証券会社の内定が欲しい!就活生が無視してはいけない志望動機のコツとは

就活において、志望動機は内定を勝ち取るためには、とても重要なことです。証券会社に興味を持っている就活生は多くいるのではないでしょうか。では、証券会社とは、どのような仕事内容なのでしょうか。

おすすめの就職サービス

証券会社とは?志望動機のコツ

就活で証券会社を志望する場合、志望動機にはどのような内容が適しているのでしょうか。まずは証券会社について、詳しく見ていきましょう。

証券会社とは、投資家や株式会社の仲介を担います。「引き受け」「売り出し業務」「募集・売り出しの取り扱い業務」などを行います。証券会社は、投資家に株式を購入してもらうことで、資金を調達し、株式会社は、株式の発行による資金調達を証券会社から行ったりもするのです。

証券会社の主な常務内容には、4つあります。まずは、トレーディング業務です。株式の売買を仲介する業務となります。証券会社が、株式や為替などの売買を行うことを示しています。投資家と株式会社の仲介・委託を行うことが主な業務なのです。

次に、セリング業務です。投資家の買い入れの勧誘をする業務です。この業務は、投資家に買い入れの勧誘をする仕事です。つまり、証券会社が行う募集の取り扱い業務、下りだしの取り扱い業務のことを指しています。アンダーライター業務の「引き受け」の業務と似ているが、売れ残った証券を比比取る必要がないことが特徴となります。

ディーラー業務は、証券会社が自分のお金と判断で売買する業務です。証券会社が自分のお金と判断で有価証券を売買することを指しています。つまり、実際に売買を行う業務なのです。業務に従事する人はディーラーと呼ばれています。証券会社は、顧客の口座を管理し、アドバイスを行うだけではなく、自ら投資も行うのです。証券会社によって異なりますが、大手証券会社ならば、高額の年収を誇る人もいる夢のある業務なのです。

アンダーライター業務は、発行会社に代わって、有価証券を引き受ける業務です。株式の発行会社に代わって、有価証券を引き受けることを指しています。アンダーライターは、発行者または、売出人の資金調達を確実にする役割を果たすことになるのです。

証券会社にはさまざまな業務がありますが、働くことの魅力とは何でしょうか。まずは、苦しい分結果が出た時の喜びが大きいということです。証券会社での仕事は、体力的にも精神的にもとてもハードなのです。証券会社で働く魅力は、成果が出た時の喜びの大きさにあるのではないでしょうか。

そして、成果に対するインセンティブが高いことも喜びにつながりますよね。結果を出した分だけ、報酬もついてくることはとても大きな魅力となります。やりがいにもつながりますよね。

また、他の業界と比べて1人が扱う金額がとても大きいことも魅力も一つです。証券会社での仕事は、大きなお金が動く仕事がとても多いのです。そのことをやりがいや魅力と捉える人は、証券会社の仕事に向いている人なのではないでしょうか。

証券会社は、いくつもの業種や業務があります。証券会社に興味のある人は、業界・企業研究を効率的に進めていきましょう。漠然と証券会社を志望するのではなく、具体的にどの業務に就きたいのかを考えましょう。証券会社で働きたいという就活生は、証券会社の仕組みや企業についてをより深く理解し、把握することがとても大切なのです。「この企業でなければいけない」という意欲を志望動機に反映させることで、志望動機の内容にも説得力が増すのではないでしょうか。

志望動機の秘訣とは?証券業界を見る

証券会社には、さまざまな業務があり、1人抱える責任の大きさに尻込みしてしまう人もいるのではないでしょうか。証券会社を志望する志望動機をより魅力的にする秘訣とは何なのでしょうか。まずは、証券業界について理解を深めていきましょう。

証券会社で働くうえで、厳しさもあります。まずは、毎日の営業ノルマが課せられることです。毎日毎日ノルマを達成することばかりで、苦痛に感じてしまう人もいるのではないでしょうか。このノルマの日々を乗り越えられる人でなければ、証券会社で働くことは難しいでしょう。

また、10数時間が当たり前の長時間勤務という現状があります。証券会社は長時間勤務であり、働き過ぎて、しんどいと感じる人もいるでしょう。また、精神的ストレスが多いと感じる傾向にあります。証券会社では、商品力や営業力に加え、人間力が試されるのです。そのプレッシャー耐えられず、ストレスを感じてしまう人が多いようです。

さまざまな働くうえでの厳しさを見てきましたが、証券会社が求める人材とはどのような人なのでしょうか。それは、自律心を持ち、目標に向かって忍耐強く行動できる人材と言われています。

仕事で成果を上げるためには、長時間努力を続けなければならないこともたくさんあります。一人前になって、仕事をスムーズに出来るようになるまでには、それなりの時間がかかるのです。粘り強い、努力を続けられる人材が求められているのです。

そして、常に目標を持ち、自分自身の厳しく努力をして、成長できる人材が適しているのです。証券会社は一人が担う役割がとても大きい仕事なのです。諦めない強い精神力を持っているかどうかは、とても重要なことです。

まずは、自己分析をし、自分の性格や特性は、証券会社に合っているのか、どこが自分の強みとなるのか、しっかりと分析をすることが必要なのです。つまり、現状に満足せず、向上心を持って挑戦し続けられる人が求められているのです。

証券会社では、個人やチームに対して、多くのノルマが課せられることが非常に多いのです。それを達成するためには、挑戦し続ける強い精神力が必要なのです。常に努力をし、向上心を持ち、挑戦する気持ちを持っている人が向いていると言われます。

また高いコミュニケーション能力を持っている人は適しているのです。顧客と関わりながら、仕事を進めていくため、コミュニケーションは必須なのです。

証券会社の業務は多岐に渡ります。良い部分も、悪い部分もしっかりと分析し、志望動機を考えていきましょう。どんな仕事にも厳しさと魅力があるものです。それを理解したうえで、自分は何がしたいのかを考えることがとても重要なのです。

証券業界で内定を勝ち取るために抑える志望動機のポイントとは?

証券会社で内定を勝ち取るためには、企業が求める人材をしっかりと分析し、理解することが重要です。そのうえで、自分の志望動機を考える必要があるのです。

証券会社が求める人物の特徴としては、粘り強く努力を重ねることが出来る人が挙げられます。株式の取引は必ずしもよい結果ばかり出るとは限らないのです。毎回挫けて落ち込んでいては、仕事はこなせないのです。少々のことでは、挫けず、努力を続けることがとても重要なのです。また、刻々と変化する株式市場の動向をキャッチしなければいけません。鋭い洞察力や臨機応変に対応できる柔軟さも求められているのです。

まずは、企業側の求める人材を整理し、自分の強みや性格には、どのような共通点があるのかを考えましょう。過去の自分の経験を踏まえて振り返るとよいでしょう。経験を踏まえることで、より内容が具体的となり、説得力が増すのです。過去の自分の経験からヒントを得ましょう。

先輩の例とは?証券業界に受かるための志望動機

証券会社の選考を受けるうえで、受かる志望動機とはどのような内容なのでしょうか。証券会社ではさまざまな能力が求められています。コミュニケーションが取れる、向上心がある、忍耐強いなどさまざまです。ただ、企業側の求める人物像に沿った内容の志望動機を書いても、企業側に響く内容となるのでしょうか。

「自分はこういう人間だ」「このようなことを成し遂げられる」と書くだけでは、説得力がないのです。「なぜ」そう思うのか、「なぜ」それが出来るのかという根拠や理由を書くことがとても大切なのです。

自分自身の性格や強みを形成しているものは、今までの経験です、今までの過去の経験こそが今の自分自身を作り上げているのです。これまで過去に、やり遂げたこと、努力したこと、やりがいを感じたことを振り返ってみましょう。今までの経験の中に自分を形成したヒントが必ず隠されています。

面接官は、あなたのヒストリーを知りたいのです。どのようなことを経験し、そして何を得たのか、何が出来るのか、を具体的に相手に伝える内容でなければいけないのです。

志望動機はどの企業でも求められることです。どの企業の志望動機もブレずに決めるためには、就職の軸をしっかりと作りましょう。自分自身を深く掘り下げたうえで、志望動機を作成しましょう。自分オリジナルの志望動機が出来るでしょう。他の就活生と大きな差をつけることが出来るのです。

まとめ

さて、証券会社を受けるうえでの志望動機の秘訣を見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。証券会社には、とても多くの業務や職種があります。そのどれもが、一人が担う世金や業務がとても大きいのです。個人の能力がとても求められる職業といっても言いでしょう。

まずは、自分自身の性格や強みをしっかりと分析をしましょう。自己分析をしっかりと行うことは、就活をスムーズに進めるうえではとても重要なことなのです。

そして、証券会社で自分自身が何を成し遂げられるかどうか考えましょう。志望動機は漠然とした内容では、印象に残すことは出来ないのです。自分オリジナルの志望動機を作成出来るように、自分の今までのヒストリーを振り返りましょう。志望動機を通して、自分というヒストリーを理解してもらうことはとても大切なことです。そのうえで、自分を上手にプレゼンする必要があるのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。