リクルートエージェントは新卒でも支援してくれる? その際の注意点も紹介

リクルートエージェントは、数ある転職エージェントの中でも特に有名な企業です。そのため、新卒の人であっても、リクルートエージェントにサポートをお願いしたいという方もいるでしょう。しかし、リクルートエージェントは新卒採用の企業です。支援を依頼することは可能なのでしょうか。
ここでは、新卒でリクルートエージェントを利用するための方法についてまとめていきましょう。

おすすめの就職サービス

リクルートエージェントは新卒でも利用していいの?

結論からいいますと、リクルートエージェントは新卒向けのリクルートも行っています。その理由は、企業側がリクルートエージェントに新卒の採用を頼むことが多くなっているからです。この現象は、昨今の就職事情が関連しています。というのも、新卒募集で集まってくる人数が多くなく、その上、企業の水準を満たしている人材ともなると、さらに数が少なくなってしまったからです。
そこで企業はリクルートエージェントにも新卒採用を頼み、少し高いお金を支払ってでも、優秀な新卒を確保しようとしているわけです。リクルートエージェント側もこの事情を鑑みて、新卒のリクルート希望を受け付けています。

実際、会員登録なしに閲覧できる公開求人を見ても、リクルートエージェントは非常に多くの新卒向け求人を掲載しています。もちろん、リクルートエージェントは業界最大手の企業なので、公開求人以外にも非常に多くの新卒向け非公開求人が保持しているでしょう。

つまり、新卒であっても、リクルートエージェントを活用することには問題はありません。むしろ、リクルートエージェント側も、1人でも多くの人材を確保すべく、新卒の人材も含めてエージェントの利用を歓迎しています。

よって、利用前に新卒も利用していいのかどうか悩んでいたのなら、ぜひ利用しましょう。

 

リクルートエージェントを利用するメリット【新卒込み】

新卒をサポートしてくれるエージェントは、リクルートエージェントだけではありません。新卒を専門にサポートしてくれる企業はたくさんいますし、わざわざリクルートエージェントに依頼しなくとも、似たようなサービスはそれこそ星の数ほどあります。
では、そんな数あるサービスの中から、あえてリクルートエージェントを選ぶメリットはどこにあるのでしょうか。以下では、リクルートエージェントを選ぶメリットについてまとめていきましょう。

面接対策の充実

リクルートエージェントは、面接対策が非常に充実しています。なぜなら、リクルートエージェントは業界最大手なので、同じ企業を志望した人を過去にたくさん送り出しているからです。そのため、実際に面接で質問された内容を事前に教えてもらったり、質問の傾向を教えてもらったりすることができます。
もちろん、実際に質問をして答えるという一連の流れも電話口などで再現してくれます。質問の答えに問題があれば、実際に添削指導までしてくれるので、内定率をぐっと高められるでしょう。加えて、面接に行く前の段階である履歴書や志望動機にまでしっかりと切り込んで添削してくれます。
面接対策や履歴書の対策などは他のエージェントでも行ってくれますが、リクルートエージェントは特にその精度が高いのが特徴です。それは膨大なデータとこれまでの経験に裏打ちされたサービスなので、その精度の高さは他のサービスには真似できません。そう言う意味で、充実した面接対策を受けられるというのは、リクルートエージェントを利用する非常に大きなメリットといえるでしょう。

企業と交渉してくれる

リクルートエージェントが大きな評価を得ているのは、その「交渉力」にもあります。交渉力とは、企業に対して待遇や「なんとか採用してくれないか」と問い合わせてくれる力のことです。普通のリクルート企業は一度不採用通知をされてしまったらそこで身を引きますが、リクルートエージェントはそこで食い下がることがあります。
例えば部署を変えてみたり、別の方向からアプローチしてみたり、出来る限りの手段を取って採用してもらえるように企業と交渉してくれるのです。こうしたアプローチの手段は、多様な企業とパイプを持っているリクルートエージェントだからこそできることといえます。
そのため、例えば「どうしても入社したい企業がある」という人や、「企業と雇用条件で何らかの交渉したいものがある」という場合は、リクルートエージェントを頼ってみるといいでしょう。

データが豊富

リクルートエージェントは、その前身である「リクルートキャリア」の時代から含めると、50年以上、人材を斡旋する会社として数多くの人を斡旋してきました。そして、その斡旋のひとつひとつをデータとして保存しています。
つまり、リクルートエージェントはそれだけ膨大なデータを有しているのです。データに則った面接対策や履歴書対策は非常に効果的で高品質です。この点は、あえて新卒の方がリクルートエージェントを利用するメリットといえるでしょう。

新卒がリクルートエージェントを利用する際の注意点

リクルートエージェント活用することは大きなメリットがありますが、その裏返しとして意識しておきたいのが、いくつかの注意点です。以下では、新卒がリクルートエージェントを利用するときのメリットについて解説していきましょう。

ライバルが既卒や経験者になる

まず第一の注意点が、ライバルとなる人が既卒や経験者になるということです。リクルートエージェントはそもそも転職者向けのサイトなので、そこを利用するのは当然ながら既卒の、しかもすでに働いている人が利用します。いくらリクルートエージェントが新卒向けの求人を取り扱っているとはいえ、そのほとんどは既卒と新卒をわざわざ分けていません。
そのため、案件紹介の時にも既卒の方と競うことになりますし、選考フローに乗るときも、同様に既卒の方と同じ土台で吟味されることになります。この点は、基本的に正社員経験のない就活生同士で競うことになる新卒採用の場とは一線を画す場です。
とはいえ、新卒というアドバンテージは企業側からしても魅力的です。既卒の人が持つ「即戦力」「職場に直結したスキル」というアドバンテージに負けないようなアピールをしていけば、問題なく採用されるでしょう。それだけ、新卒の人は企業にとって魅力的だからです。

新卒向けの求人はそこまで多くない

第二の注意点が、新卒向けに限定した求人はそれほど多くないということです。リクルートエージェントが、そもそも既卒向け、転職者向けのエージェントであることから、この点は誰でも理解しやすい点だと思います。
新卒向けの求人の絶対数が他の新卒向けサイトと比べるとどうしても少なくなるため、当然ながら選択肢も狭くなります。しかも、絶対数の少ない中からスキルや学歴、応募条件などで絞っていくと、実際に残る求人の数はそう多くない、ということを理解しておきましょう。

新卒が利用するべきリクルートエージェント以外のサービス

リクルートエージェントは、就活生にとって非常に魅力的なサービスです。特に、膨大なデータに裏付けた内定サポートは、新卒で先行きの見えない方にとって、喉から手が出るほど欲しいサービスといえるでしょう。
しかし、リクルートエージェントは本来転職者向けにサービスを展開しています。そのため、リクルートエージェントだけで就活を進めてしまうと、思わず落とし穴に落ちてしまうこともあるでしょう。
そこでここでは、リクルートエージェント以外に使える、魅力的な新卒向けのエージェントサービスについてまとめます。

リクナビ就活エージェント

リクナビ就活エージェントは、リクルートエージェントと同様に業界最大手といってレベルの巨大サービスです。新卒向けのサービスとして全国に拠点を展開しており、そのおかげで選べる企業の数は業界最多レベルといっても過言ではありません。
リクナビ就活エージェントの魅力は、なんといっても新卒の就活生を一口に新卒と括ってしまうのではなく、文系、理系、体育系といった形で就活生を分類している点です。このおかげで、他の企業ではいまいち求人が見つかりづらいような求人も、リクナビ就活エージェントであれば効率的に探せます。
また、求人の数が問題になりがちな地方学生についても専門的なサポートを行っています。こうした点は、全国にネットワークを有しているリクナビ就活エージェントだからこそできるものだといえるでしょう。

DODA新卒エージェント

DODA新卒エージェントは、教育関連の大手である「ベネッセ」と、就職支援の大手である「パーソナルキャリア」が手を取り合って生まれたサービスです。大手同士の合併会社というだけあり、在籍しているエージェントの質が非常に高いのが魅力です。
キャリアカウンセラーの専用資格である「GCDF資格」を有しているアドバイザーが在籍しているため、自分の持っているスキルや望みに併せて、最適な求人を紹介してもらえます。さらに最短1週間での就職を可能にする「特別選考枠」も設けており、なるべく早く就職したいという人にもおすすめなエージェントです。

まとめ

リクルートエージェントは新卒でも問題なく利用できます。実際、リクルートエージェントには新卒向けの求人がたくさん紹介されています。しかし、リクルートエージェントで紹介されている新卒向けの求人の多くは既卒向けの求人と競合するものも多いため、ライバルが多くなるという点に注意しなければなりません。
その注意点を考えても、リクルートエージェントは魅力的なサービスです。それは、長年積み重ねたデータと信用から来るものです。とはいえ、リクルートエージェント一本ですと就職活動がうまくいく確率が低下してしまうので、自分に合った内定を勝ち取りたいのなら、他のエージェントの利用を考えて、自分にとって魅力的な職場を勝ち取りましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。