業界研究のやり方にこだわるのは大切?具体的なポイントを解説!

就活のために業界研究に取り組むことは大切です。それでは、どのようなやり方をすればいいのでしょうか。こちらでは業界研究のやり方について具体的なポイントを解説します。

おすすめの就職サービス

業界研究のやり方に注意することは大切

業界研究はやり方に気をつけることが大切です。その理由について説明しましょう。

闇雲に業界研究をしてはいけない

業界研究をするのが大切だと知って、すぐに始めようとしてはいけません。まずはどのように業界研究を進めるべきなのか、きちんとやり方を考えるところから始めましょう。ただ闇雲に業界研究を進めたとしても時間の無駄になってしまいます。きちんと意味のあるやり方をすることによって、その結果は就活に生かせるものとなるでしょう。

業界研究に使える時間は限られている

就活に使える時間は限られています。やるべきことがたくさんある中で業界研究に取り組まなければいけません。そのため、業界研究のやり方に気をつけないと時間を無駄にしてしまいます。業界研究はできるだけ早く切り上げて次の段階に進まないといけないのです。そのためには効率の良いやり方で業界研究を進めることが大切です。

業界研究の結果は就職後にまで影響する

業界研究というのは単に就活で役に立つというだけではなく、就職したあとにまで影響することです。就職してからもその業界についての知識は役に立ちます。しっかりと業界研究していたならば、仕事をするときに良い影響を与えてくれるでしょう。間違えた業界の知識を身につけていると、仕事をするときに恥をかいたり、失礼な発言をしてしまったりする可能性があるため注意してください。

正しいやり方で良い効果が出る

業界研究には正しいやり方というものが存在しています。正しい方法で業界研究に取り組んだのであれば、必ず良い効果が出るでしょう。就活や就職後にプラスの影響を与えてくれます。

業界研究の基本的なやり方

実際に業界研究をする場合の基本的なやり方について説明しましょう。

書籍や雑誌を参考にする

書籍や雑誌の中には業界研究に関する情報が記載されているものがたくさんあります。それらをチェックすることで業界研究を進めることができます。たとえば、業界地図や業界マップなどが掲載されている書籍があります。こちらを確認すると業界に関して俯瞰的に勉強することが可能です。日本にはどのような業界があるのか、それぞれどんな企業があり、どんな事業を展開しているのかわかりやすくまとめられています。雑誌にも業界研究に関連した特集記事が載っていることが多いです。

新聞やニュースをチェックする

新聞やニュースをチェックすることによって、それぞれの業界に関連した報道記事をチェックすることができます。これは面接などでも役に立つ重要な情報となります。自分が就職したいと考えている業界の最新状況を確認するのに使えるでしょう。業界の現在の状況について理解するのに役立ちます。大きな出来事が起きたときには新聞やニュースで大きく報道されるためぜひとも目を通しておきましょう。業界に関連する大きなニュースは面接などで質問されることもあるため要チェックです。

説明会やセミナーなどに参加する

説明会やセミナーといった就活関連イベントには積極的に参加するようにしましょう。それぞれのイベントでは就活生のためのアドバイスや情報提供などが行われているからです。業界研究に役立つ情報を提供してくれる可能性もあるためぜひとも参加しましょう。たとえば、企業説明会において、その企業の属している業界に関する興味深い話を聞ける可能性があります。就活生向けのセミナーでは、業界についての解説などをしてくれることもあります。

企業のホームページをチェックする

それぞれの企業のホームページをチェックするだけでも業界への理解が深まることがあります。それぞれの企業は自分たちの属する業界に関する情報提供をしていることが多いからです。また、その業界に属する企業の事業内容をチェックすることで、その業界に関する理解を深めることができます。その業界の企業が具体的にどういった製品やサービスを展開しているのか知ることは大切です。いろいろな企業のホームページをチェックしてみることで、その業界の全体像がわかるようになるでしょう。

業界研究のやり方を工夫するポイント

業界研究はただ漠然と進めて良いものではありません。やり方について工夫をすることが大切です。そこで、業界研究のやり方を工夫する際のポイントについて説明します。

興味のある業界から調べる

業界研究は一体何から手をつければいいのかわからなくなってしまうことがあります。そこで、これから業界研究を始めたいならば、まずは興味のある業界について調べることから始めてみましょう。興味のある業界であれば、やる気を出して情報を集めることができます。特に特定の業界に興味を持っていないのであれば、自分が少しでも興味を持つ企業や憧れている企業の属する業界について調べてみるとよいでしょう。

定量的なデータと定性的なデータを集める

業界研究を進めるときにはデータを集めることが大切です。データをチェックすることによって、その業界のことがよくみえてきます。他の業界と比較するときにもデータを確認することができると便利です。もし、データを集めるならば、定量的なデータと定性的なデータの両方を集めることをおすすめします。定量的なデータとは売上高や市場シェア率など数値として確認できる情報のことです。定性的なデータとは、数値に表せない情報のことです。たとえば、業界の現状や課題、将来性といったものはすべて定性的なデータといえます。この両方についてたくさんのデータを集めることで、その業界への理解がとても深まります。

業界内の各企業を比較してみる

1つの業界には非常にたくさんの企業が存在しています。業界内の企業を比較してみることで、業界についての理解が深まることがあります。たとえば、業界内の売上シェアについて注目してみるとよいでしょう。いくつかの企業が拮抗しあっている業界もあれば、特定の企業だけ突出して売上高が高いというケースもあります。また、企業の比較をすることによって、これから応募する企業を選ぶ役に立つでしょう。業界研究は、最終的にどの企業に応募するのか決めるために行うことです。業界研究をするときには、どの企業の求人に応募するのかを念頭に置きましょう。

まったく興味のない業界についても調べる

業界研究は自分の興味のある業界だけではなく、まったく興味のない業界について調べることも大切です。そうすれば、業界同士の関係性について気がつくことがあります。また、別の業界について興味が湧いてくることもあるでしょう。さまざまな発見があるため、これから業界研究をするときには、できるだけ多くの業界に目を向けてみることをおすすめします。

業界研究のやり方に関する注意点

これから業界研究をする際には注意するべき点がいくつかあります。どういった点を意識するべきなのか説明しましょう。

情報収集は毎日行う

業界研究のためには情報を集めることが大切です。情報収集はできるだけ毎日行うことをおすすめします。そうすれば、どんどん新しい情報を得ることができるでしょう。特に最新情報に触れることが大切です。そのためには、定期的に情報をチェックする必要があるため、毎日情報収集のために時間を割くことをおすすめします。たとえば、業界研究のために利用しているサイトがあるならば、毎日チェックすることで最新情報を見逃しません。

時間をかけすぎない

就活に使うことのできる時間は限られています。いつまでも業界研究にばかり時間を使うわけにはいきません。それでは、業界研究以外の部分がおろそかになってしまいます。就活に失敗する原因になる可能性があるため注意しましょう。業界研究は確かに重要なことですが、あまり時間をかけすぎないように注意してください。就活の早い段階から業界研究を進めるようにして、ある程度の段階から次のステップに進むことをおすすめします。企業研究をしたり、ESの対策をしたりするなどやるべきことはたくさんあるのです。

早めに準備を始める

就活を始めようと思った段階から業界研究を進めることをおすすめします。業界研究はいつでも始めることができるものであり、就活に全体に渡って大きな影響を及ぼすものです。業界研究を満足にできていないと、応募先の企業を選ぶときにも困ってしまいます。たとえば、大学に入学した段階から業界研究を始めることもできます。早すぎたとしても困ることはありません。早い段階であれば、業界研究のみに時間を割くことができるため、より充実した業界研究ができるようになります。

情報の真偽に注意する

業界研究をする際にはいろいろな媒体から情報を集めることになります。そのときには、情報の真偽には注意しましょう。たとえば、ネット上の情報から業界研究をする場合には、その情報が正しいかどうかを慎重に判断してください。匿名掲示板の情報などは真偽の怪しいものが含まれています。間違えた情報を信じてしまうと業界や企業に対して先入観を持つことになり、それは就活にとって大きなマイナスとなります。できるだけ中立で正しい情報似のみアクセスすることが大切です。そのためには、できるだけいろいろな媒体の情報に触れるようにしましょう。それぞれの情報を比較することで、それぞれの情報の確かさを判断できるようになります。

まとめ

これから業界研究を始めたい人の中にはやり方について悩んでいる人がいるでしょう。そんな人のために効果的な業界研究のやり方について解説しました。業界研究を始めたいと思っている人はぜひとも参考にしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。