就活の勝敗を分ける!?「企業選びの軸」を徹底解説!

就活において、どの企業を選べばいいのだろうと悩んでいる人も少なくありません。面接でも、「あなたの企業選びの軸は何ですか?」と質問されることも多いのです。就活において、どのような軸があり、企業を選んでいるかということが問われるのです。

「企業選びの軸とは一体何なのか?」「どのような軸を決めればよいのか?」という悩みを解消し、どのように軸を定め、どのように答えることがベストなのか詳しく見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

企業選びの軸とは?就活で重要なこと

就活で企業選びの軸を聞くことには意味があり、目的があります。企業側にはいくつかの目的があります。まずは、「企業選びの軸は何ですか?」と聞くこおtで、就活生が「なんとなく就活をしているのか」それとも「しっかりと準備し考えて就活をしているのか」を見定めることが出来るのです。何も考えていないと、なかなか即答出来ない質問ですよね。

なんとなく企業を選び、就活をしている人には、この質問の意味自体理解が出来ないのではないでしょうか。考えていない人は、曖昧な答えで凌いだり、的外れた答えになったりと、明白なのです。企業側としては、学生の意気込みや真剣さを見極めるには必要不可欠な質問となるのです。

そのため、質問に答えられないと、志望度が低いややる気がないとマイナスな印象を与えてしまい、落とされてしまうのです。それほど、企業選びの軸はしっかりと考えておくべきなのです。

また、企業側には、もう一つ目的があります。この質問をすることによって、会社が求めている人材に適しているのか、会社とマッチしているのかを判断しているのです。企業側は、この質問を通して「入社後、どのようなことを成し遂げてくれるのか?」という入社後のイメージを想像させているのです。

また、企業選びの軸を考えることは就活生側にも意味があることなのです。就活はとても大変で忙しいスケジュールとなります。限られた時間で就活のスケジュールをこなしていくことはとても大変であり、疲弊してしまうことなのです。就活をいかに効率的に行うかは、就活の負担を軽くするためにはとても重要なことです。企業選びの軸が決まっていない人は企業選びのみならず。とりあえずの行動となってしまいます。

「とりあえず大企業や有名企業を受けよう」など、企業選びも適当になってしまうのです。その場合は、選考もうまくいかずに、内定を貰うことが出来ない日々が続き、就活が長期化してしまうことも多いでしょう。さらに自分の負担となり、疲弊してしまうのです。悪循環ですね。そうならないためにも、「企業選びの軸」をしっかりと定めておくことは重要なことなのです。

企業選びで就活が決まる!?就活の軸を解説

就活において、「企業選びの軸」はとても大切なことですが、「企業選びの軸」をしっかりと定めて、自分の言葉で伝えることはとても難しいことなのです。そこで、企業選びの軸の作成方法について詳しく見ていきましょう。

まずは、自己分析の過程で見つけるということです。自己分析は、今まで自分自身が経験してきたことや、自分が関わってきた環境などを振り返り、今まで自分自身は何を重視してきたかを考えてきたかを振り返ることができます。自己分析を通して、これまでに、自分が何かを成し遂げた時に最も興味を持ったもの、やりがいを感じたことは何なのかを深く掘り下げてみてはいかがでしょうか。

実際、自分自身のことを深く掘り下げて考えることはあまりないことですよね。就活ではまず自分を知ることが重要なのです。自分が活躍出来ることは何なのか」「自分が大切にしている価値観は何なのか」など、自分自身が大切にする「軸」を明確にすることが重要なのです。一度、自分自身としっかりと向き合ってみましょう。

また、業界や職種の分析から知ることも出来ます。準備段階の業界研究や企業研究では、分野は狭く絞りこまずに、様々な業界や企業をみるようにしましょう。さまざまな業界や企業を比較することで、それぞれの良い点、悪い点がみえてくるのです。

研究の際は、企業の良い点ばかりではなく、悪い点もしっかりと分析をしましょう。広い視野で分析をすることで、今まで注目していなかった企業や業界に興味を持ったりと、新しい発見が出来るかもしれません。

また、就活生にとって、実際に働いている人の声を聞くことはとても具体的であり、想像しやすく、自分が働いてる姿をイメージしやすいのです。OB訪問はとても有効です。多くの社会人との会話を重ねることで、自分自身が将来働く上で、何を重視し、何をしていきたいのかを明確にすることが出来るのです。多くの話す場を設けることは就活に必ずプラスに働くことでしょう。

面接の模範解答とは?就活の企業選びの軸を見る


面接で企業選びの軸を質問することは、就活生の本気度を試す上でとても重要な質問となります。企業選びの軸は、「意欲を持って働いてくれるのか」どうかの判断材料にもなるのです。 企業選びの軸を定めるためには、自己分析と自分自身の本音を深く掘り下げることが何より重要なこととなります。 そして企業選びの軸の答え方もとても重要なのです。

自分の本音をそのまま伝えるのではなく、気をつけるべきポイントを押さえていきましょう。相手に伝える時は、エピソードをより具体的に伝えて、自分自身の強みを織り交ぜて話すのです。企業選びの軸で大切にしていた自己分析と自分自身の本音をうまく混ぜ合わせることがとても大切なのです。

例えば、自分は前に出ることが苦手だという本音をそのまま伝えては相手にプラスの印象とはなりません。「自分は前に出ることよりも、誰かをサポートすることが得意だ」というように本音を自分の強みに繋げて話しましょう。

自己分析の時は、良いことも嫌なことも掘り下げることで、自分自身の本音と繋げることが出来るのです。

面接対策とは?就活の企業選びの軸は面接に隠されている?

就活において、面接対策は必要不可欠なものです。企業選びの軸を定めることは、選考の面接対策にもなります。

企業選びの軸とは、企業のどこに魅力を感じるのかという判断基準を明確に示すことです。そもそも就活において、企業を決めるときには、必ず自分自身の中で判断基準があるのです。その判断基準を深堀にして、優先順位を明確にしたものが企業選びの軸となるのです。

まずは、自分自身の働いている姿を想像しましょう。そして働く上で自分が大切にしたいことやどうしても譲れない部分を深堀りするのです。企業選びがしっかり定まっているかどうかは、実際に企業で働き始めた時の、自分自身の充実感や満足感へと繋がっていくのです。

面接で、企業側が「企業選びの軸」を聞く時は、就活生のモチベーションを図っています。仕事に対しての考え方や捉え方を確認しているのです。面接では、決してネガティブな表現は避けることが良いでしょう。面接官は企業にとって必要な人材なのかを判断しているのです。ネガティブな印象ではなく、良い印象を持ってもらえるように気をつけましょう。

企業選びの軸を解説!就活経験者の内定者のことば

就活において企業選びの軸を定めているか定めていないかで、就活で得る結果は大きく変わります。企業選びの軸があるほうが、就活を楽に効率的に進めることが出来るのです。

企業選びの軸を定めていると、自分に合う企業を探しやすくなりとても効率的となります。企業によって、仕事内容や待遇、会社の社風や規模などさまざまな特徴があります。企業選びの軸を明確に定めておく事で、自分に合った企業が見つかり、やみくもに企業を探すよりも、企業を厳選することが出来るのです。

また、入社後のミスマッチも少なくなります。企業選びの軸を基準に就活をすると、自分の中で定めた条件を満たしている企業を選択することが出来ます。軸をもとに選択した企業ならば、例えどの企業になったとしても、大きなミスマッチが発生することは低くなるのではないでしょうか。

そして志望動機に説得力が出ます。志望動機は必ずといっていい程質問されることです。「なぜ選んだのか?」が曖昧な答えでは、「その答えならばここではなくてもいいのでは?」と思われてしまうのです。面接官が受ける印象が大きく変わってしまいます。

企業選びの軸を持っていれば、自分の価値観に合った企業の選考に臨むことが出来るため、志望動機に説得力が出て、より具体的となります。そのため、自己アピールもより具体的かつ明確となるため、他の就活生と差をつけることが出来るのです。

そして何より、自己分析にもなり、面接対策と繋がります、企業選びの軸を定めることは、自分が重要にしていることが明確となるため、自己分析に繋がりますよね。その結果、新たな自分の長所や短所に繋がるのではないでしょうか。

まとめ

就活における企業選びの軸についてみていきましたが、いかがでしたでしょうか。企業選びの軸をしっかり定めることは就活においてとても重要なことなのです。

企業選びの軸は、自己分析にも繋がります。自分自身は何に興味があり、何を重視しているのか、まずは自分自身を理解することが大切なのです。自分自身を理解しているほうが、面接で自分のことをアピールしたり、表現したり出来ますよね。企業選びの軸は必然的に面接対策ともなるのです。

また、企業選びの軸は就活のみならず、人生においてとてもプラスに働くことなのです。自分自身のことを深く掘り下げて、分析することはあまりないことでしょう。しかし、自分自身のことを深く理解することは何においてもとても重要なことなのです。今後の自分の人生においてもプラスとなり、人生の軸へと繋がるのではないでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。