就活の攻略法は自己分析にある!?内定への道

就活をスムーズに楽に終わらせたいと考える就活生は少なくありません。就活で内定を勝ち取る上で最も重要なことは、準備です。自己分析や企業研究など、就活に向けた準備をいかにしっかりと行うかどうかが、内定を勝ち取る重要な鍵となるのです。

中でも、自己分析は、とても大切なことです。自己分析をしっかりと行わなければ、就活における自分自身の軸が定まらず、選考を勝ち進んでいくことは出来ません。

しかし、「どのように自己分析をしていけばいいのか?」「自分の良さが分からない」と苦戦してしまう就活生は多いのではないでしょうか。

就活において、避けては通ることが出来ない自己分析について詳しく見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

内定に近付く方法とは?自己分析のやり方まとめ

就活において、内定を勝ち取るには、自己アピールが出来るかどうかはとても重要なことです。自己アピールをするには、まずは自分自身を知り、分析することから始まります。自己分析をいかにしっかりと行うかどうかが、就活での成功の鍵となるのです。それでは、内定を勝ち取るための、自己分析の方法について詳しく見ていきましょう。

まずは、自己分析の目的をしっかりと理解しましょう。目的も分からず、自己分析をしてもとても浅い分析となってしまうことでしょう。「なぜ自己分析が重要なのか」「なぜ自己分析を行った方がよいのか」をしっかりと理解しておきましょう。

自己分析は、自分の企業選びの軸を明確にするため、そして自分のことを他人に分かりやすく説明するために重要なことなのです。エントリーシートや面接など、今後就活の多くの場面において、とても重要となってくるものなのです。

例えば、志望動機です。志望動機はほぼ全ての選考で問われる質問ではないでしょうか。「御社の企業理念に惹かれたから」「社風に惹かれたから」などと回答する人もいることでしょう。そのような浅い考えでは、企業側に自分自身を伝えることはできず、印象にも残らないのではないでしょうか。

企業側に、「この就活生は、この会社で何をやりたいのか」を判断しにくいからなのです。「なぜ」を明確にすることはとても重要なのです。自分自身が「何に価値を感じているのか」「何を大切だと考えているのか」をまず自分自身が理解することがとても重要なことなのです。自分自身の思いを企業側に明確に伝えるためには、自己分析が最も重要なことだと言えるでしょう。

まず、自己分析では、「なぜ」「なぜ」と自分自身を深堀りしていきましょう。これまでの人生のさまざまな出来事を整理しましょう。そしてその一つ一つをしっかりと深堀りをするのです。

「頑張ったこと」「大変だったこと」「楽しかったこと」などテーマごとに深堀りをしましょう。そして、それぞれ具体的な場面を振り返り、整理しましょう。そして、その中で、一つ一つを「なぜ?」と深堀りするのです。その過程で、自分自身が「何を大事にしているのか」「何に価値を持っているのか」を理解できるようになるのです。

就活を解説!自己分析の方法

就活での自己分析について、漠然としたイメージや考えを持っている人は多くいることでしょう。しかし、浅い考えでは充分に自己分析を行ったことにはなrないのです。自分自身の弱みや強み、価値観や性格を深く掘り下げ、理解することが重要となります。

自己分析において、自分自身を深堀りし、理解するにはいくつかの方法があります。より深く自己分析をし、自分自身を理解するためには、大きく3つの軸があるのです。それは、自分の「好きなこと」「得意なこと」「需要があること」なのです。この3つの軸が交わるところが自分自身のアピールポイントとなるのです。

戦略的な自己分析に役立つ言葉に、「Will」「Want」「Can」という3つの視点があります。自分自身が「将来どうなりたいのか」「何をしたいのか」「何が出来るのか」という視点となります。それぞれの視点に対して、自分自身の明確な回答を持ち、整理しておくことはとても重要となります。また、3つの視点のうち、自分自身はどの要素が強く、どの要素が足りないのかを把握しておくと、今後の業界・企業選びにも大きく役立つこととなるでしょう。まずは、自分自身の3つの視点を考えましょう。

そして次に、自分自身の長所・短所について考えることが重要です。選考において「あなたの強み、弱みはなんですか?」という質問はよく耳にする定番の質問となります。この質問には自己分析が大いに影響を与えるのです。

自分自身の長所・短所を客観的に考え、理解することはとても難しいことです。いかに自分自身の性格や特徴を深く掘り下げ、客観的に理解し、分析を出来るかどうかはとても大切なことなのです。

自己分析を完成させよう!就活の勧め

就活をスムーズにスタートさせるためにも、自己分析は必要不可欠なものです。自己分析を完璧に完成させるためのステップを見ていきましょう。

まずは、自己分析の必要性について理解しましょう。「なぜ自己分析をするのか」をしっかりと理解しなければ、意味のある自己分析とはならないのです。

自己分析において、「企業はどんなことを採用で重視しているのか?」を知ることが重要となります。主に、企業側は「人柄」「企業への熱意」「今後の可能性」を重視する傾向にあります。「就活生はどんな人なのか」「なぜこの企業に入りたいのか」「どんな風に会社で活躍してれるのか」を知りたいのです。

企業側のこの3つの疑問にいかにしっかりと答えられるかどうかが内定を勝ち取る大きなポイントなのです。自己分析とは、この3つの企業側の疑問に対して、上手に回答するために必要不可欠なものなのです。
希望の企業の選択する際、通常はいくつものエントリーシートを出し、通過した企業の選考に進むというスタイルです。より多くの企業を受けることが内定へと近付く方法だと考える就活生も多いのではないでしょうか。しかし、やみくもに、選考を受ける企業を増やしてしまうと、一つ一つの企業に対してかける時間が少なくなってしまいます。つまり、しっかりと対策を練ることが難しくなるのです。

また、適当に企業を選択してしまうと、入社後に自分の想像とのギャップを感じてしまう人も多いのではないでしょうか。せっかく一生懸命に就活を行っても、入社後にすぐ疑問を持ってしまっては、意味がありません。

自己分析をしっかりと行い、自分に合った企業を選択することで、効率的な就活になるのです。じっくりと準備をし、企業とのミスマッチを防ぐ努力が必要なのです。

就活に効果的な自己分析とは?

就活において、自己分析を「めんどくさい」「くだらない」と考えてしまう人は少なくありません。しかし、就活では自己分析は絶対に必要なものであり、就活に大きな影響を与えるものです。いかに自己分析をしっかりと行っているかどうかが選考を勝ち進むことが出来る結果へと繋がっていくのです。

自己分析をしっかりと行うことで、就活に良い効果をもたらします。まずは、自己PRの材料が見つかるということです。自己PRは、エントリーシートや面接で度々質問される内容です。自己分析をしっかりとしていないと、自己PRも浅い内容となってしまうのです。

自己分析をすることで、自分自身が持っている強みや弱みは何なのか、意識することが出来ます。そしてその自分自身の特徴を今後どのように活かしていけるのかを深堀りすることが出来るのです。面接では、エピソードも踏まえつつ、より具体的に回答するように心がけ、より内容に説得力を持たせましょう。

就活で評価される!?自己分析の基本ステップ

就活における自己分析とは、自分自身の考えや価値観を理解することです。自分自身を理解することで、就活においてとてもプラスな効果をもたらします。企業選びの軸を定めることができ、面接などで、自分自身のことを具体的に伝えることが出来るのです。就活で成功を収めるためにも自己分析はとても重要なことなのです。

自己分析には基本的なステップがあります。まずは、自分自身を客観的に考えることです、主観的考えのみでは自分自身を性格に理解することは出来ないのです。

そして、過去の出来事についてしっかりと振り返り、深堀りをしましょう。その上で、内容に対する自分自身の気づきを整理しましょう。そうすることで、自分自身に合った企業や職種を選択することが出来るのです。

自己分析は大変な作業ですが、しっかりと時間をかけることで、今後の就活をスムーズに進めることが出来るのです。

まとめ

さて、就活における自己分析についてみていきましたが、いかがでしたでしょうか。就活には、準備は何より重要なことです。自己分析をしっかりとし、自分を深堀りし、理解することが今後の就活に大きく役立つのです。

自己分析は、とても大変で面倒と感じる人も多いことでしょう。しかし、自分自身をしっかりと理解していなければ、選考において自分自身をアピールすることや自分自身を伝えることは難しいのです。自己分析を適当に行ってしまうと、選考での回答も浅いものとなってしまい、企業側に自分自身を上手く伝えることが出来ないのです。それでは、内定を勝ち取ることは出来ないでしょう。

自己分析では、いかに自分自身を客観的にみて、考えることが出来るのかが重要となります。自分自身と向き合うことはとても大変なことです。しかし、就活では必要不可欠なことなのです。しっかりと自己分析をし、自分自身を正しく理解することが、内定をつかみ取る大きな鍵となるのです。内定を勝ち取るためにも、自己分析をしっかりと行いましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。