企業選びの軸の具体例が知りたい!さまざまな例を紹介します

企業選びの軸を考えるのは就活において重要なことであると多くの人は知っているでしょう。しかし、実際に考えるとなると具体的な例を参考にしたいものです。そこで、企業選びの軸についてさまざまな例を紹介しましょう。

おすすめの就職サービス

企業選びの軸は具体例を参考にしよう

企業選びの軸を考えるためのポイントを紹介します。

自分で一から考えるのは難しい

企業選びの軸は人それぞれ異なるものです。自分が希望する通りの企業に応募して就職を果たすためには、自分に合った企業選びの軸を考えることが大切です。そのため、基本的には自分一人で企業選びの軸を考えることになります。しかし、これまでに就活をしたことがないと、企業選びの軸を考えようとしてもなかなかうまくいかないことが多いでしょう。一から自分で考えるのはとても難しいことなのです。

ある程度無難な内容にすることが大切

企業選びの軸はありきたりな内容ではいけないと考える人がいるかもしれません。それではほかの就活生と差別化を図ることができず、面接でアピールすることができないからです。しかし、個性的な内容であればそれだけでよいというものでもありません。ある程度は無難な内容にしておくことをおすすめします。その方が失敗は少なくなるからです。

過去のさまざまな回答例が蓄積している

企業選びの軸については過去にさまざまな就活生が考えてきたことであり、その結果、いろいろな回答例が蓄積しています。それらを参考にして企業選びの軸について考えてみることをおすすめします。過去の就活生がどういった考え方をしてきたのか、企業選びの軸についてどんな回答をしたのかその内容をチェックすることでスムーズに考えることができます。

具体例を踏まえてオリジナルの回答を考えよう

企業選びの軸を考えるときのポイントは、具体例を踏まえた上で自分なりの要素を加えたオリジナルの回答を考えることです。そうすれば、質の高い回答を用意することができ、面接やESでは高く評価されます。

企業選びの軸の良い例

企業選びの軸の答え方として良い例について紹介しましょう。

チームワーク

チームワークを企業選びの軸にするというケースは多いです。こちらを重視するならば、チームで取り組む仕事が多い企業を応募先に選ぶことになります。たとえば、過去にチームで何か1つの目標に取り組んで成功した体験があるならば、そのことを踏まえた上で回答するとよいでしょう。みんなで協力して何か大きなことを成し遂げた経験があるならば、チームで仕事をする喜びや楽しさを見出すことができるはずであり、その経験を再び味わえるような企業に就職したいというのは企業選びの軸として説得力があります。

社風

自分が共感できる社風の企業に就職したいという考え方があります。社風というのはそれぞれの企業によって異なっているものです。そのため、企業選びの軸としては回答しやすいといえるでしょう。自分が理想としている社風と応募先の企業の社風が一致していることを伝えればよいからです。その際には、どうしてその社風に憧れているのかわかりやすく理由を説明することが大切です。説得力のある理由を伝えることができれば、社風に共感して応募したという志望理由は良いアピールになるでしょう。

やりがい

自分がやりがいを感じる仕事ができる会社を探しているというのは企業選びの軸としてよくあるパターンです。この場合はやりがいの中身について具体的に説明することが大切です。やりがいにもいろいろなパターンがあるからです。自分がどういったことにやりがいを感じるのかを説明して、応募先の企業での仕事では自分の望むとおりのやりがいを感じられそうであると伝えましょう。やりがいのある仕事をしたほうがモチベーションを上げやすいため、やりがいを持てる仕事を探したいというのは好意的に受け止められます。

成長

自分が成長できるような環境を求めるというのは企業選びの軸として多い回答例です。応募先の企業の環境が自分の成長に大きく寄与するという理由を伝えましょう。たとえば、新入社員であっても重要な仕事を任せてもらえる、発言権を与えられるといった会社であれば、自分が成長できるフィールドがあるとアピールできるでしょう。成長するためのどういった環境を求めていて、応募先の企業のどういう要素が成長するのに都合が良いのかをきちんと説明できるとよいです。具体的な要素を含めないと漠然とした内容になってしまうため注意してください。

企業選びの軸の悪い例

これから企業選びの軸を考える際に避けるべき悪い例についていくつか紹介します。

待遇

企業の待遇を軸にするのは避けるべきです。もちろん、多くの人は実際に仕事を探すときに待遇を最優先しているものです。しかし、待遇だけを理由にするのであれば、それ以外の要素を何も重視していないように思われます。これでは、入社したあとにもっと高待遇で雇ってくれる企業を見つければ簡単に転職してしまうと思われるでしょう。待遇飲みを重視しているような人材を企業はあまり雇いたいと思いません。また、待遇を重視するのは、わざわざ企業選びの軸として定めるべきではないと考えられます。どんな就活生だって待遇を重視するのは当然だからです。このような理由から企業選びの軸として待遇は不適当といえるでしょう。

どんな企業にも当てはまる

多くの企業に当てはまるような要素を企業選びの軸にしてはいけません。企業選びの軸というのは、数多くある企業の中から応募先を絞るために考えることだからです。したがって、どんな企業にも当てはまるような要素を企業選びの軸にしても意味がないと考えられます。たとえば、営業の仕事をしたいからという理由だと、ほとんどの企業に当てはまってしまうため、企業選びの軸としてはふさわしくありません。もっと細かな要素を含んだ理由を考えるべきです。

企業の規模

企業の規模を企業選びの軸にするべきではありません。とにかく大きな規模の企業に就職したいという考え方は消極的です。大企業であればどこでも良いのかと思われるでしょう。これでは、応募先の企業にしか当てはまらないわけではなくなるため、あなたの熱意が疑われてしまいます。もっと大きい規模の企業があれば、そちらに簡単に移ってしまうという印象を与えるでしょう。

サービスや製品

企業のサービスや製品を企業選びの軸にするべきではありません。たとえば、自分の好きな製品やサービスを出していることを理由に企業を選ぶというのは、あまり印象が良くないからです。企業は戦力として活躍してくれる人材を求めています。自社の製品やサービスが好きな人はただのファンであって、それが優秀な人材であるとは限りません。また、企業は多様性のある人材を求めているため、自分たちの製品やサービスのファンを採用したとしても、あまりメリットがないと考えます。サービスや製品を好きだからという理由で企業を選ぶのは安易な考え方であると判断されるでしょう。

企業選びの軸に失敗しないためのポイント

企業選びの軸を考える際に失敗しないためのポイントについて紹介しましょう。

企業の情報をできるだけ調べる

これから企業選びの軸を考える際には企業に関する情報をできるだけ多く集めましょう。企業の情報に詳しくないと見当外れな企業選びの軸を答えてしまう可能性が高くなります。企業選びの軸を面接などで回答するときには、応募先の企業がその条件を満たしていることを示す必要があります。たとえば、社風や業務内容などについて詳しいことを知っておくと、より説得力のある企業選びの軸を示すことができます。企業説明会などに積極的に参加して情報収集をすることをおすすめします。

徹底的に自己分析をする

企業選びの軸とは、自分が企業で働くことについて何を重視するのかということです。これを考えるためにはもっと自分についての理解を深める必要があるでしょう。そこで、徹底的に自己分析をすることになります。自分のこれまでの人生を振り返ってみて、自分がどんなことに適正があるのか、何を重視して生きてきたのか、これからどのように生きてきたいのかといった点を考えてみましょう。そうすれば、企業選びの軸は自然と見えてくるものです。また、過去のエピソードを振り返ることによって、企業選びの軸に説得力を持たせるための補強ができます。

自分の将来の理想について考える

自分は将来どうなりたいのか理想について考えてみましょう。これからの人生におけるキャリアプランについてしっかりと検討してみれば、企業選びの軸がみえてきます。これから就活をして就職すれば、その企業で20年や30年以上働き続けることになるかもしれません。それはあなたの人生に大きな影響を与えることです。これからの人生を自分が満足できるようになるために企業選びは慎重に行う必要があります。自分の理想の生き方を実現するためは、どんな企業を選ぶべきなのかという視点から企業選びの軸について考えると良いです。

結論からわかりやすく述べる

実際に面接やESで企業選びの軸を回答するときには、まず結論からわかりやすく伝えるようにしましょう。結論を伝えて、その理由について具体例を交えながら説明することによって、聞いている人にわかりやすく理解してもらうことができます。たとえば、面接で企業選びの軸を回答する際には、事前に回答例を用意しておいてそれを練習してみることをおすすめします。何度も内容をブラッシュアップしていき、わかりやすくて説得力のある回答をつくってください。

まとめ

企業選びの軸について具体例を紹介しました。この記事を参考にして企業選びの軸を考えれば失敗を避けることができるでしょう。時間をかけて企業選びの軸を考えることで、就活を成功させることができます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。