企業研究ノートとは?目的や作り方、作成のポイントなどを解説!

企業研究ノートは企業研究をする際にとても重要なものです。これがあれば就活の際にはとても役に立ちます。そこで、企業研究ノートを作る目的や作り方、作成の際のポイントについて紹介しましょう。

おすすめの就職サービス

企業研究ノートとは

企業研究ノートとはそもそも何なのか基本的な点について説明します。

企業研究の内容をまとめたノートのこと

企業研究をした結果をまとめたノートのことを企業研究ノートといいます。企業研究をする際には、ノートという形にしてまとめておくと便利です。ノートがあればいつでも持ち運ぶことができて、確認しやすいです。就活でとても役に立つでしょう。

面接やESの対策に使える

企業研究ノートを作っておくと面接やESの対策に利用することができます。たとえば、面接ではその企業や業界について深く理解していることが求められます。事前にしっかりと企業研究ノートを作っておくと、対策を容易に進めることができるでしょう。ESについても、事前に企業研究ノートを作って内容を確認しておけば書きやすいです。たとえば、志望動機を考える際には、その企業について深く理解していると説得力のある回答ができます。

企業を絞るのに活用できる

これからどこの企業に応募するべきか決めるときにはとても迷ってしまうものです。その際に企業研究ノートがあると、企業を絞るときの役に立ちます。それぞれの企業の強みや弱み、求めている人材像などを比較することができるからです。自分の企業選びの軸を意識して、自分の求める要素が揃っている企業を見つけ出すのに企業研究ノートは使えます。

就職してからのミスマッチを避けられる

企業研究ノートで企業についての理解を深めておけば、就職したあとのイメージを深めることができます。そうすれば、実際に就職してからミスマッチが生じるのを防ぐことができるでしょう。企業に対する思い違いを防ぐのに企業研究ノートは役に立ちます。

企業研究ノートの作り方

これから企業研究ノートを作成する際の具体的な方法について紹介します。

企業の基本的な情報を集める

企業研究ノートを作るためには企業に関する基本的な情報を集めるところから始めるとよいです。企業の設立年度から資本金、従業員数など基本的な情報を押さえておくことは大切です。基本情報からその企業の業界内における立ち位置や事業規模などを知ることができます。企業選びや企業同士の比較の際にも基本的な情報を知っておくことは重要です。

業界について調べる

企業研究ノートでは企業のことだけではなく業界のことについても書いておくとよいです。業界についていろいろと調べてみて、その結果をまとめておきましょう。そうすれば、その業界がどういうところなのか、その業界内でその企業はどのような立場となっているのかなどがわかります。面接やESなどにおいても業界について知っていることは重要です。たとえば、業界について詳しく知らないと回答できないような質問を受けるケースもあります。本番で慌てないためにも業界について深く調べておきましょう。

商品やサービスを明確にする

その企業が取り扱っている商品やサービスについての情報をまとめましょう。その企業の代表的な商品やサービスを知っておくことは大切です。また、商品やサービスがどのようにして開発されたのかも調べておくとよいでしょう。これらの情報は企業の志望動機を考える上で役に立ちます。面接やESでは、企業の商品やサービスを知っていることは最低限要求されることです。たとえば、面接で企業の商品に関する質問を受けることがあるかもしれません。

将来の展望について考える

その企業のこれからについて予測しておくことは大切です。実際に就職しても、すぐに潰れてしまっては意味がないからです。将来性のない事業を展開している企業に応募するのは避けたほうが良いでしょう。それぞれの企業がこれからどんな事業展開を考えているのか調べて、将来性があるかどうか判断してみるとよいです。

求めている人物像を考える

それぞれの企業が求めている人物像は大きく異なります。企業の求める人物像の条件を自分が満たしているならば、採用される可能性は高くなるでしょう。そのため、求めている人物像を知ることは企業選びで重要となります。求人情報などをチェックして、どういった人材が求められているのか調べてみましょう。

企業研究ノートの項目

企業研究ノートにはさまざまな項目を用意しなければいけません。どういった項目が必要とされるのか紹介しましょう。

企業名や規模

企業研究ノートにはそれぞれの企業名をしっかりと記載しておきましょう。正確な企業名を書いておくことは大切です。そうしないと後で読み返したときに混乱してしまうことがあります。世の中にはよく似た企業名の企業が存在するため注意しましょう。また、それぞれの企業の規模についての情報を記載しておくことも大切です。従業員の数や資本金、売上などの数字を記入しておくとよいでしょう。

事業内容や業務内容

企業研究ノートにはその企業の事業内容や業務内容について具体的に記載しておきましょう。事業内容については企業のホームページを確認すれば詳細が記載されているはずです。業務内容については求人ページに詳しく書かれていることが多いです。また、会社説明会やセミナー、インターンなどに参加することで業務内容に関してより詳しい情報を得ることができます。OB訪問などで実際に働いている人達から仕事のことについて詳しく聞くことも大切です。業務内容を深く理解しておかないと面接対策などで説得力を持たせることができなくなるため力を入れましょう。

強みや魅力

それぞれの企業の強みや魅力についてまとめておくことは大切です。同業他社と比較したときにどんな強みや魅力があるのか具体的にまとめておきましょう。ほかの企業にはないその企業独自の要素について列挙しておくとよいです。たとえば、企業のホームページで自社の強みについて語っているというケースは多いです。また、企業研究や業界研究をしっかりと行っていたならば、それぞれの企業の強みを自然と理解できるようになります。自分が応募する際にその企業でなければいけない理由を考えることで、強みや魅力が見えてくるでしょう。

現状の課題や将来性

どんな企業であっても現状において何らかの課題を持っているものです。その課題を認識しておくことは大切です。また、その企業の将来性についても思いを馳せてみましょう。せっかく就職した会社がどんどん業績悪化してしまったのではその企業に就職した意味がありません。そのような事態を避けるためにも、その企業の今後について考えてみることは大切です。たとえば、近年の利益の推移や社員の平均年齢、業界の売上推移などを調べてみることで、将来性について考えることができます。

企業研究ノート作成のポイント

これから企業研究ノートを作成するためのポイントについてまとめました。

常に情報を更新していく

企業研究ノートは作ったままにしておくべきではありません。情報は常に変化していくものだからです。そのため、企業研究ノートの内容は定期的に新しい内容に更新していくとよいでしょう。情報を集めて変化した部分については修正してください。新しい情報を入手したならば、その分を加えるとよいでしょう。そうすれば、より完璧な企業研究ノートを完成させることができます。企業研究ノートの内容に誤りがあると面接対策などに失敗するため注意しましょう。

作っただけで満足しない

企業研究ノートのようなものは一度作成して完成すると満足感があります。達成感が生じて、その時点で満足してしまい、放置してしまうことが多いです。しかし、企業研究ノートをただ作成しただけでは何の意味もありません。きちんと活用することで初めて意味を持つのです。そのため、作っただけで満足するのではなくて、きちんと就活に活用しましょう。特に面接やESなどの対策に役立つものです。

ルーズリーフで作成すると便利

企業研究ノートは普通のノートで作成してもよいのですが、それよりもルーズリーフのほうが便利です。ルーズリーフであればそれぞれの紙を分けることができるため、後で分類するときに役立ちます。また、不要になったものは取り除くこともできます。ルーズリーフであればページを入れ替えることもできます。また、面接などのときには、その企業の情報が書かれたルーズリーフだけを持参すればよいため楽です。

イラストや図解なども入れる

企業研究ノートを作成するときには文字の羅列になってしまうのを避けましょう。それではあとから確認するときにわかりにくいです。イラストや図解なども入れておくと良いでしょう。表やグラフなども積極的に活用して、視覚的にわかりやすい形でまとめることをおすすめします。そうすれば、企業研究ノートはより価値のあるものとなります。

逐一メモを残す

企業研究ノートを作成するときには余白を残しておくのがポイントです。そうすれば、後で気がついたことがあったときに簡単にメモを残しておくことができます。たとえば、会社説明会やインターンなどに参加したときに気づいたことや重要な情報などを余白にメモしておくとよいです。メモを残しておくことでそこに書かれた情報が後で役に立つかもしれません。

まとめ

企業研究ノートについてまとめました。企業研究をするときにその結果をまとめておくためのものが企業研究ノートです。企業研究ノートをうまく作成して活用することができれば、就活でとても役に立ちます。就活を成功させるために企業研究ノートはとても便利なものです。この記事で紹介したことを参考にして企業研究ノートを作成してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。