企業研究シートを作ろう!書き方やポイントを徹底解説!

これから就活をする上でぜひとも作っておくべきものが企業研究シートです。それでは企業研究シートをどのように作成すればいいのでしょうか。書き方や具体的なポイントについて紹介しましょう。

おすすめの就職サービス

企業研究シートとはなにか

そもそも企業研究シートとは何なのかをまとめました。

企業研究をした結果をまとめたもの

就活において企業研究は大切なことです。企業に関してあらゆる情報を収集して分析することを企業研究といいます。そして、企業研究の成果をまとめたもののことを企業研究シートというのです。そこには、企業の特徴や社風などがわかりやすくまとめられています。そのため、後で確認するときにとても便利です。

企業ごとの特徴を比較することができる

企業研究シートの特徴として、それぞれの企業の特徴が列挙されているため、比較がしやすいという点があります。就活する際にはどの企業に応募するべきか迷ってしまう人が多いでしょう。そういう人は企業研究シートを活用することで応募する企業を絞るときに役立ちます。

自己PRや志望動機づくりに役立てることができる

企業研究シートを作っておくとこれから就活で自己PRをするとき、志望動機を考えるときに役立てることができます。企業研究シートに集められている情報をもとにして就活の質問にどのように答えるのか考えられるのです。

就活の準備として企業研究シートを作ることが大切

これから就活を始めたいと考えているならば、しっかりと企業研究シートを作成しましょう。そうすることによって、就活に万全の体制で臨むことができます。就活を突破するために重要なことです。

企業研究シートの内容

企業研究シートには具体的にどういった内容が書かれるのか紹介しましょう。

企業の基本的な情報を書き込む

企業研究シートにはまずそれぞれの企業について基本的な情報を書き込みます。それぞれの企業の従業員の数や資本金、本社のある場所などデータを記入していきましょう。こういった基本的な情報についても、企業選びをする際には役立つものです。それぞれの企業の基本的な情報を比較するだけでも、いろいろなものが見えてくるでしょう。

事業や商品、サービスなどについて書く

企業研究シートでは、それぞれの企業が展開している事業や商品、サービスについても詳しく書いておきましょう。大きな企業だとさまざまな事業を複数展開しているケースも珍しくありません。その場合はそれぞれの事業についてできるだけ詳しく書いておくのです。商品やサービスについてはすべて記入するのは量がたくさんあるため難しいかもしれません。その場合は、その企業を代表する商品やサービスについてのみ書いておくとよいです。どのような種類の商品やサービスを用意しているのか、後で自分で見たときにわかりやすいものにしておきましょう。

強みや弱みを書く

それぞれの企業を研究していると、その企業の強みや弱みが見えてくるものです。自分なりに考えてわかった企業の強みや弱みについてきちんと記載しておきましょう。どんな企業にも独自の強みと弱みを持っているものです。それらを書いておくと、後で企業同士を比較するときに役立ちます。企業選びをする際にも、それぞれの企業の強みと弱みを踏まえたうえで考えることができるのです。強みや弱みは業界内で同業他社と比較したときに顕著に目立つものを書いておくとよいでしょう。企業自身が自分たちの強みを大きくアピールしていることが多いです。逆に弱みについては、企業の情報を調べているだけではなかなか見えてこないため、業界研究をして自分で見極めていく必要があります。

社風や求める人材像などを書く

それぞれの企業の社風についてもきちんと記入しておきましょう。どういった社風であるのかは企業選びでとても重要です。自分でそこで働くことになったときに、仕事しやすい環境が整っているかどうか判断するために役立ちます。また、その企業の求めている人材像についても書いておきましょう。これは求人情報などをチェックしていれば説明されていることが多いです。自分がその企業の求める人材像と一致している必要があるため、自分が採用される可能性があるかどうか判断するために役立ちます。

企業研究シートの作り方

実際に企業研究シートを作るための方法についてコツを紹介します。

比較表にするとわかりやすい

企業研究シートでは業界内で他社と比較をすることができるのがメリットです。そのため、比較表を作成しておくとよいでしょう。同じ表の中でそれぞれの企業について項目を埋めていくのです。事業内容や企業理念、強み、弱みといったデータを表の中に埋めていきましょう。そうすれば、それぞれの企業の違いが一目瞭然となります。自分の企業選びの軸と照らし合わせながら表で企業同士を比較することによって、自分に向いている企業がどこなのかわかるようになるでしょう。

ワードやエクセルなどで作成する

企業研究シートは紙のノートを使って作成するという方法があるのですが、それは面倒です。そこで、ワードやエクセルなどを用いて作成することをおすすめします。パソコン上で作成するほうがデータを入力しやすく、あとから簡単に訂正することもできます。表を作成する場合には、後で簡単に項目や企業を追加することもできるのです。データを分析するためにもパソコンでやったほうがわかりやすいでしょう。ワードやエクセルであれば、タブレットなどを用いていつでもどこでも確認することができて便利です。

ネット上で企業研究シートのフォーマットをダウンロードできる

企業研究シートのフォーマットはそれぞれが自由に考えて作成してよいものです。たとえば、ワードやエクセルを用いて自分でフォーマットを作る人はたくさんいます。しかし、これまでに企業研究シートを作ったことがないと、一体どういうものを作成すればいいのかわからないという人も多いでしょう。そういう場合はネット上で企業研究シートのフォーマットを探してみることをおすすめします。無料でフォーマットが公開されていることもあり、そちらをチェックして参考にすれば便利です。入手したフォーマットについては、不便な部分は自分で修正することもできます。

企業のホームページなどを調べて集めた情報を記入する

企業研究シートを書くためのフォーマットを用意することができたならば、そちらに情報を記載していきましょう。その際には企業のホームページなどで集めた情報を記入します。できるだけ正確な情報源から得られたデータを記入することが大切です。また、あまり長文を書いてしまうと後で確認しにくくなってしまうため、できるだけ簡潔な内容でまとめることが重要です。特に企業の理念や事業内容、将来性といったものについては、長々と文章で書いてしまうことが多いため注意しましょう。簡潔な内容にまとめておくことも就活でとても役に立ちます。

企業研究シートのポイント

企業研究シートを実際に作成する際のポイントをまとめました。

作成しただけで安心しない

企業研究シートを作成すると達成感があります。その時点で満足してしまうことがあるため注意しましょう。企業研究シートは後でそれをチェックして就活に役立てるために作成するものです。ただ義務感で企業研究シートを作ってそれで終わりというものではありません。せっかく時間をかけて苦労して企業研究シートを作ったのに、それを活用しないのはとてももったいないことです。無駄にしないためにも企業研究シートをいろいろな場面で活用しましょう。

企業研究シートをもとにして面接の回答を考える

これから面接に挑む際には企業研究シートに書かれている内容を踏まえて回答を考えることをおすすめします。面接の質問というのは、応募者が企業について本当に理解しているのか、真剣に応募しているのかチェックするために行われます。そのため、きちんと企業研究をしていることが理解できるような回答をすることが大切です。その際に企業研究シートがとても役に立つのです。想定されるそれぞれの質問に対してどのように回答するのが正解なのかを企業研究シートを踏まえた上で考えてみるとよいでしょう。充実した企業研究シートを作成していたならば、面接の回答を考えるのは簡単なことです。

企業研究シートに新しい内容をどんどん足していく

企業研究シートは一度作成したものをそのままにしておいてはいけません。企業の情報は常に更新されていくものだからです。そのため、定期的に企業研究シートの内容を見直していき、古くなっている情報は新しいものにしましょう。また、新たに得られた情報があるならば、その内容を足していくことが大切です。たとえば、会社説明会やインターン、OB訪問などでより深い情報を得られることがあります。そういった情報も企業研究シートに書き加えておくことで、より価値のある企業研究シートを得ることができます。

会社説明会やインターンに積極的に参加する

企業研究シートの内容を豊かなものにするためにはたくさんの情報を集めることが大切です。そのために会社説明会やインターンに積極的に参加することをおすすめします。そうすれば、多くの情報を入手することができます。より深い情報を入手してそれを企業研究シートに反映させましょう。インターネット上にある情報だけでは浅い情報しか入手できません。就活イベントに参加することで、実際にその企業で働いている人の言葉を聞くことができます。それはとても参考になるでしょう。

まとめ

企業研究シートについて基本をまとめました。これから企業研究シートを作成したいと考えている人はぜひとも参考にしてください。きちんとした企業研究シートを作成することができれば、それはきっと役に立つでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。