何が違うの?就活に役立つ!商社とメーカーの違いを解説!

就職でも商社とメーカーは人気が高いですよね。商社とメーカーには違いはあるのでしょうか。就活生の中には、何となく興味を持っているけれど、詳しく違いはあまり理解していない人も多いのではないでしょうか。それでは、商社とメーカーにはどのような違いがあるのでしょうか。そして、どのような内容の違いがあるのでしょうか。

今後、商社やメーカーへの就職を検討している就活生はしっかりと違いを認識しておく必要があるのです。それぞれの職種や内容をしっかりと理解し、どちらが自分に合っているのか、判断していきましょう。

さっそく商社とメーカーの違いを解説し、働き方などの違いを見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

商社とメーカーの違いとは?

商社とメーカーには大きく違いがあります。商社はモノを作っていませんが、メーカーはモノを作っており、自社製品があります、そのため、メーカーは、自社の作ったものしか売る事はありません。しかし、商社は自社の商品がありません。たくさんのモノを仕入れて売っているのです。この違いだけでも、大きな違いですよね。商社は自社の製品がないため、主に仲介の仕事ということになりますね。似ているようで全く似ていないのが、商社とメーカーなのです。

よく混同してしまう人が多いのですが、商社とメーカーは全く違うということです。実際に働く仕事内容や環境も違うといってよいでしょう。商社とメーカーでは、働く環境にはどのような違いがあるのでしょうか。

商社とメーカーの事業や働き方の違い

商社とメーカーには、どのようなビジネスモデルの違いがあるのでしょうか。商社とメーカーの大きな違いは、商社には特定のビジネスモデルがないということです。商社は特定の商材を持たないことが特徴となります。一方、メーカーは自社の製品があるため、決まったビジネスモデルを持っています、商社のほうが、自由度の高い印象を受けますよね。

そもそも商社は「トレーディング」と「事業投資」という2つの大きな事業に分けられます。「トレーディング」とは、商品を流通させることです。商社がメーカー間の取引を仲介し、手数料を得るのです。一方、「事業投資」とは、その名の通り、事業に投資をして利益を得ることです。企業の小会社化や経営参画などによって投資し、場合によっては、経営指導や技術指導を行うこともあります。

また、商社には大きくわけて2つの種類あります。「総合商社」と「専門商社」です。まず、総合商社は、事業投資が主に行う事業であり、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅、伊藤忠商事の5大商事と呼ばれる商社があります。

一方、専門商社は、トレーディングがメインとなります。企業によって扱う商材が異なるため、専門の商品に特化し、特定のメーカーと関わり、差別化を図っているのです。商社だけでも、さまざまな種類や特徴がありますよね。

そして、メーカーは、製品の製造を担う企業のことを言います。商社と違い、メーカーは、流通を担いません。これもとても大きな違いと言えるでしょう。

メーカーは「上流、中流、下流」と分類されること多いのも特徴です。まず、「上流産業」です。主に素材メーカーを指します。「中流産業」は、自動車の部品を作るのがメインです。上流産業が作った素材を使用します。「下流産業」は、中流産業が作った部品を組み立てます。このようにメーカーは細かく分類されているのです。メーカーの中でも細かく分類されているということですね。商品の種類に大きく違いがありますね。

そして、商社とメーカーでは営業の仕方も根本的に違います。商社は、自社の商品がないため、他社の製品を売る営業となります。メーカーに新商品の開発を提案することも商社の営業の仕事です。一方、メーカーは自社の製品を売ることが仕事です。より専門的且つ技術的な知識を求められることが多いのです。

就活で分ける!商社とメーカーの違いとは?

商社とメーカーでは、それぞれの営業に向いているタイプが大きく違います。ではmどのような人が商社とメーカーに向いているのでしょうか。それぞれの特徴と向いている人を詳しく見ていきましょう。

まずは、商社の営業の特徴としては、自社商品を営業するわけではないため、取り扱う商品に制限がありません。それぞれの商品のメリット、デメリットを踏まえて、客観的視点から営業をすることが大きな特徴と言えるでしょう。

商品に関する知識だけではなく、マーケットを分析する能力が必要となります。顧客の課題を解決出来るように提案をし、コンサルティング営業の業務を行うこともあります。商品に関する知識だけではなく、マーケットを分析する力が必要とされるのです。視野を広くもち、さまざまな知識を必要とされる職種なのです。さまざまな商品を扱いたい人に向いていると言えるでしょう。

メーカーでは、自社の製品を売り込んでいます。商品ごとに担当を割り当てられることが多く、担当する商品の知識を深めておく必要があります。メーカー営業で扱う商品は、自社製品のため、顧客からの問い合わせや要望にも対応する必要があるのです。技術面でも対応する側面もあるため、責任感が強く、忍耐強い人に向いている職種と言えるでしょう。

それぞれに向いている人の特徴が分かりましたよね。自分はどちらに当てはまるのか、しっかりと分析をしてみましょう。

受かりやすいタイプとは?商社とメーカーが好む人材の違いとは?

商社とメーカーでは、募集職種にも大きく違いがあります。まず、商社は、主に、総合職、一般職の2職種がメインです。商社では、柔軟性とコミュニケーション能力、リーダーシップが求められています。商社にはビジネスモデルがないため、個人の力量が仕事に大きく影響を与えるのです。そのため、何事の柔軟に対応する力と、リーダーシップは必要不可欠なのです。

一方、メーカーでは、総合職の事務系、技術系、一般職の3職種を募集している会社が多いです。コミュニケーション能力とチームで成果を挙げる力が必要とされています。メーカーは自社の製品を売り込むことが必要なのです。そのため、相手のニーズを引き出す力や、プレゼンテーション能力も求められています。また、メーカーでは、それぞれの部門同士の協力も必要です。チームで協力し、成果を挙げるチームをまとめる力が求められているのです。

商社とメーカーのメリット、デメリットとは?違いを見る

商社とメーカーの大きな違いは、自社でモノを作るかどうかです。商社は自社でモノは作りません。メーカーは自社でモノを作るため、自社製品を売り込みます。商社は幅広い知識が必要で、メーカーは専門的、技術的な知識が必要になってくるのです。

商社営業のメリットは、自由な営業スタイルで臨むことが出来るということです。取り扱う商品に制約がないため、営業スタイルにも制限がありません。自由に営業出来ることは最大のメリットと言えるでしょう。また、幅広い知識を身につけることが出来ます。さまざまな商品を扱うため、必然的に、マーケットや商品の情報に触れることができ、知識が身に付くのです。

また、さまざまな内容の商談をこなすため、商談の数も多く、シチュエーションもさまざまです。数多くの商談を経験するため、商談力をつけることが出来ます。商社は海外の会社との商談も多く扱うため、グロ−バルな仕事を経験することが出来ます。年収も平均的に高いと言われています。

一方、商社のデメリットは、仕事量が多く忙しいということです。メーカーとユーザーの板挟みになることも多く、苦労は絶えません。忙しいため、勤務時間も不規則となり、グローバルな内容のため、転勤や異動が多いことも特徴です。今後の人生の計画を立てにくいという特徴があります。

メーカー営業のメリットは、相手に合わせた提案が出来ることです。自社製品を扱うため、専門的な知識を身につけることが出来ます。中立的な視点から顧客のニーズに合わせた商品を提案することが出来るのです。

一方メーカー営業のデメリットは、専門的、技術的な対応をしなければいけないことです。自社の製品を扱っているため、あらゆる顧客のニーズに対応しなければいけません。自社の製品に対して、浅い知識しかなくては、対応出来ないのです。自社製品についての知識を深め、いかなるニーズにも答えられるような力が必要なのです。

また、基本的に担当する商品は決まっていることが多いのです。さまざまな知識を得たい人には向いていない職種なのではないでしょうか。一つのことをとことん極めたいという人には向いている職種なのです。

このように、商社とメーカーには大きな違いがあります。しっかりと分析をし、自分自身がどちらに向いているのか見極めていきましょう。

まとめ

さて、商社とメーカーの違いについて見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。商社とメーカーを混同してしまう人は多いのではないでしょうか。しかし、商社とメーカーでは大きな違いがあるのです。

自社の製品を作っているか、いないのかで、仕事内容も大きく変わってくるのです。商社は自社の製品をつくっていないため、さまざまな商品を扱い、さまざまな商談を経験します。一方、メーカーは自社製品を作っているため、自社製品を売り込みます。自分が担当した商品のより深い知識が求められるのです。

商社は、普段の生活の中で直接関わる機会はないですよね。しかし、非情に多くの部分で関わっていることが分かりましたね。商社とメーカーの違いを正しく理解をしておくことは、就活にもとても役立つことなのです。

商社とメーカーの違いをしっかりと理解し、自分に合った会社はどちらのかしっかりと見極めていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。