初心者でも安心!「就活の軸の見つけ方」を徹底解説!!

就活において、就活の軸をしっかりと定めることはその後の就活をスムーズにするためには重要なことです。しかし、就活の軸の見つけ方が分からない人は少なくありません。

就活の軸の見つけ方について詳しく見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

就活の軸とは?軸の見つけ方を解説

就活の軸とは、企業や職種選びの自分自身の基準のことを示しています。就活は内定がゴールではありません。社会人になった時、どんな仕事をしたいのか、どんな働き方をしたいのかなど、入社後の自分自身の将来像を具体的に考えておくことはとても重要なことなのです。

自分に合った仕事や企業を選択する上で、就活の軸はとても必要なものなのです。就活の軸には大きく分けて2つあります。「自分の軸」と「企業の軸」です。自分の軸とは、「こういう社会人になりたい」「こんなキャリアを積んでいきたい」など、自分自身の将来に焦点を当てている基準となります。一方、企業の軸は、大企業である、英語が使える仕事のような企業の環境や条件についての基準です。

どちらか一方の基準のみでは、うまくいきません。2つの基準を合わせて、自分が将来どのような人生にしたいのか、という視点で「就活の軸」を考えてみてはいかがでしょうか。

では、就活の軸を見つけてみようといっても難しいと思うものです。就活が本格的に始まってしまう前に、あらかじめ「就活の軸」を定めておけば、企業の選択が効率的にスムーズに出来ることでしょう。就活の軸がなかなか見つけられないという人は、複数の企業を比べてみて、自分自身の興味がどこにあるのか分析してみてはいかがでしょうか。

それには、複数の企業が集まる合同説明会はとてもお勧めです。自分自身の感覚的なものでも構いません。興味があると思った企業の共通点は何か分析をしてみましょう。分析をすることで、自分自身の「就活の軸」が見えてくるのではないでしょうか。

就活生必見!軸の見つけ方のポイント

就活の軸をいざ見つけようと思っても、すぐに見つけられる人は多くはいないことでしょう。とても難しいことですよね。そこで、就活の軸の見つけ方のポイントを見ていきましょう。

就活の軸とは、自分自身が就活で優先したい、重要だと思う基準を示しています。その基準は人それぞれでしょう。たくさんの種類があることでしょう。自分自身はどこに魅力を感じているのか、どのような事に興味を持っているのかを、自分自身で、自己分析することがとても重要なのです。自己分析をしっかりとし、自分自身をどれほど理解しているかどうかで、今後の就活の命運がかかっているのです。

そもそも、面接で、「就活の軸」につて高い確率で質問されることでしょう。企業側は、「就活生がどんなことを大事にし、何を基準としているのか」という情報を知りたいと思っているのです。就活生の人間性を判断し、企業とのミスマッチを防ぐためには、とても重要な質問なのです。そのため、しっかりと対策をしておかなければ、面接で答えることは出来ないのです。もし、就活の軸を持っておらず、何となくな返答をしてしまっては、内定を勝ち取ることは出来ないことでしょう。

就活において、選考を受ける企業選びに苦戦する人は少なくありません。やみくもに、たくさんの企業の選択すると、効率が悪く、スケジュールが圧迫してしまうため、良い結果に繋げることが出来ないのです。就活の軸は、企業選びにも大いに役立ちます。軸を基準に企業選びをすることで、時間を有効に使うことが可能なのです。

就活生と企業に生じてしまうミスマッチは、就活生が就活の軸を定めないまま、自分自身の大切にしたいことを理解しないまま就活を進めてしまったことが原因なのです。

まずは、自己分析をしっかりと行い、自分自身を深く理解することが何よりも重要なことなのです。自分の価値観をしっかりと理解し、将来長く働くことができる企業を選択できるように準備をして就活に臨みましょう。

自分だけの軸とは?就活の勧め

就活をする上で、自分だけの軸の見つけ方が分かる人はどれくらいいるのでしょうか。しかし、結局のところ、就活の軸って何?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。就活の軸を持つことは、企業選びや自己分析の軸ともなり、選考での軸にもなります。

「入社後はこんなことに挑戦したい」「働く上でこういうことがしたい」など自分の目指す軸を定めておくことはとても重要なことなのです。就活の軸は、企業選びの軸ともなるため、選考を進めていく上でのブレない心の支えとなることでしょう。

就活の軸は、企業側から見れば、「働き方や意欲が見える目安」となり、就活生にとっては、「企業選びの方向性を決めるもの」「心の支えになるもの」なのです。就活の軸を定めていると、選考において、どのような質問がきたとしても、ブレることなく回答することが出来るのです。

就活の軸を持っていなければ、なんとなく就活を続けてしまい、「なんの目的で就活をしているんだろう」と考えてしまうこともあるのです。自分自身の中で、将来どのような自分になっていたいのか、しっかりと定めておきましょう。

就活の軸を持つことはとても大切なことであり、定めることで、ブレずに就活を進めることが出来ます。しかし、「これで本当にいいのか?」と自分自身の軸について検証、分析をすることも大切なのです。「自分だけの本当の就活の軸」を見つけることが、さらに充実した就活を進め、内定を勝ち取ることに繋がるのです。

就活の軸を定める上で、必要なものが「自己分析」です。自己分析を確実に行うことはとても大切なことなのです。自分が過去に経験したことを振り返ってみましょう。過去の経験の中から、頑張った経験や苦労した経験など、細かく深堀りしていきましょう。「いつ」「どこで」「どのようにつまづき」「どのように乗り越えたのか」まで詳細に分析をしましょう。細かく分析し、自分史を作ることで、自分が求めていることが自然と見えてくることでしょう。

自分史があると、自分の長所や短所などを理解することにも繋がります。自分の傾向を知ることが出来るのです。その中で、「ここだけは譲れないポイント」を整理し、自分の軸を定めていきましょう。

自分の就活の軸を見つけよう!!基本の作り方を解説

就活の軸の見つけ方にはさまざまな方法があります。まずは、自分の強みを探し出すことです。「自分だけの強み」は、そのまま就活の軸にも繋がるとても重要なことです。

自分の強みは、面接で質問されることが多い内容です。そのため、しっかりと深堀りをいs、整理しておかなければ、選考での印象が、「考えていない人」「地に足がついていない人」となってしまうのです。選考での評価を高めるためにも、自分の強みをしっかりと分析し、整理しておくことが必要不可欠なのです。

就活は情報収集をたくさんすることが求められます。いかにたくさんの企業の情報を集められるかが、内定を勝ち取るために必要なことなのです。また、志望している業種や業界のみならず、他の業界についても情報を集めておくことはとてもプラスとなります。より広い視野での対策が必要なのです。

そして、企業研究や業界研究をしっかりとしましょう。企業の魅力を書き出すしておくのです。企業に対して魅力を感じる部分は、そのまま自分が大切にしたいことなのです。魅力を書き出して整理すれば、就活の軸に活用することも出来るのです。就活の軸がなかなか定まらないと悩んでいる人はぜひ試してみましょう。

内定者が教える!?就活の軸の見つけ方とは?

就活の軸の見つけ方は人それぞれあることでしょう。就活の軸が見つからず、悩んでいる人はまず、自分自身の過去を振り返りましょう。自分自身のことを理解したければ、自分自身の今までの過去を深堀りすることが必要なのです。自分の行動を振り返ることで、自分自身の行動の動機を振り返ることが出来るのです。

「なぜ始めたのか?」「なぜ頑張れたのか?」「どのような壁にぶちあたり、どのように乗り越えたのか?」「成し遂げた時、どのような気持ちになったのか?」など、過去の自分を振り返りましょう。これらの点を分析し、自分自身と向き合うことで、自分のやりたいことを見つけるヒントになり、自分自身のやる気の動機を見つけることが出来るのです。

また、過去に自分自身が興味をもったことの共通点を見つけることも、とても重要なことです。今までの複数の経験の中で共通している「頑張れた理由」「行動を始めた理由」「続けられた理由」を振り返るのです。自分自身の根本にある基準を見つけ、就活の軸を作り出すのです。

まとめ

さて、就活の軸の見つけ方について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。「自分の喜びを感じることは何なのか?」「どういう条件が必要なのか?」など自分自身の基準を見つけていくことがとても重要なのです。

そして、就活の軸を見つける上で、自分自身の過去の経験を振り返ることが、就活の軸を見つける大きなヒントとなるでしょう。今までの経験から自分が大切にしている基準を見つけることができるのです。

就活の軸を見つけるには、まず自己分析をすることが重要となります。自分自身と向き合い、自分を深堀りすることで、自分自身の特徴や性格などを整理する必要があるのです。自分自身の軸が明確であれば、選考でどのような質問をされたとしても、ブレずに回答をすることが出来るのです。選考を受けるうえで、軸がしっかりとしていれば、不安を感じることも少なくなるのではないでしょうか。

就活の軸をしっかりと見つけ、効率的な就活を進めることができるように、しっかりと準備をして就活に臨みましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。