企業研究とはなにか?目的ややり方、ポイントをまとめました!

企業研究をするのは就活で大切なことだとよくいわれています。しかし、企業研究といっても具体的に何をすればいいのかわからない人も多いでしょう。そこで、企業研究の目的ややり方、ポイントについてまとめました。

おすすめの就職サービス

企業研究の目的とは?

企業研究は何のために行うのかその目的について解説します。

応募企業を選ぶため

これから就活したいならば、どこの企業に応募するのか選ぶ必要があります。しかし、それぞれの企業の違いをきちんと理解していないと、なかなか応募先を決めることができません。そこで役に立つのが企業研究です。しっかりと企業研究をしているならば、それぞれの企業の違いを明確に理解できます。自分の企業選びの軸をもとにして、企業研究の結果を確認することで、どこの企業に応募すればいいのかみえてくるでしょう。

面接やES対策になるから

しっかりと企業研究をしていると面接やESの対策になるというメリットがあります。面接ではその企業について深く理解していることを前提とした質問を受けることがあります。それに対してしっかりと回答するためには企業研究をきちんと行っていることが大切です。また、ESを作成するときにも、企業研究で集めた情報はとても役に立ちます。その企業のことをよく理解していれば、ESで効果的な文章を作成することができるでしょう。

就職後のミスマッチを防げる

就職後に実際に働いてみて想像と違っていたために退職するというケースは珍しくありません。こういう自体を防ぐために企業研究をすることは大切です。しっかりと企業研究していたならば、その企業についてよく理解しており、業務内容や社風、雰囲気などをわかった上で就職できます。これならば就職後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

企業研究の進め方とは?

実際に企業研究を進めるための方法について具体的に紹介します。

企業の情報を集める

企業研究を行うためにはそれぞれの企業について詳しい情報を集めることが大切です。企業の基本的な情報からもっと深い内容まであらゆる情報を揃えておきましょう。集められる情報やデータは多ければ多いほどよいです。たくさんの情報を持っていれば、その企業についての理解を深めることができ、分析をする際にも役立ちます。企業の情報を集めるのには時間がかかるため、企業研究は早めに取り掛かることをおすすめします。面接などの直前になって慌てて企業研究を始めるのでは遅いです。

業界内での位置づけを調べる

その企業が業界内においてどのような位置づけにあるのか調べておくことが大切です。たとえば、業界でトップシェアを得ているのか、それともニッチな分野で支持されているのかなどを調べておきましょう。業界内で一体どのような役割を果たしているのか、他の企業とどのような関係があるのか詳しく知っておくことは大切です。これは企業の志望動機などに深く関わってくるからです。面接では業界内の位置づけをしっかりと理解していることを前提とした質問がなされることもあります。

業界他社との違いを比較する

その業界内において他社とどのような違いがあるのか比較することは大切です。企業研究のためにしっかりと情報を集めていたならば、それぞれの企業の特徴を正確に理解しているでしょう。そのときに他社との違いに注目してみます。どういった違いがあるのか深く探ってみましょう。違いを比較することで、自分はどの企業に応募すればいいのかが見えてくるでしょう。また、他社との違いを把握することで面接やESの対策にもつながります。志望動機を答える際には他社との違いについて説明できれば説得力が増します。

今後の展望について調べる

企業研究ではそれぞれの企業の現在にだけ注目してはいけません。未来のことにまで思いを馳せることが大切です。それぞれの企業が今後どのような成長を果たすのか、どんな展望を持っているのか調べてみましょう。そうすれば、企業の将来性を知ることができます。就活の際にはできるだけ将来性のある企業に応募することが大切です。企業が今後の展望についてどのように考えているのか調べることは、企業選びにとても役立つでしょう。

企業研究の情報源とは?

企業研究をする上でどこから情報を集めるのか考えることは大切です。そこで、企業研究の情報源について紹介しましょう。

企業のホームページ

企業について情報を集める際には公式のホームページをチェックするのが1番良いです。公式で発表している正確な情報をチェックすることができるからです。また、企業のホームページを見て、その企業の質を確かめることもできます。頻繁に情報が更新されている企業はとてもやる気があり信頼できると考えられます。逆にほとんど更新されておらず、古い情報しか掲載されていない企業は応募するのを避けたほうがよいでしょう。

新聞やニュースサイト

新聞やニュースサイトなどにはさまざまな企業の情報が掲載されています。たとえば、企業が新製品や新サービスを発表したならば、それがニュース記事として掲載されているからです。地方の企業に応募する予定ならば、その地方の新聞をチェックしてみると企業に関する情報を集められます。ニュースサイトでは、企業名で検索をしてみれば、過去のさまざまな記事をチェックすることができるでしょう。良い記事もあれば、中には過去の不祥事などに関する記事もあるかもしれません。企業にとってマイナスになるような情報もきちんと集めておきましょう。

就職支援サイト

就活をしている人の多くは何らかの就職支援サイトに登録しているものです。たとえば、求人サイトにはさまざまな企業の情報が網羅されています。企業研究や業界研究に役立つ記事がたくさん掲載されているサイトがあるのです。そちらをチェックすると、企業について詳しい情報を得られるでしょう。企業や業界について分析をしているような記事もあります。企業研究をする上で参考になる情報をたくさん得られるため、就職支援サイトはぜひチェックしましょう。

書籍

さまざまな企業や業界の情報が網羅されている書籍があります。そちらを参照すれば、いろいろな企業の情報を一度に得ることができるでしょう。また、それぞれの企業が出版した書籍をチェックすることも大切です。たとえば、開発秘話などが書かれている書籍であれば、現場がどのような雰囲気であり、どういった仕事をしているのか詳しいことがわかります。

会社説明会

会社説明会には積極的に参加しましょう。そこではホームページや書籍などでは得られない情報を集めることができるからです。実際にその企業で働いている人から生の意見を聞く機会もあります。現場の声を聞くことによって、企業に対するイメージをもっと深めることができるでしょう。パンフレットなど資料を受け取れることも多いため、効率よく企業の情報を集められます。

OB訪問

OB訪問をすることによって、その企業の情報を効率よく集めることができます。実際にその企業で働いているOBから情報を集めることができるためとても効率がよいです。OBにいろいろな質問をしてみることで正直な意見を聞くことができます。フランクな雰囲気で会話できることが多いため、気になることは積極的に聞いてみるとよいでしょう。

インターンシップ

企業のインターンシップには積極的に参加しましょう。企業の情報を集めるためにとても良い機会になるからです。インターンシップに参加してみることで現場の雰囲気がわかります。実際に企業の業務に関わってみることができ、自分が入社して仕事をするときのことをイメージしやすいでしょう。

企業研究の活用法

企業研究をした結果を活用するための方法について紹介します。

自分の希望と合っているかどうか分析するために活用する

企業研究はその企業の実態と自分の希望が合っているかどうか確かめるために活用できます。その企業について詳しく理解できたならば、自分が望んでいる条件が揃っているかどうか調べられるでしょう。もし自分の希望と一致しない部分があるならば、その企業に応募するのをやめればよいです。企業研究で詳しい実態を知ったからこそ、その企業に応募したくなくなったということはあります。逆に企業について詳しく調べた結果、これまでに興味がなかったけれども、実際に応募してみたくなったというケースもあります。

企業研究を踏まえて説得力のある志望動機を考える

これから企業に応募する際の志望動機を考える際に企業研究は役立ちます。その企業の良さをしっかりと理解しているからこそ、その点を志望動機に盛り込むことができるのです。企業について詳しく理解していれば、説得力のある志望動機を考えることができます。志望動機を説明する際には、その企業の事業や社風、環境などについて調べた成果を盛り込むようにしましょう。よく調べてきたと採用担当者に感心されるような志望動機を伝えることができます。

逆質問を考える

面接を受けるときには、企業側からの質問だけではなく、応募者であるあなたの方から質問する機会が与えられることがあります。このときにはしっかりと気の利いた質問をできるようにしましょう。その企業について深く調べてきたのであれば、いくつか疑問が思い浮かぶはずです。逆質問では調べればすぐにわかるようなことを聞くべきではありません。安易な質問をすると逆効果になるため、事前に企業研究をしていることが大切です。

まとめ

企業研究について基本的な点をまとめました。これから就職活動をするならば、企業研究をするのは避けては通れません。しっかりと企業研究すれば面接やES対策となり、就職後のミスマッチを避けることにもつながります。時間に余裕のあるうちに企業研究を開始しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。