会社選びの軸はなんですか?決め方と回答のポイント!

就活では、会社選びの軸はなんですかと質問されることがよくあります。こう聞かれてどのように回答すればいいのかわからず悩んだ経験のある人は多いでしょう。そこで、会社選びの軸はなんですかと聞かれたときのために、決め方や回答のポイントについて紹介します。

おすすめの就職サービス

「会社選びの軸はなんですか?」と聞かれることが多い

就活で会社選びの軸について聞かれることが多いです。どうしてこういった質問が行われるのかその理由について説明します。

定番の質問の1つ

就活では面接を受けることになり、その際にはさまざまな質問を受けることになります。基本的に質問はどこの会社でも似たようなものであり、定番の質問が存在しています。そんな質問の1つが「会社選びの軸はなんですか?」というものです。

ミスマッチを防ぐために質問される

会社選びの軸について聞かれる理由の1つが、ミスマッチを防ぐためです。会社選びの軸を確認することで志望動機がわかります。その内容から、面接を受けている就活生が会社に適しているかどうかある程度判断できるのです。ミスマッチが起きてしまうとすぐに辞められてしまいます。それは会社にとって大きな損失となるため、それを防ぐためにあらかじめ面接で質問することで確かめるのです。

目的意識や長く働く気があるのかなどがわかる

会社選びの軸を聞くことによって、就活に対する目的意識を確認できます。きちんとした目的を持って就活しているならば、会社選びの明確な軸を示すことができるからです。真剣に働く気があるかどうかも会社選びの軸に対する答え方によって予想することができるでしょう。

しっかりと対策をしていないと答えることができない

会社選びの軸はその場の思いつきですぐに答えられることではありません。しっかりと対策をしていないと答えに窮するでしょう。そのため、面接でよく聞かれることが多いのです。

「会社選びの軸はなんですか?」という質問に答えるために準備をしよう

どんな企業の面接でも会社選びの軸について聞かれる可能性は高いです。この質問に答えるための準備の方法について解説します。

企業研究や業界研究をしっかりと行う

いきなり会社選びの軸を考えようとすることはおすすめしません。何の情報も得ていない段階で考えようとしても失敗する可能性が高いからです。まずは企業についてしっかりと理解することから始めましょう。そのために企業研究や業界研究をきちんと行うことが大切です。企業について知ることで、どのような企業あるのか、それぞれの企業の違いについても理解できるようになり、そこから企業選びの軸を考えられるようになります。

自分の本音を知ろう

会社選びの軸とは、あなたが企業を選ぶときに何を重視するのかということです。したがって、あなたの本音から出てくるものといえるでしょう。あなたは企業に何を求めているのか、どういった環境や待遇で働きたいのかよく考えてください。自分の本音を探ることによって、自分が何を求めているのかが見えてきます。

わかりやすく伝えるための工夫をする

会社選びの軸について、なんとなくイメージを掴むことができたならば、それをわかりやすく伝えるためにまとめましょう。自分で理解できるだけでは不十分であり、他人に理解できるような形で伝えることが大切です。具体的な内容にして、きちんと根拠を示せるようにしましょう。説得力のある内容にすることによって、面接で自信を持って答えることができ、その内容は好意的に受け止められるでしょう。

何度も練習をしておく

会社選びの軸が決まったならば、それを正確に伝えるために何度も練習しておきましょう。自然と口をついて出るようにすることが大切です。事前に作成しておくだけでは不十分であり、それを自信満々に伝えられるようになりましょう。そのためには何度も練習をすることが効果的です。実際に言葉に出してみることで、初めて気がつくこともたくさんあります。途中でおかしな点に気がつくこともあるでしょうが、そのときにはすぐに修正しましょう。そして再び練習を繰り返すのです。このような作業をしていくうちに、会社選びの軸を完璧な内容にすることができます。

「会社選びの軸はなんですか?」に対する回答例

実際に面接で聞かれたときのために回答例を紹介します。

能力やスキルを軸とする

自分の持っている特別な能力やスキルを生かすという方向性を会社選びの軸にするパターンがあります。大学の専攻で特別なスキルや知識を学んでいたならば、その専門性を生かせる環境を求めていると答えれば、これは立派な会社選びの軸となるでしょう。その際には具体的にどういった専門性があるのかきちんと説明することが大切です。そして、自分の持つ専門性をきちんと応募した企業で生かすことができることを納得させます。そうすれば、会社選びの軸に説得力を持たせることができるでしょう。応募先の企業が求めている能力やスキルがあることをアピールすることを心がけてください。

やりがいや社会貢献度を軸にする

やりがいのある仕事をしたい、社会貢献ができる仕事をしたいという方向性を会社選びの軸にすることができます。この場合は、応募先の企業が社会に対して大きく貢献できる事業を展開していることが条件となります。なおかつ自分の持っている専門性が、世の中の役に立つものであるとアピールできるとよいでしょう。面接で伝えるときには、応募先の企業の製品やサービスが社会で必要とされているものであり、社会の問題を解決するのに貢献できるものであると説明するとよいです。そのような事業を展開している企業であれば大きな社会貢献ができると考えて応募したと答えます。

企業理念や社風を軸にする

それぞれの企業は独自の理念や社風を掲げて営業しているものです。そんな企業理念や社風に注目するというやり方があります。企業理念を魅力に感じた、社風に惹かれたから応募したと伝えましょう。たとえば、顧客のことを第一に考えている社風に共感して、自分もそのような社会人でありたいと思ったと答えるのです。その際には自身の体験を交えた上で伝えると説得力が増すでしょう。たとえば、自分がお客として利用したお店で素晴らしいサービスを受けて、お客さんを大切にする姿勢に憧れたなどです。

勤務地や給与など待遇を軸とする

待遇を軸として企業選びをしている人は多いでしょう。こちらも企業選びに関する立派な軸といえます。たとえば、勤務地について希望を持っている人は多いです。ただし、正直に答えてしまうとあまり好印象を持たれないかもしれません。たとえば、親の面倒を見る必要があるため、実家から近い場所にある勤務地を希望していると伝えるのです。あるいは給与や労働条件に関して明確な希望があり、それを満たしている企業に応募していると説明するパターンもあります。

「会社選びの軸はなんですか?」に回答するときの注意点

会社選びの軸を聞かれて回答するときの注意点について紹介しましょう。

OB訪問やインターンシップを行っておく

会社選びの軸に答えるためにはいろいろな応報を集めておくことが大切です。また、説得力を持たせるための材料を探すことも重要でしょう。そのためにOB訪問やインターンシップに参加することをおすすめします。たとえば、OB訪問をして実際に企業で働いている先輩から話を聞いてみましょう。そこで何か感銘や共感できる言葉を聞けたならば、それを会社選びの軸に生かしてみるのです。インターンシップで現場の雰囲気を知り、仕事を経験したことによって、なにか会社選びの軸が定まるということもあります。会社選びの軸を探すのに悩んでいる人ほど、OB訪問やインターンシップに積極的に参加してみるとよいでしょう。

具体性をもたせる

会社選びの軸は抽象的な回答をしないように注意してください。それでは相手に伝わりにくくわかりにくいからです。具体性をもたせて誰が聞いてもはっきりとわかるような明確な軸を決めましょう。会社選びの軸が曖昧なものだと、あなたの就活に対する姿勢を疑われてしまいます。実際に応募する企業を決めるときにも、会社選びの軸が明確な方がスムーズに決断することができます。

待遇のみを軸にしない

会社選びの軸で待遇を重視している人は実際のところたくさんいるでしょう。もちろん、会社選びの軸について待遇に言及することは悪いことではありません。しかし、待遇のみを重視していると印象づけてはいけません。それでは、あなたがすぐに会社を辞めてしまうかもしれないと疑われてしまいます。待遇のみを軸にすると、労働条件が変わってしまえばあなたはすぐに別の会社に移ると思われるでしょう。人事の人達を不安にしてしまいます。そこで、会社選びの軸については、できれば社風や業務内容に関するものを選ぶとよいでしょう。これらの内容であれば、それぞれの企業ごとに独自性があり、入社してすぐに変わるものではないため、あなたがすぐ辞めてしまう心配もありません。

簡潔に答えられるようにする

会社選びの軸を決めたならば、簡潔に答えられるように内容をまとめておきましょう。面接やエントリーシートで質問されることが多いです。その際には長々と説明をしている余裕はありません。面接は時間が限られているため簡潔な回答を求められます。エントリーシートについても、記入する欄のスペースには限りがあるでしょう。短い文章でまとめておくことで、相手に理解してもらいやすくなり印象も良くなります。

まとめ

「会社選びの軸はなんですか」という質問についてまとめました。企業が不安を解消するために質問することであり、とても重要です。さまざまなパターンが存在しているため、よく考えましょう。説得力のある内容を伝えることができれば選考で有利になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。