就職は説明会で決まる!?内定へ繋がる就活のルールを身につけよう!

就職試験において、説明会は欠かせないものです。説明会に参加しなければ、選考に進むことが出来ない企業の少なくはありません。説明会にもさまざまなものがあり、全てに参加していては、スケジュールが大変なことになてしまいます。

では、どのような説明会には参加するべきなのでしょうか。内定へと繋がる就活での説明会のルールとは何でしょうか。詳しく見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

就職の説明会とは?概要をみる

就職活動が始まると、就活生がまず参加するものが、説明会です。企業ごとの説明会もあれば、合同説明会のように、複数の企業が集まって開催するものもあります。就職活動が始まると、開催される説明会の数はとても多いものです。全てを把握することは出来ないのです。ある程度、興味のある業界や職種をあらかじめ絞っておく必要があります。

やみくもに説明会に参加してしまうと、自分自身で整理出来ずに、就活を効率的に進めることが出来なくなってしまうのです。

また会社説明会に参加するためには、事前のエントリーシートの記入を必要とする場合もあります。志望企業のルールに従いましょう。

企業でも説明会の場合は、社員の方との接点もあるため、職場や会社の雰囲気を感じ取るkとが出来ます。実際に働いている社員を見ることが出来るのは、働いている将来像を想像すやすくなり、イメージ出来ますよね。説明会には積極的に参加してみましょう。

就活生の中には、「会社説明会とはどのようなものなのか?」「何に注意をすればよいのか?」と悩む人も多いのではないでしょうか。会社説明会は、ただ説明を聞きに行く場所ではありません。就活生が自発的に参加することが大切なのです。説明会に参加をし、志望動機や自己PRの材料を見つけるつもりで参加をしましょう。

就職のスタート!?説明会の基本ルール

就職活動において、スタートである会社説明会は、志望企業の企業研究を進めためにも参加は必須です。しかし、「どんな点に注意すればよいのか」「服装はどうすればよいのか」「どんな質問をすればよいのか」など、分からないことも多く、不安に思う就活生も少なくありません。

では、説明会に参加するうえでのルールを詳しく見ていきましょう。まず、会社説明会の主な流れですが、企業のホームページや就活情報サイト、大学のキャリアセンターなどで、説明会の情報を入手し、予約することが出来ます。

まず説明会には、企業ごとの「単独説明会」と複数の企業が合同で開催する「合同説明会」があります。特に、単独説明会は、予約制の企業が多く、選考の最初の場として位置づけられていることがほとんどです。つまり、単独説明会に参加しなければ、今後の選考に進むことが出来ないのです。そのため、志望企業の説明会のスケジュールはしっかりと把握しておく必要があります。単独説明会の場合は、主に、企業概要、職務についての説明、最後に質疑応答という流れが一般的です。企業の中には、実際に働いている先輩社員の話しを聞くことが出来る場合もあります。その後は、企業によって選考を進めたりと様々です。

説明会のスケジュールを把握し、予約をするようにしましょう。また、説明会当日に、筆記試験や面接を行う企業もあるため、ある程度の準備をして臨む必要があります。

また、合同説明会の場合、同じ業界での説明会や、就職情報サイトが主催する大規模の企業説明会などさまざまなものがあります。いずれも、多くの企業が参加をするため、いかに効率的に企業を回るかどうかもとても重要なのです。また、合同説明会ですから、自分が考えていなかった優良企業と出会える可能性も高くなります。そのためにも、合同説明会は一度は参加してみてください。思いがけない企業との素敵な出会いがあるかもしれません。

説明会に参加する時は、注意すべきポイントがあります。説明会がエントリーするために必須となっている企業が多いことです。説明会に参加をする時は、十分に検討をしたうえで、参加するほうがよいでしょう。

また、説明会で適性検査を実施する企業も多くあります。知らずに心の準備が出来ていないと、力を発揮することができません。持ち物や予定の調整など、準備をしっかりと行い、説明会に臨みましょう。

説明会を有効活用!就職で勝利する方法

就職活動には全体の流れがあり、スケジュールをいかに管理出来るかもとても大切なことです。就職活動がスタートすると、まずは説明会が開催されます。会社説明会の時期には、自己分析や業界研究などの事前準備は終わらせておきましょう。

就活には、自己分析や業界研究などの準備が必ず必要です。説明会の時期には、準備を終わらせておく必要があります。自己分析のやり方が分からず悩んでいる人は、自己分析ツールなどを活用してみてはいかがでしょうか。

また、説明会では、実際に働いている先輩社員の話しを聞く機会がある場合もあります。インターンシップやOB訪問などを行っていない就活生にとってはチャンスなのです。先輩社員に対しての質問をあらかじめ用意していきましょう。自分自身が疑問に思っていたことを解消する機会にもなるのです。

また、適切な質問をすることで、企業側に良い印象を与えることも出来るのです。質問をすることで、業務内容や働いている雰囲気がより具体的にイメージ出来るため、自分にとってもプラスになることでしょう。説明会に参加する時間が有意義な時間となるためにも、しっかりと準備と対策を練り、説明会に臨みましょう。しっかりと臨みことで、今後の選考にも良い影響を与えることになるでしょう。説明会から他の就活生に差をつけるチャンスなのです。

ここで差がつく!就職の説明会でのマナーとは?

就職活動には欠かせない会社説明会には、さまざまなマナーがあります。説明会で、ダラしない態度で参加したり、身なりが清潔ではなかったりすると、悪い意味で目立ち、企業側にチェックされてしまうのです。悪目立ちしないように、説明会のマナーを押さえておきましょう。

まずは、説明会で聞くべき質問リストを準備しましょう。説明会で良い質問をすれば、企業側にも良い印象を与えることが出来ます。一方、駄目な質問をしてしまうと、悪い印象を与えてしまうのです。

例えば、「どんな仕事にやりがいがあるのか?」「仕事で一番大変なことは何か?」など、仕事に対しての具体的な質問は、会社の雰囲気や仕事内容を知るためには聞いておきたい内容です。実際の働いている環境がイメージしやすくなるのです。

また、「どんな資格を取得していますか?」など具体的な支援制度について踏み込んで質問をしてもよいでしょう。先輩が取得した資格を質問することで、より業務について深く知ることが出来るのです。

一方、聞いてはいけない質問もあります。例えば、「残業は多いのか?」「定時で帰れますか?」という質問です。あまりにも直球な質問で、答えにくい質問です。また、やる気がないというイメージを与えてしまうため良くない質問です。「英語が好きなので、英語を活かせる部署はありますか?」という質問は、英語が得意なアピールは説明会では相応しくないでしょう。自己アピールは面接まで待ちましょう。

説明会には、持っていくべき持ち物があります。「説明会は、とりあえずスーツを着て、筆記用具を持っていけばいい」と考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、それだけでは、足りないのです。説明会で失敗しないためにの、持っていくべき持ち物とは何でしょうか。

まずは、服装です。基本的には、スーツスタイルが良いでしょう。スーツならば安心ですよね。しかし、説明会の中には、「自由な服装でお越しください」と指示があるものもあります。一番迷ってしまいますよね。一番安心なのは、服装自由の場合でも、スーツで行くことです。しかし、「私服でお越しください」と指示がある説明会もありますよね。その場合は、スーツはNGなのです。スーツは避けましょう。私服指定の意図は、「普段の雰囲気を見たい」「リラックスした雰囲気で参加してほしい」という思いが込められています。スーツで行くことは相手の意図を無視してしまうため、お勧めできません。

一番良いのは、ビジネスカジュアルな服装でしょう。男性ならば、ジャケットに着て、後は少しカジュアルなアイテムでも良いでしょう。女性の場合も、ジャケットを着て、落ち着いた服装で行くのがベストでしょう。カジュアルすぎたり、派手な服装で行くのは避けましょう。

また、説明会参加後に、お礼メールを書く人もいるでしょう。実際、選考に有利かどうかは難しいところです。しかし、社会人として、常識があるという意味では、印象に残すことが出来ます、検討してみましょう。

まとめ

さて、就職活動の説明会について詳しく見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。就職活動のスタートが説明会です。説明会に参加することで、就活が始まっていくのです。

説明会にはさまざまな種類があり、説明会当日から選考をスタートさせる企業も少なくありません。ただ説明を聞きに行くという姿勢では駄目なのです。説明会から選考はスタートしているという気持ちで臨みましょう。しっかりと準備をして行くのです。

説明会にもさまざまなルールがあります。最低限のルールを守り、悪い印象を抱かれないように注意が必要です。しっかりと準備をしていけば、良い印象を残し、選考で有利な立場になることは可能なのです。

企業ごとの説明会に参加をすることはとても時間がかかることです。せっかく参加するならば、今後の就活が有効に働くように説明会に参加しましょう。

説明会の自分自身の行い次第では、今後の選考にも大きく影響を与えることでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。