業界研究とはそもそも何か?目的や基本的なやり方を紹介

就職活動において業界研究はとても大切なことであると知られています。しかし、業界研究をするとは具体的にどういうことなのか理解していない人も多いでしょう。そこで、業界研究の目的や基本的なやり方について解説します。

おすすめの就職サービス

業界研究の目的とは

そもそもどうして業界研究をしなければいけないのでしょうか。その目的について説明します。

企業選びの参考にする

業界研究をすることによって企業選びの参考にすることができます。これから企業を選ぶときには、さまざまな情報を得ていることが大切です。正確な知識を持っていることが求められ、そのためには業界研究は必要不可欠なことといえます。業界のことについて正しく理解していないと企業について本当に正確に理解することはできないでしょう。企業のことをもっとよく理解するためにも業界研究は大切です。

企業選びの軸を決めるのに役立つ

業界研究をすることによって、企業選びの軸を決めるときの役に立ちます。就活において企業選びの軸を明確にしておくことは大切です。企業を選ぶときの判断基準となるからです。これを決める際には、業界研究を行って、業界について深く理解しておくことが大切です。

面接やESの対策になる

業界研究をしておくとこれから面接やESを受けるときの対策にもなります。面接やESでは企業や業界についての深い知識を問われるからです。しっかりと業界研究をしていないと答えられないような質問を受けることがあります。そうすることで就活に対する熱意を確かめられるのです。どのような質問を受けても答えられる準備をするためにも業界研究は欠かせません。

自己分析につながる

業界研究を通して自己分析することができます。いろいろな業界について調べていくと、自分がどんなことに興味を持っているのか、何をしたいのかが見えてくるからです。自己分析をスムーズに進めるためにも業界研究は早い段階で始めることをおすすめします。

業界研究を行うメリットとは

これから業界研究を行うことでどういったメリットがあるのか説明しましょう。

これまで知らなかった業界について詳しくなる

業界研究をしているとこれまであまり興味を持っていなかった業界について情報を得られるようになります。普段、普通に生活をしているだけではなかなか知らない業界というものがあるものです。そんな業界にも注目することによって、就活する際に応募先の企業の選択肢が増えるでしょう。これまで興味を持っていなかった企業や業界に関心を持つ良い機会になります。

志望動機に説得力が出る

業界研究をしておくことで志望動機を考えるときの役に立ちます。志望動機を回答する際には業界研究をした内容を踏まえておくと、より深い動機を答えられるようになるからです。たとえば、業界の将来性やトレンド、事業内容などについて志望動機に含めてみるとよいでしょう。そうすれば、あなたがその業界で働くことを強く願っていることをアピールできます。他の業界ではなくその業界でないといけない理由についてしっかりと伝えられるようになりましょう。

入社してからも役に立つ

業界研究をして得られた知識は実際に就職して働くようになってからも役に立つものばかりです。業界についての詳しい知識を得ておくと、スムーズに仕事に取り組めるようになるでしょう。どのような会社であっても、自社の属している業界に関する詳しい知識を持っていることは重要視されます。たとえば、営業の仕事をしているならば、顧客の属している業界に関する詳しい知識も求められるでしょう。もちろん業界の知識は就職してから身につけることも可能です。それでも、事前にさまざまな業界についての知識に精通していれば、就職してからライバルにすぐに差をつけることができます。

就活のモチベーションを高められる

これから就活する際にはモチベーションをどのようにして高めることができるのか悩んでいる人は多いです。そういう人は業界研究をしてみるとよいでしょう。業界研究をすることで、自分がこれから働くかもしれない業界についてより明確にイメージできるようになります。その業界で何が流行っているのか、これからどのような展開が待っているのか知ることができると、早くその業界で働いてみたいと思えるでしょう。それは就活をしていく上でのモチベーションを高めることにつながるはずです。

業界研究のやり方とは

業界研究の大切さがわかったとしても、具体的にどのように業界研究を進めればいいのかわからない人は多いでしょう。そこで、業界研究のやり方について詳しくみていきます。

就職サイトを参考にする

就職サイトの中には業界研究に関するコンテンツを用意しているところが多いです。就活生のサポートを大切にしているサイトであれば、就活生向けのコンテンツとして業界MAPなどを公開しているケースがよくあります。そちらをチェックすれば、さまざまな業界について広く浅く知ることができます。また、特定の業界をピックアップしてより詳しい情報をまとめた記事が掲載されていることもあるでしょう。業界研究の取っ掛かりとして就職サイトを参考にすることはおすすめです。

新聞やニュースをチェックする

新聞やニュースに掲載されている記事を確認すれば、さまざまな業界についての情報を得られるでしょう。毎日のようにそれぞれの業界に関する報道が行われています。それらに目を通しておくことは、面接などの対策にもなります。面接では業界に関する最新トレンドを踏まえた上での質問がされることがあるからです。業界に関する大きな報道について意見を求められるようなこともあります。業界に関する報道で何か気になったものがないか質問されることもあるでしょう。就活対策にとても役立つため、定期的に新聞やニュースをチェックしましょう。

書籍や雑誌を参考にする

書籍や雑誌のなかには業界研究に役立つものがたくさんあります。たとえば、特定の業界に注目して情報がまとめられている書籍は多数出版されています。業界研究を助けることを目的とした書籍は多いです。それらの書籍をチェックすると業界に関する情報を効率よく集めることができるでしょう。ネット上で自分で情報を集めるよりも素早くさまざまなまとまった知識を得ることができるのがメリットです。ただし、書籍や雑誌の情報は最新のものでないことが多いため注意しましょう。ネット上の情報と比較すると執筆されてから掲載されるまでにどうしても時間がかかってしまい情報が古くなりやすいからです。

就活イベントに参加する

全国各地でさまざまな就活イベントが開催されています。それらの就活イベントに注目してみると業界研究に役立つ知識を提供してくれるものはたくさんあります。たとえば、特定の業界の企業だけが集まった企業説明会やセミナーのようなものも多く開催されているのです。基本的にどの就活イベントも無料で参加できるものばかりとなっているため、業界研究のために積極的に利用してみましょう。

業界研究の注意点とは

これから業界研究を進める上で注意しておくべき点について紹介します。

早めに始める

業界研究は早めに始めるとよいでしょう。早く始めたとしても特にデメリットはありません。むしろ就活の最初の段階で始めておく方がさまざまなものに良い影響を与えるでしょう。企業選びの軸を考えるのにもESを作成するのにも、面接を受けるときにも業界研究をしたことは役に立つからです。できるだけ早く業界に関する詳しい知識を得ておくことによって、就活をよりスムーズに進められるようになり、自分の望んだ通りの就職を実現できるでしょう。

こだわりすぎない

業界研究は確かに重要なことですが、あまりこだわりすぎるべきではありません。業界研究はあくまでも就活を成功させるために行うべきことだからです。業界研究そのものが目的になってはいけません。完璧主義者の人は特に業界研究にこだわりすぎてしまい、細部のどうでもいいような知識まで調べ尽くそうとします。しかし、就活に使うことができる時間は限られていて、業界研究ばかりに気を取られていると他のことに使える時間が減ってしまいます。それでは就活に悪い影響を与えてしまうため注意しましょう。

企業研究と並行して行う

業界研究をこれから始めるならば、並行して企業研究を進めることをおすすめします。業界研究と同じぐらい企業研究も重要だからです。業界研究ばかりに時間を使っていると企業研究をする時間がなくなってしまいます。それでは就活に大きな影響を与えてしまうため注意しましょう。業界研究を進めながら、その業界の中で興味のある企業について詳しく調べてみるという方法をおすすめします。これならば業界研究をしながら、企業研究を進めることも可能です。

業界研究でチェックするべき項目について

これから業界研究をする際にはどのような項目について調べればいいのかわからないという人は多いでしょう。まず、その業界ではどのような製品やサービスが提供されているのか調べてみるとよいです。そして、それぞれの製品やサービスについて業界内の売上シェアをチェックしてみましょう。そうすれば、業界内でどの企業が特に優れた業績を残しているのかがわかります。業界の歴史について調べてみることも大切です。日本でその業界がスタートしたのはいつ頃のことであり、どのような歴史を経て現在に至ったかを調べます。業界ごとに売上高などを比較してみることも大切です。現在、その業界でトレンドになっていることにも注目しましょう。こういった項目について調べることで、その業界についてより詳しくなれます。

まとめ

業界研究の基本的な方法や目的についてまとめました。これから就活を始めるならば、どんな人でも業界研究をすることになります。その際にはこちらでまとめた内容を参考にしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。