろいろな話を聞くでしょう。そこで得られた情報を企業研究ノートに加えていくのです。就活をしていく中で新たに得られた情報や気づいたことなどはその都度、企業研究ノートの方に記載しておきましょう。そうすれば、企業研究ノートはさらに充実した内容になっていきます。就活の最後の段階まで企業研究のことを意識しておくことは大切です。

まとめ

企業研究のやり方についてまとめました。情報収集の方法や注意点などについて説明しています。これから就活を始めるつもりの人はぜひとの参考にしてください。企業研究のやり方が就活に大きな影響を与えます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。