企業研究の方法を知りたい!目的や進め方、ポイントをまとめました!

これから就活のために企業研究するならば、そのための具体的な方法を知りたい人は多いでしょう。どのように企業研究を進めればいのか理解できていない人はきっと多いはずです。そこで、企業研究の方法として目的や進め方、ポイントについてまとめました。

おすすめの就職サービス

企業研究の方法の前に目的を理解しよう

企業研究の方法について知る前に目的を理解することは大切です。そこで、企業研究の目的について解説しましょう。

企業を知るために行う

企業研究というのはそれぞれの企業について詳しく知るために行うことです。それぞれの企業についてよく理解していないのに就活を進めてもうまくいかないでしょう。そのような就活の進め方をするのはリスクがあるため、しっかりと企業研究をしておくことが求められます。

自己分析につながる

実は企業研究を進めることは自己分析にもつながります。企業研究をしていくと、自分はどういった企業に興味を持っているのか、どんな点に魅力を感じているのかがわかります。そのような作業を続けていくことで、自分のことも見えてくるようになるのです。

志望動機を考えるのに役立つ

これから面接やESを受けるときには志望動機を伝える必要があります。志望動機に説得力をもたせるためには企業について深く理解していることが大切です。企業のどういう点に興味を持ったのか、企業に対して自分がどういう貢献ができると思ったのかなどを具体的に説明するためには企業研究をしていることがとても重要です。

就活に生かすために企業研究をする

このように企業研究というのは就活をする上でとても役に立つものです。そのため、これから企業研究したいと考えているならば、それはあくまでも就活に生かすことをメインに考えるべきでしょう。就活を成功させるために企業研究に取り組むという姿勢を持つことが大切です。

企業研究の基本的な方法

企業研究を進めるための基本的な方法について説明しましょう。

企業の情報を集める

企業研究を行う際にはまず企業の情報について集めることが大切です。従業員や売上、資本金といった基本情報はきちんと押さえておきましょう。これらの基本的なデータは企業を比較するときに役立つからです。

企業の強みを考える

企業がどのような強みを持っているのか考えることも大切です。それぞれの企業は他社と比較したときに独自の魅力や強みを持っているものです。その企業の強みに注目することによって、他社との違いが見えてくるでしょう。また、どの企業に応募するべきか決めるときにも、企業の強みが決め手となることは多いです。

同業他社と比較する

企業研究では同業他社と比較することが大切です。同業他社と比べたときにどういった違いがあるのかという点に注目してみましょう。そうすることで、それぞれの企業の特徴がよく見えてくるからです。また、必ず同じ業界の企業同士を比較するようにしましょう。別の業界の企業と比較したとしてもあまり意味はありません。それぞれの業界ごとに大きな違いがあります。自分がどの業界に就職したいのか考えることも大切なのです。

現在抱えている課題や今後の展開を考える

企業はそれぞれに課題を抱えているものです。その問題点について、今後どのように解決していこうとしているのか、今後の展開や展望について調べてみましょう。企業の置かれている状況に注目して、企業がこれからどのような行動に出るのか予想してみることも大切です。これらの作業を通じて企業の将来性について考えることができるでしょう。当然、将来性のある企業に応募するべきです。これから企業がどんどん落ちていくと予想されるならば、そういう企業に応募するのは避けた方がよいでしょう。

入社後に何ができるか、何をしたいのか考える

その企業に入社することで自分に何ができるのか、何をしたいのか具体的に考えることは大切です。企業に応募して叶えたい夢や目的などがそれぞれにあるはずです。あなたの希望を叶えてくれるような環境が整っている企業に応募するべきでしょう。あなたにとって働きやすくて、自分が希望する仕事をさせてくれるような企業に申し込みをするとよいです。そうすれば、満足できる働き方ができて、その企業で仕事をするのが楽しくなります。自分の将来のキャリア形成を踏まえた上で企業選びをすることが大切です。

企業研究のための情報を集める方法

企業研究を行うためには情報をしっかりと集めておくことが大切です。どうすれば情報を集められるのかそのための方法について解説しましょう。

企業のホームページをチェックする

企業の情報を集めるために基本となるのはホームページです。それぞれの企業のホームページをチェックすることで、基本的な情報を集められます。ただし、企業によってはホームページの情報をほとんど更新していないこともあります。きちんと最新の情報が掲載されているかどうか確認しておくことは大切です。また、あまり頻繁に情報が更新されていないホームページを持つ企業は信頼性がないため応募先の候補からは外した方が良いでしょう。

説明会やセミナーなどのイベントに参加する

就活生のためのイベントとして説明会やセミナーといった機会があります。これらのイベントに参加すると企業についてさまざまな情報を集めることができます。実際に企業に在籍している人から会社について深い情報を話してくれます。現場からの生の声を聞く機会となるため、このような機会は積極的に生かしましょう。参加者からの質問を受け付けているケースも多いため、疑問点があるならばどんどん質問することをおすすめします。どのような質問でも答えられる範囲で対応してくれるでしょう。

OB訪問やインターンシップなどを活用する

OB訪問では自分たちの先輩が在籍している企業について話を聞くことができます。OB訪問はよりフランクな雰囲気で話をすることができるため、そこで企業についてのさまざまな話を聞くことができます。どのような職場で働いているのか詳しく聞き出すことによって、これから応募先を選ぶときの参考になります。インターンシップでは実際に現場で働いてみることができます。現場を経験することによって見えてくるものはたくさんあるでしょう。そこで、興味を持つこともあれば、幻滅してしまうこともあります。これらの機会を活用することでより深く企業研究ができるようになるのです。

書籍やネットの情報を参考にする

書籍やネット上の情報を参考にすることは大切です。企業について公開されているさまざまな情報を知ることができます。ただし、書籍やネットの情報というのは怪しいものも含まれていることに留意しましょう。すべてを信じるのではなく、半信半疑な気持ちで接することが大切です。基本的に企業についての情報で一番信頼できるのは、企業が公式で発表している情報のみです。

企業研究の方法を実践するときのポイント

これから企業研究を進めていく際の方法について、実践するときのポイントを説明しましょう。

情報の取捨選択をする

企業研究を進めていくとたくさんの情報を得ることができます。それらの情報をすべて真面目に受け取ってはいけません。なかには怪しい情報が含まれているからです。情報の精査をきちんと行うことが大切です。本当に必要な正しい情報と怪しい情報の取捨選択をすることが企業研究の鍵を握ります。情報源の正しさには特に気を使いましょう。また、人は自分の好む情報を信じやすい傾向があるため、そういう先入観を排除して情報に接することを意識することは大切です。

自分の企業選びの軸を意識する

企業研究はこれからどこの企業に応募するのか決めるために行うものです。そこで大切になるのは企業選びの軸です。自分が企業選びにおいて何を重視しているのか意識しましょう。企業選びの軸を意識しながら企業研究を進めていくことで、どの企業に応募したいのか明確に見えてくるようになります。企業選びの軸がない状態で漠然と企業研究を進めたとしても、応募する企業を絞ることは難しくなるでしょう。企業研究を始める際には、同時に企業選びの軸について考えることも始めてください。

最新情報を集める

企業研究で集める情報はすべて最新のものにしましょう。特に書籍やネット上の情報というのは古い情報ばかりになってしまう可能性があります。公式で発表している情報であっても、その情報が発表されたのが数年前のものであれば意味がありません。これから目を通す情報が一体どの時点のものなのかに注意しましょう。最新の情報を集めたいならば、説明会などに参加して企業の人から実際に情報を聞くことをおすすめします。説明会であれば、資料を受け取ることができ、そこに記載されているのは基本的に最新情報となっているため安心できるでしょう。

こだわりすぎない

企業研究で大切なことはこだわりすぎないことです。企業研究に熱中してしまうと細かい部分にもこだわってしまうことがあります。しかし、企業研究というのはあくまでも就活をサポートするために補助的に行うものです。いくら企業研究を熱心にしたとしても、肝心の面接やESで失敗してしまえば就活を成功させることはできません。目的はあくまでも就活を成功させることにあると意識しましょう。細かい部分にまでこだわって完璧主義でやることは就活の失敗につながるため注意してください。企業研究はある程度のところで満足して、次の段階に進むことが大切です。

まとめ

企業研究の方法についてまとめました。これから企業研究を進めたいならば、こちらに書かれた内容を参考にしてください。企業研究をしっかりと行うことができれば、それはきっとあなたの就活に役立つでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。