Re就活の評判と利用するメリットは? エージェントの質の評判も紹介

就活エージェントには、非常に多くの種類があります。その中で、「20代全般」に対してサービスを行っている就活エージェントが「Re就活」です。Re就活はどのような評判で、利用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、Re就活について詳しくまとめていきます。

おすすめの就職サービス

Re就活の基本情報。エージェントサービスです

Re就活とは、いったいどのようなエージェントなのでしょうか。基本的には、就職をアシストしてくれる就職エージェントであることには変わりません。しかし、その他の転職エージェント比較すると、いくつか異なった点が存在します。
以下では、Re就活がどのようなエージェントなのか、その基本についてまとめていきましょう。

20代通年採用を掲げた転職エージェント

Re就活の最も大きな理念として挙げられるのは、「20代通年採用」です。この理念により、Re就活は日本型の就活スタイルでは大学卒業後の1年間しかなかった「新卒」を引き延ばしました。つまり、20歳~29歳までを「第二新卒」として拡張することで、年齢による就活のハンデを背負わないようにしたのです。
その証拠に、Re就活で紹介している求人のほとんどは、いわゆる「新卒」と20代を同条件としています。よって、すでに20代の後半に突入してしまった人でも、ハンデの背負わない状態で就活ができるのです。
この20代通年採用を掲げるエージェントは他にはあまりなく、特に20代後半の方は厳しい意見を浴びせられることも少なくありません。しかし、Re就活であれば、20代後半という年齢が一切のハンデにならないので、職歴のないまま20代後半になった方や、今から新しい職場にチャレンジしたいと考えている方におすすめです。

スカウトメールも来るサービス

Re就活は、通常のエージェントサービスの他に、いわゆる「逆スカウトメール」が来ます。これは、自分のやりたい仕事やスキル、年齢などの必要な情報を入力することで、自分に興味のある人材からスカウトメールが来るサービスです。
もちろん、スカウトメールが来たからといってその後の面接が免除されるというわけではありませんが、「自分は歓迎されている」という気持ちで面接に臨むことができ、余裕を持って選考に挑めます。
他の大手転職エージェントにはなかなか見られないサービスなので、自分がどんな企業に必要とされているのかという目線で自分を客観視したことがないという人は、ぜひ活用すべきサービスといえるでしょう。

紹介する求人は全国区

Re就活は、大都市を中心として全国区の求人を紹介しています。就職エージェントの中には、特定の地域、特定の業種のみをターゲットにしたエージェントも存在していますが、Re就活は地域の縛りや業種の縛りはありません。
共通点は、前述したように20代を対象とした求人を募っているということだけです。そのため、前述したスカウトメールの中には地元企業からの勧誘があったり、あるいは逆に、かなり遠い企業からの勧誘が来ることもよくあります。
もちろん、働く場所にこだわりたいという方に対しては、エージェントは地域の中小企業を対象とした就活も請け負ってくれます。ただし、地域特化エージェントや全国区の最大手エージェントほどの数はないので、働く地域という点では場所が指定しづらいという点は把握しておきましょう。

Re就活を利用するメリット【エージェントは良質】

繰り返しになりますが、Re就活以外にも、転職エージェントの数はいくらでも存在します。インターネットの発達した現代では、それこそ非常に多くの数のエージェントが起業し、求職者を待っています。
では、それほど多くのエージェントの中から、あえてRe就活を利用するメリットはどこにあるのでしょうか。以下では、Re就活を利用するメリットをまとめていきます。

全ての求人が未経験歓迎

Re就活は20代の方を歓迎しています。そして同時に、「未経験でも歓迎」の求人を掲載しているのは大きなメリットです。通常、20代後半の就職活動ともなると、ある程度のスキルを有しているのが前提条件として定められることも少なくありません。なぜなら、会社が20代後半に求めるのは「即戦力」であることだからです。
しかし、Re就活に関しては全ての求人が「未経験歓迎」としており、そのおかげで職歴のない状態が長い人でも、20代ならば問題なくチャレンジできます。例えば、大学卒業後に定職が見つからずにフリーターを続けていたような人でも、新卒の方と同じ条件で面接を受けられるのです。
同じ条件の人が別の就職エージェントから就活しようとすると、どうしても空白期間について新卒の方と比べられることが多く、空白期間があるというだけでハンデを背負ってしまいます。しかし、Re就活では20代までの空白期間はハンデになりません。この点は、20代後半の方にとって大きなメリットといえるでしょう。

大手企業の求人も掲載している

Re就活のようなコンセプトを絞った就活サイトの弱点として挙げられるのが、「大手企業の求人が少なくなりがち」だという点です。なぜなら、大手企業が転職エージェントに求めているのは優秀で辞めない人材だからです。大手企業は、わざわざ条件の付いた転職エージェントで人材を探さなくとも、普通の人材ならば黙っていても応募が殺到します。そのため、コンセプトのある就活サイトに大手は求人を出さない傾向にあるようです。
しかし、Re就活は違います。Re就活は独自のネットワークによって大手企業の求人も掲載しているため、ハイクラス求人を期待してエージェントを利用したのに、大手企業の求人が一切ないということがありません。
実際、Re就活のサイトを見れば、これまで就職に成功した大手企業が名を連ねているのがわかるでしょう。

経歴よりも「ポテンシャル」

既卒、あるいは第二新卒の就活においては、経歴を重視する傾向にあります。なぜなら、経歴は噓をつきませんし、立派な経歴を持っている人であれば即戦力になるからです。しかし、未経験歓迎の求人のみを紹介しているRe就活においては、これまでの経歴よりも、ポテンシャル(潜在能力)がどの程度眠っているのか、という点を重視しています。
つまり、これまでの経歴が人に誇れるようなものでなくとも、会社で活躍できると踏まれれば、大手企業に採用される可能性があるのです。また、Re就活は綿密な面談によって、その人のポテンシャルを引き出してくれます。

Re就活を利用するデメリット【エージェント特有の注意点も】

Re就活を利用することは大きなメリットがあります。しかし一方で、理解しておかなければならないデメリットがあるのも事実です。以下では、Re就活を利用する際、他のエージェントと比較したときのデメリットについてまとめます。

求人の数が少なめ

Re就活は、他の大手エージェントと比較すると、求人の数がそれほど多くありません。実際、最大手エージェントと比較するとその求人の数は10分の1程度で、その分、有効な選択肢は限られています。そうなると、当然のことながら自分に合った就職先を見つけられる確率も減ります。
もちろん極端に少ないというわけではありませんが、都市部以外の求人はかなり選択肢が狭くなるという点は把握しておきましょう。この点は、Re就活が、紹介する求人に制限を設けている以上はどうしても出てくるデメリットです。

面談拠点が少なめ

Re就活では対面での面接対策や、対面してのカウンセリングサービスも行っています。しかし、肝心の面談できる場所は多くありません。具体的には、東京、名古屋といった大都市のみが対象です。そのため、面談ができない可能性があるという点は気を付けましょう。
もちろん、遠くへ住んでいる方にweb面談という形で面談サービスを提供していますが、直接対面したほうがわかりやすいと感じる方も多いはずです。よって、面談を目的にしてエージェントを利用しようと考えている方にとって、面談拠点の少なさはデメリットになるでしょう。

求人メールの対象が広すぎると感じることも

前述したように、Re就活ではスカウトメールとして、企業側から求人メールが送られてきます。しかし、企業から送られてくるメールの中には設定した希望条件よりも少し「外れた」ものもあります。例えば、希望業種はあっているものの、自分の専門外の求人を紹介してきたり、希望年収はあっているものの、年休120日の条件が無視されていたりするようです。
そのため、定期的に来るスカウトメールにいら立ってしまう方もいます。この点は、他のエージェントにはないデメリットでしょう。

Re就活は求人数以外は良質! 他のエージェントと併用しよう

Re就活のメリット・デメリットを見ればわかるように、このエージェントは多くの人にチャンスを与えてくれるエージェントです。20代の方にとっては、まさに人生の転機となる可能性が高いエージェントといえるでしょう。
しかし、Re就活は求人数が少ないという大きな弱点があります。よって、Re就活を利用する場合はその弱点を補うようにしましょう。具体的には、他のエージェントと併用することで、求人数の少なさというデメリットを補えます。

まとめ

Re就活は、20代通年採用という理念を掲げている就活エージェントです。チャレンジ精神と潜在能力を重視して採用活動を続けており、未経験歓迎の求人ばかりを取り扱うのはその理念からです。
Re就活は20代の方にとっては非常に便利で有用な就職エージェントではあるものの、求人数の少なさからRe就活1本で就活をするのには少しリスクが伴います。よって、Re就活を利用する場合は他の就活エージェントにも登録し、自分が納得のいく就職先を見つけられるようにしましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。