業界研究をするために便利なサイトがある!おすすめのサイトを紹介!

就活をする際には業界研究は欠かせません。それでは具体的にどのようにして業界研究を進めればいいのか悩む人がいるでしょう。そこで、こちらでは業界研究をするために便利なおすすめのサイトを紹介します。

おすすめの就職サービス

業界研究はサイトを参考にしよう!

これから業界研究をする上でサイトを参考にするべき理由について紹介します。

ネット上には業界研究に役立つ情報がたくさんある

業界研究をしたいならばネット上の情報はとても役に立ちます。無料で集められる情報だけでも業界研究に活用できるものはたくさんあるからです。どのようにして情報を集めればいいのか悩んでいる人はぜひともインターネットを有効活用しましょう。ネット上の情報はいつでもアクセスすることができ、パソコンやタブレット、スマホなどネットに接続できる端末があれば気軽にチェックすることができます。書籍や新聞などのように物がかさばるということもなく、持ち運ぶ手間もかからないです。

業界研究に利用できるサイトが多い

ネット上には業界研究に特化しているサイトがたくさんあります。就活生を助けるために運営されていて、さまざまな情報が集められているのです。就活支援サービスを実施している企業が運営しているサイトもあります。多くの企業がそのようなサイトの運営に協力していて、最新の情報が寄せられているのが特徴です。わかりやすく情報がまとめられているため、これから業界研究をするときにとても便利です。

業界研究だけではなく就活対策にも便利なサイトがある

ネット上には業界研究だけではなく就活全般について役に立つ情報を網羅したサイトがあります。そのようなサイトを利用することで、ESや履歴書の書き方から面接の突破のコツまで知ることができます。就活を成功させたいと思っているならば、ぜひとも利用しましょう。

サイトは毎日チェックしよう

業界研究や就活対策のためにネット上のサイトを活用するならば、毎日チェックしましょう。それらのサイトは定期的に情報が更新されていくからです。特に業界研究というのは、最新の業界事情に精通していることが求められるため、最新情報にアクセスできることは大切です。毎日、サイトをチェックして、常に新しい情報をチェックする習慣をつけましょう。それが業界研究にとても役立ちます。

業界研究におすすめのサイト

これから業界研究をするために役に立つサイトを紹介しましょう。

日本経済新聞

日本経済新聞のサイトには業界研究に役立つ情報が掲載されています。業界地図シリーズというコンテンツがあり、こちらにはそれぞれの業界についてわかりやすく情報がまとめられています。最新情報が掲載されているため、現在の業界の状況について簡単に確認することができるでしょう。

リクナビ就職ジャーナル

リクナビ就職ジャーナルは就活に役立つ情報をたくさん掲載しているサイトです。就活生が本当に知りたいことをしっかりと網羅していて信頼されています。業界研究や企業研究に関するタグが用意されているため、そちらをチェックすれば業界研究に関する記事を簡単に確認できるでしょう。特定の業界に絞って、その業界の情報がまとめられています。

マイナビ業界研究大図鑑

マイナビのサイトの中にあるコンテンツの1つです。業界研究のためにわかりやすい情報を提供しています。あなたの身の回りにあるものと業界がどのように関わっているのかがひと目でわかるようになっているのが特徴です。興味のあるアイテムを選択すると、そのアイテムに関連した業界が表示されます。たとえば、バッグをクリックすると、化学メーカーや繊維メーカー、アパレル、広告といった業界が表示されます。それぞれの業界の詳細や企業リストのページに飛ぶこともできます。単に業界研究ができるだけではなく、ある製品やサービスにどういった業界が関わっているのかを視覚的にチェックできるのがメリットです。

就活メンターズ

就活メンターズは就活生を応援するためのマッチングサービスです。メンターがいて企業からの推薦をもらうことができます。さまざまな相談に乗ってくれるサービスであり、企業分析や業界分析のことについて質問することも可能です。就活についてのあらゆる悩みに対してしっかりと回答してくれるため、業界研究以外でも役に立ちます。就活をしている人は気軽に登録してみるとよいでしょう。経験豊富なメンターが対応してくれます。

業界研究に役立つサイト

その他に業界研究で役立つサイトについて紹介しましょう。

スマート業界地図

こちらは業界研究に特化しているサイトです。運営しているのは、企業口コミサイトであるカイシャの評判と同じです。スマート業界地図では全部で28の業界について、構造や市場シェア、最新トレンドなどが解説されています。イラストを交えて解説されているため、とてもわかりやすいです。それぞれの業界について俯瞰的に研究をしたあとは、カイシャの評判をチェックすることで個別の企業についてよりリアルな情報に触れることができます。スマート業界地図は業界の最新動向が網羅されているため価値の高い情報を得られます。

キャリタス就活

こちらは就活生のために企業情報からイベント情報、採用情報までさまざまな情報を網羅している就活支援サービスです。日本経済新聞社と日経HRの協力を得ることで役に立つ情報を提供しています。キャリタス就活であれば業界研究のために役立つ情報を得ることも可能です。たとえば、業界MAPというコンテンツがあります。こちらには32の業界と約900社についてひと目でわかるように地図形式で情報が掲載されているのが特徴です。サービスや製品の国内シェアをチェックすることもできます。それぞれの業界の現在の状況を調べるのに役立ちます。

帝国データバンク

日本で最大級の企業情報データベースが帝国データバンクです。こちらには企業の独自調査レポートや倒産情報、分析データといった情報が公開されています。コンテンツの1つとして、景気業界動向というものがあり、こちらをチェックするとそれぞれの業界や景気の動向や見通しをチェックすることができます。豊富な情報を分析した結果が紹介されているため、とても役に立ちます。さまざまなレポートがまとめられていて、業界動向を知るのに便利です。金融や建設・不動産、食品、繊維などそれぞれの業界ごとに情報がまとめられているため、自分の興味のある業界について調べやすいです。

あさがくナビ

こちらは新卒者向けの就活情報サイトです。企業やイベントを探したり求人情報をチェックしたりすることができます。他にもスカウトや就活支援など豊富なコンテンツを通して就活生を応援しています。業界研究に役立てることができる業界MAPも掲載されています。気になる業界について、業界の仕組みから最新トピックス、採用の傾向まで網羅されているのが特徴です。業界研究に苦労している人はぜひともチェックしてみましょう。

サイトで業界研究するときのポイント・注意点

これからサイトの情報を利用して業界研究を進める上でのポイントや注意点についてまとめました。

特定の業界に特化したサイトはおすすめ

業界研究をする際には詳しい情報を知ることは大切です。特に自分がメインで就活をしたいと思っている業界については専門的なことをしっかりと理解しておくことで、ライバルに差をつけられます。そのためには特定の業界に特化した情報をまとめているサイトを利用することをおすすめします。そのようなサイトであれば、特定の業界についてより深い情報が網羅されているため、就活に役立てることができます。書籍などでは得られない情報が提供されていることもあります。

必ず複数のサイトの情報をチェックする

せっかく業界研究のためにインターネットを利用するつもりならば、複数のサイトの情報をチェックすることをおすすめします。それぞれのサイトの情報の中には当然被っているものもたくさんあるはずです。しかし、特定のサイトにしか掲載されていない情報もあります。また、間違えた情報が掲載されていることもあり、複数のサイトをチェックしてはじめて誤りに気がつくということもあるのです。ネット上には無料で利用できるサイトがたくさんあるため、どうせならば複数のサイトをチェックして業界研究を進めましょう。

最新情報を確認する

ネット上の情報はすべて最新情報とは限りません。中には古い情報も含まれているため注意しましょう。これからチェックする情報が最新のものかどうかよく確認することを心がけてください。もちろん、古い情報だからといって、まったく役に立たないというわけではありません。たとえば、それぞれの業界の仕組みなどに関する情報の場合は、古い情報でも参考になるものは多いです。しかし、業界の最新動向や現状に関する情報の場合は、新しい情報でないと意味がないため気をつけましょう。あまり情報が頻繁に更新されていないようなサイトは利用しないほうが良いです。

サイトで得た情報をまとめておく

業界研究を進めるときには、ただ漠然と情報を集めておくだけではいけません。いろいろなサイトをチェックして得られた情報はきちんとわかりやすい形にまとめておくことをおすすめします。せっかく得られた情報をまとめておかないのは意味がありません。役に立つ情報とそうでない情報をきちんとわけましょう。本当に重要な情報のみを簡潔にまとめておいてください。紙のノートを使ったり、パソコンの文書作成ソフトでまとめたりするといった方法があります。

まとめ

業界研究をするのにおすすめのサイトについてまとめました。これから業界研究を始めたいと考えている人は参考にしてください。こちらで紹介したサイトを活用することによって、効率よく業界研究を進めることができます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。