就職の軸で個性を見つけ出そう!就活を勝ち抜くポイント

就職の軸は人それぞれ違うものです。就活を勝ち抜くためには、就職の軸をしっかりと定めていなければ、内定を得ることは出来ないのです。就職の軸は、個性を表します。ありきたりな軸では、就活を勝ち抜いていくことは出来ないのです。就活で、自分の納得出来る内定を勝ち取るためには、自分なりの就職の軸を見つける必要があるのです。

では、就職の軸とは一体どんなものなのでしょうか。そして、就職の軸によって就活をどのように勝ち抜いていけばよいのでしょうか。就活で内定を勝ち取るためのポイントを詳しく見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

就職の軸とは?軸の見つけ方

就職の軸とは、企業選びや仕事選びの自分自身の基準のことを指しています。就活では、社会人になった時、どんな仕事に就いて、どんな働き方をしたいのか、入社後の自分自身のことについても考えておきたいものですよね。自分にあった仕事や企業は何なのか。仕事の環境選びの基準となるのが「就職の軸」なのです。就活を進めていくうえで、就職の軸をしっかりと定めていることは、自分自身の強い味方となってくれるのです。

就職の軸の基準には、「自分に関する基準」と「自分以外に関する基準」の2つに大きく分けることができます。「自分に関する基準」とは、将来自分はこういう人間になりたい、こんな経験を積んでいきたいなど、仕事において、自分自身がなりたい将来像なのです。一方、「自分以外に関する基準」とは、大企業である、英語が使えるなど、企業の状況についての基準なのです。

「自分が将来どのようになりたいのか」を明確に自分で表現出来る人はいるのではしょうか。就職の軸は就活で迷った時の指針となります。就職の軸を設定して、それに基づいて企業探しをすることも出来るのです。就職の軸が定まっていなければ、企業探しをスムーズに行うことは出来ません。

まずは、興味があると思った企業の共通点を考えてみましょう。自分の価値観に気付くきっかけとなるのではないでしょうか。自分なりの就職の軸が見えてくるかもしれません。

就職の軸の決め方と具体例をみる

就職の軸は、効率的な就活を進めるうえで必要なものです。就活を始めると必ず軸を定めましょうと言われるものです。就職の軸は、就活をするうえでの基準となります。就職の軸を定めているとさまざまなメリットがあるのです。まずは、履歴書やエントリーシートの内容が具体的となり、説得力が増すのです。具体的な内容のものは面接官を納得させることが出来るのです。また、受ける業界や企業選択でもとても役に立ちます。効率的に就活を進めることが出来るため、軸はとても重要なのです。

就職の軸は、「本音の軸」と「建前の軸」を組み合わせたものなのです。例えば、「30歳までに1000万稼ぎたい。多少激務でもよい」が本音とすれば、「タフな環境で成長したい」「早く経験を積みたい」と言った利点を思いつくことが出来ます。この利点こそが「建前の軸」なのです。

「本音の軸」は最終兵器として使用しましょう。本音の軸を準備しておくと、企業側の思わぬ質問にも対応することができ、企業側を納得させることが出来るのです。他の就活生と差をつけることが出来るため、説得力のある自己アピールをすることが出来るのです。建前なかりの言葉では、相手を納得させることが出来ないということですね。自分自身の言葉で伝えるということがとても大切なのです。

多くの就活生が日々の忙しさに追われ、軸を適当にしてしまう傾向にあります。しかし、就職の軸はしっかりと深堀りをして設定することが必要不可欠なのです。就職の軸を定めることは、企業とのミスマッチを防ぐことにも繋がります。「本音の軸」と「建前の軸」をうまく使いこなして、就活で内定を勝ち取るために努めていきましょう。

就職の軸の重要度を理解していても、具体的にどのように見つければよいのか分からない人も多いのではないでしょうか。まずは、自分ができる「can」を探しましょう。「自分が何をしたいのか」「何が出来るのか」を考えるのです。自分がどんな分野の仕事をしていきたいのかという自分の希望が基準となるのです。

次に、こうなっていたい「will」の部分を書き出しましょう。「will」の部分が含まれていると、企業側に評価されやすくなります。「will」は自分が成し遂げたいこと、実現させたいことなど、自分の将来像を反映させましょう。

自己分析を通して、就職の軸を見つけることもとても効果的なことです。就職の軸を見つけることは簡単なことではありませんが、とても重要なことなので、疎かにせず、しっかりと考えましょう。

内定者が語る!就職の軸とは

就活において、必ずといって言い程、自分の軸に関する質問をされます。上手く答えることが出来ずに、悩む人も多いのではないでしょうか。就職の軸は、入社するうえで自分が重要視する条件なのです。「海外で働きたい。」「この仕事に就きたい」など人によって条件はさまざまなのです。

自分の希望を全て叶えてくれる仕事はなかなかありません。どんな仕事にも長所もあれば短所もあるのです。全ての希望を満たすことは難しいのです。そんな時、就職の軸が役に立ちます。どのような条件が自分の中で優先順位が高いのか、整理しておきましょう。自分の軸を満たす企業を選択することが出来るため、企業選択もスムーズとなるのです。

企業側は、どうして就職の軸を就活生に質問するのでしょうか。企業側も、就活生とのミスマッチを避けるために質問しているのです。企業にとっても入社後にミスマッチにより、早期退職されては、困ってしまうのです。就職の軸は、企業に合った就活生を選ぶための基準となっているのです。

就職の軸を定めるメリットにはさまざまなものがあります。自分の就職の軸が定まれば、就活生にとっても入社後のミスマッチを防ぐことが出来ます。そして、自分に合った企業を選択できるため、選考を通過する確率が高くなるのです。効率的に就活を進めるうえで、とても欠かせないものなのです。

効率的に就活を進めたい人は少なくありません。効率的に進めるためには、就職の軸を定めることは最大のメリットと言えるでしょう。入社後に後悔をしないためにも、しっかりと軸を明確にしましょう。「どんな仕事がしたいのか」「どのように働きたいのか」など、入社後の自分自身の希望を明確にすることもとても大切です。

自分が働く上で重要な条件=就職の軸と考えましょう。企業側も就活生が軸を定めているかを見ています。軸を定めていないと、就職を何となく、適当に行っていると判断されかねません。「譲れない条件」つまり就職の軸が定まっていれば、企業と自分自身の相性をしっかりと判断することが出来るのです。

就職の軸はすぐに定まるものではなりません。最初は、自己分析を行い、自分自身の深く掘り下げることが大切なのです。

面接で就職の軸について質問をされた時は、どのように答えるべきなのでしょうか。面接では、企業を外見やイメージのみで選択しているような就活生は、すぐに落とされてしまいます。就活生がいかに真剣に考えているかどうかは、この質問で判断出来るのです。安直な軸では、評価されないのです。

就職の軸を的確に決めるブレない方法とは?

就職の軸を定めることで、自分自身の価値観や判断基準が明確になります。就活の早い段階で、自分の軸を定めることは、今後の就活をスムーズに進めるうえで、とても重要なのです。

企業は就職の軸をなぜ知りたいのでしょうか。企業は、就活生が企業にマッチしているのか、業務内容に適したスキルを持っているのか、どれだけの熱意があるのか、など軸に沿った回答をみて、判断しているのです。

「あなたの就職の軸は何ですか」と聞かれた場合、どのように答えることが良いのでそうか。「収入のよい職場で働きたい」「残業のない職場がよい」など待遇面を直接言ってしまうことは避けましょう。まずは、自分自身の強みや特徴、性格が伝わる軸を考えてみるのです。

その時、「なぜこの企業でなくてはならないのか」という理由を考えるのです。そうすることで、より具体的且つ明確な軸となるでしょう。面接官にも説得力を与えることが出来るのです。

また、志望業界によっても、軸についての回答を少し違います。志望企業によって軸を臨機応変に変化させるのもよいでしょう。説得力のある就職の軸は、自己分析や業界研究から生まれます。自分自身の言葉で答えを見つけ、面接では自分の言葉で伝えられるように努めましょう。

まとめ

さて、就職の軸について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。就職の軸は、就活を成功へと導くうえで、必要不可欠なものなのです。

就職の軸は、簡単には見つかるものではありません。まずは、自己分析をしましょう。自分のことを知って、深く掘り下げ、理解することが必要です。自分自身の中にある、希望を整理しましょう。

就職の軸は就活において、基準となるものです。エントリーシートや履歴書の内容、面接での回答など、あらゆるものの基準となります。また、就職の軸を質問されることもあるのです。就職の軸は、就活にどれほど真剣に向き合っているのかどうかを判断する基準でもあるのです。

ありきたりなどこでも通じるような軸では企業側の印象に残ることは出来ないのです。自分の希望をベースに考えていきましょう。「自分のやりたいこと」をベースに考えていくと、能動的な姿勢や意欲が相手にも伝わるのです。

就職の軸は自分自身の価値観を表すものです。しっかりと時間をかけ、自分なりの就職の軸を見つけましょう。軸を見つけることで、内定へと近付く第一歩となるのではないでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。